職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~

黒水晶

血に濡れた狂牛

 翌日――ダンジョンの中なので、日の出による確認は出来ないので、約七時間後、クレアシオンは扉の前で腕を組んでいた。

 彼の背後には九体のゴーレムが控え、アレクシスは彼の影に潜み、ソフィアは精神体に戻っている。全ての準備は整っていた。

 積み上げられた魔物は全てクレアシオンの糧になり、ほんの僅かだが、彼のステータスを上げていた。

「ソフィア、手足の一二本は致命傷じゃないからな。それぐらいで転移させるなよ」

 いい忘れていたことをソフィアに伝えた。場合によっては手足をくれてやってでも隙を作らないといけないかもしれない。なのに、彼女がそれを致命傷だと判断し、転移を使われてしまっては手足を捨てた意味が無くなってしまう。

『なぜ、そこまでして……』

 クレアシオンの話では世界を救うために転生させられたはずだ。こんなところで手足を、ましてや命を賭けてまで助けようとするのか、彼がどうしてそこまでするのかわからなかった。

 クレアシオンが九尾化すると二体のゴーレムが扉に手をかけた。

「俺がやりたいからだ!」

 そう言うと同時に、扉が勢いよく開かれ、ゴーレム達とクレアシオンが行きよいよく飛び出した。相手に体勢を整えさせる前に殺す。これが一番確実だった。

 部屋の中央には戦斧を担いだ血に濡れた様に赤黒いミノタウロスがいた。周りには、殺された冒険者の骨や装備が散らかっている。全てこのミノタウロスがやったものだろう。

 七体のゴーレムがミノタウロスを囲み、それぞれの武器を突き刺す、が、全て腕で弾かれてしまう。圧倒的な防御力。嫌でも、地力の差を見せ付けられてしまう。

 戦斧を振り上げ、ミノタウロスは嗤う。また、殺されに来たのか?と。

 しかし、戦斧がゴーレム達に当たる前に、ゴーレムが破裂する。内部から石の鎖と杭が飛び出したのだ。ゴーレムの土の体が弾け、粉塵が舞う。

 ゴーレム達がこのミノタウロスに対して無力なのはもう知っている。ゴーレム達は手練れだ。やり方がどう、とか作戦でどうにかなる様な相手に何もできずにやられる様な彼らではない。

 なら、殺られる前提で攻めるしか無いだろう。これは魔術で作られたゴーレムだから出来る戦術。いや、本来の使い方だ。魔術のゴーレムは、時間稼ぎや身代わり、戦闘に置いて相手の体力を減らす為に使うのが一般的だ。クレアシオンのやり方の方が珍しい。否、彼にしか出来ない。

 杭や鎖で身動きを奪い、土煙で視界を封じた一瞬の隙にクレアシオンがレイピアでミノタウロスを刺突する。九尾の足で加速し、インパクトの瞬間、鬼神化して、鬼神の力を乗せた一撃。普通の武器では耐えきれないので、【ゲファレナ・ゼーレ】で作った業物を使っている。

 彼の一撃の衝撃により、土煙が晴れた。

『なっ!?』

 今ので決まったと思っていたソフィアは驚きの声を上げた。

「……イーヴィル・ブラッドミノタウロス。ほぼ、Sランクじゃねぇか」

 土煙が晴れたそこには、クレアシオンの一撃を戦斧で防いだミノタウロスが立っている。土煙の中、身動きを封じられながらも、防いだのだ。

 皮膚が赤黒い事からクレアシオンはAランク下位のブラッドミノタウロスだと思ったが、近くで見て分かった。そんなに優しい敵じゃない、と。

 ミノタウロスの口元が嘲笑うかのように歪む。

「ブモオオオオォォォオオオー!!」
「グッ!?」

 戦斧を振るい、クレアシオンを弾き飛ばした。

「ブモッ!?」

 戦斧を持つミノタウロスの腕に螺旋状に二筋の血が流れる。クレアシオンの手には双剣が握られていた。弾き飛ばされる瞬間、相手の力を利用して斬りつけたのだ。

 だが、気づかないうちに斬られたことに驚きはしたがあまりダメージはないようだ。皮膚が硬く、薄く傷がつく程度に終る。

 クレアシオンは空中で九尾化し、着地して体勢を整えようとするが、そんな隙を逃す筈もなく、ミノタウロスが突進を仕掛ける。

 大きな巨体が猛スピードで近づいてくる。一歩一歩が地面を砕き、その巨体で押し潰そうとする。

『ご主人様!!』

 ソフィアは声を張り上げ叫び、クレアシオンが顔を上げた。だが、その顔には状況に不釣り合いな不敵な笑みを浮かべていた。

「さすがに硬いな……」

 彼が呟くと同時に、ミノタウロスの足元が砂に変わる。ミノタウロスが足を捕られ地面に手を着くと地面が爆発した。

 爆発に触発された様に様々な魔術がミノタウロスを襲う。ミノタウロスに突撃する時に、足に魔力を通してトラップを仕掛けていたのだ。

 今の彼は体格的に近接戦より、【魔王】魔素の王と言うだけあり、遠距離攻撃の方が得意であった。

 ミノタウロスがトラップに捕らわれている内に、より距離を取る。仕掛けたトラップは全て時間稼ぎ用だ。派手な割りに威力は弱く、ダメージは期待できない。

 魔素が集まり、空中に足場を作る。空中をミノタウロスを回るように駆ける。無詠唱で牽制用の魔術を撃ち込み、時おり大ダメージを負うような魔術を撃ち込む。

 これの恐ろしい所が見た目でわからないように偽装している所だ。強大な魔術に見せた牽制。牽制に見せた致命的な一撃。

 さらに、呪文を口ずさむ。使うのは火属性と聖属性魔術。

「――――――我、この地に聖なる原始の火焔を灯さん【聖焔】」

 部屋の気温が一気に上がり、辺りを火焔が包み込む。さらに、充満していた邪気が消し飛んだ。淀んだ空気が軽くなった。

 さらに、円を描く様に駆けていたクレアシオンが円の中央に立った。彼が通った軌跡は魔素の足場によって残されている。

「――【コキュートス】!!」

 彼がタンっと魔素で作られた足場を踏み鳴らすと、高い金属音と共に黒い円は青い魔法陣に変わり、絶対零度の世界へと誘う。

 魔法陣による大規模魔術の行使。違う魔術の詠唱をしながら、足場で魔法陣を作り上げる。出鱈目だ。

 魔神の弟子であり、魔素の王、魔法の王、魔術の王であるクレアシオンだから出来ることだ。

 魔法の同時行使をすることの出来る者はいる。だが、魔法の上位スキルである魔術はそもそも、使える者は少なく、恐ろしく複雑なので複数同時に扱う、なんて真似は出来ない。脳の処理が追いつかない。

 出来たとしても、普通なら魔力切れで、保有魔力を越えた分、エネルギーまでも失い、存在が消滅してしまうだろう。

 だが、【魔素支配】により、スキルレベル内の魔術は保有魔力が消費されず、スキルレベルより上の魔術も詠唱により、保有魔力の消費量を減らし、蓄えたエネルギーを惜し気もなく使うことで、誤魔化している。

「前なら、残りの魔力なんて考えなかったんだがな……」

 長引かせる積りはない。出来るだけ早く倒さないとエネルギーが切れてしまう。余裕はない。

 だが、冷気による霧が晴らされた。

「ブモオオォォォオオオー!!」

 身体強化を使ったミノタウロスが身体能力だけで、クレアシオンに迫っていた。火傷や凍傷を負ってはいるが、動きに衰えはない。

「ぐっ!」

 咄嗟に避けようとするが、尻尾を二本捕まれてしまった。尻尾には勿論神経が通ってる。ミノタウロスの怪力に捕まれたことにより、激痛が走る。

 ミノタウロスはさらに力を入れ、彼を振り上げた。

「チッ!」

 やろうとしている事が嫌でも分かってしまう。落下の勢いを利用して彼を地面に叩きつけようとしているのだろう。

 ミノタウロスの力で叩きつけられてしまうと、転移による撤退以前に即死してしまう。

「――ッ!」

 彼は刀を取りだし、自分の尻尾を切り裂くことで、地面に叩きつけられる事を回避し、受け身で着地をする。

 彼の背後からは地面を砕く音が聞こえる。

 すぐに体勢を整え無ければいけないのは理解しているが、尻尾の痛みと連続的にスキルレベル以上の魔術を使ったため、まともに動けくことが出来ない。

 彼の尻尾は手足のように動けるように神経が張り巡らされている。つまり、腕を失ったのと変わらない痛みと喪失感が彼を襲う。

「ギャァァァア!!」
「待てっ!!」

 主の危機に、アレクシスが彼の影から命令を無視して飛び出した。ミノタウロスより大きな龍に擬態し、向かっていった。

「援護しろ!!」

 残されていた二体のゴーレムにアレクシスの援護を任せる。だが、

「ギャッ!?」
「アレク!!」

 ミノタウロスの戦斧による一撃でアレクシスは光りと共に消えた。核を壊されてしまったのだ。ゴーレム達も直ぐに壊されてしまう。

 クレアシオンが叫ぶが、次の瞬間、ミノタウロスがクレアシオンの目の前に現れ、彼の首筋に吸い込まれる様に、戦斧が迫っていた。

 ドス黒いオーラがミノタウロスを包んだいる。邪属性の強化系の魔術だろう。光りと闇は対であり、光属性は聖属性と似た性質を持つ。ならば、邪属性が有っても何ら不思議では無い。

 邪属性はクレアシオンが唯一使えない属性であり、彼が完全に堕ちていない証でもあった。

 迫り来る戦斧を、鬼神化し、咄嗟に大剣を取りだし、防御力を魔術で強化し、左手を刀身に添えて防御するが、力の差があり過ぎた。一瞬の抵抗を見せずに吹き飛ばされ、壁に激突してしまう。

 崩れた壁からクレアシオンが瓦礫と共に倒れる。

「ゲホッ、ガハッ……」

 内臓にも深刻なダメージが入ったのだろう。クレアシオンは血を吐きながら立ち上がろうとし、再び倒れる。

 左腕に力が入らない。左腕を見ると曲がってはいけない方向に曲がり、内出血でドス黒く変色していた。

 そんな彼を嘲笑うかの様に、血に餓えた狂牛イーヴィル・ブラッドミノタウロスはゆっくりと、だが、確実に迫っていた。


ありがとうございました。

評価・感想・ブックマーク登録よろしくお願いいたします。

「職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く