職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~

黒水晶

×天使が征く⭕まおうさまが征く~偽りの仮面から覗く素顔~

※クレアシオンは四歳児です。


  オークに混じって、オークソード、オークメイジなどの上位種がたまに混ざってきていた。オークたちを魔術や剣で殺し、近くにオークが居ないのを確認すると九尾化をとき、クレアシオンは洞窟の壁に背中を預けた。

「はぁ、はぁ……。遅れてたと思うと恐ろしいな……」

 洞窟内はオークで溢れており、途切れることなくオークが襲い来るので、彼の体力は消耗していた。

 洞窟内のオークの数から考えて、集団進化が起こりかけていたことに気がつき、遅れていたら周辺の村は滅びることになっただろう、彼は考えた。

 集団進化とは魔物の群れが大きくなり、上位種族が生まれるとそれに会わせて群れ全体が底上げされる現象を言う。その証拠にオークソードとメイジが混ざっていた。

 集団進化が起これば、スタンピードが起こるのは時間の問題だ。そうなれば、力を持たない周辺の村がどうなるか、火を見るより明らかだろう。

『……そうですね』

――恐ろしいのはご主人様のほうですよ……。

 ソフィアは、この狭い洞窟の中、集団に囲まれても立ち回れるクレアシオンに戦慄していた。オークを何十匹と殺しているのに、疲労はしていても、怪我という怪我をしていないのだ。

 逆を言えば、まだ幼いクレアシオンがオークの攻撃をまともに受ければ、即死はしなくとも動けなくなり、殺されてしまうので素早く動ける【九尾】になり、回避を優先しながら、殺しているのだが。

 息を整えたクレアシオンはじばらく進んで異変に気づいた。洞窟内は幾つもの部屋に別れていたのだが、ある部屋から、異臭が漂ってきて、何かの鳴き声と何かを食べる音が響いてきた。何より、

『ご主人様』
「わかってる。……邪気か」

 濃密な負のエネルギーが漂っていた。その部屋の入り口に立ち、

『うっ……!?』
「……」

 ソフィアはあまりの光景に言葉を詰まらせた。クレアシオンは予想をしていたのか、眉をひそめただけだった。

 部屋の中には無惨に捨てられた女性の遺体が放置されていたのだ。奥には男の死体が放置され、その中にモゾモゾと動くオークの幼体がいた。恐らく、この場で女性は犯され死ぬまで産ませられ続け、死んだら男の死体と一緒に幼体のエサにされていたのだ。この空間には無惨に殺された者たちの怨念が漂っていた。

『ご主人様?』

 クレアシオンは表情を戻し、部屋に入って行った。すると、

「ぅ……ウォ…アァ……ア……」

 彼の足音に反応したのか、部屋の真ん中の女性が起き上がった。だが、明らかに生きていられるような状態ではない。

『ア、アンデット……』

 よく見ると、周りにある死体も動き出していた。苦しめられて、凌辱の果てに殺された者、無惨に殺され、エサにされた者。そんな彼らの怨念が彼らをアンデットに変えたのだ。

 クレアシオンの周りに魔素が集まり始めた。この部屋に漂っていた黒い邪気とは違う澄んだ黒い風が彼の周りをまわり――

『……えっ!?』

 彼女が驚いて当然だろう。彼は黙って、近くにいた起き上がろうとしていた女性のアンデットの首を抱き寄せたのだから。そして――

「絶望し全てを怨み、嘆き苦しむ魂よ、死してなお、汝らをこの地につなぎ止めし、邪神の鎖から解き放とう」

 どこまでも優しい慈愛に満ちた声で紡いでいく。彼の周りをまわっていた魔素は聖属性の優しい光に変わり、邪気を祓っていく。

「我、女神アリアの天使、クレアシオン=ゼーレ=シュヴァーレンの名の元に……せめて、汝らの来世には安息があらんことを……」

 苦しんで死んでいった彼らに向けて祈りを捧げる。

「助けが遅くなってすまない。――――レクイエム……」

 彼の聖属性魔術によって、洞窟の天井に光の門が開き、魂が神界へと送られていく。彼の名前で送ったのだ。きっと、彼の知り合いの神が何処か平和な世界へと生まれ変わらせてくれるだろう。

――【称号:慈悲深き者を獲得しました。】――

 魂の無くなった体から力が抜ける。周りからはドサッと倒れる音が聞こえてきた。彼は抱き寄せていた死体を寝かせ、周りにある死体と共に火属性魔法で焼いていった。

『……ご主人様』

 そのひどく悲しそうな顔のクレアシオンにソフィアがかける言葉が見つけらないでいると、

「ブヒィィイイィイイ!!!」

 大きな咆哮が後ろから聞こえてきた。だが、クレアシオンはじっと、魂が消えていった天井を見ていた。

 振り向かない彼を見ながら、ふごふごと鼻を鳴らしながらヨダレを垂れ流す一際大きなオーク――――オークリーダー。このオークがこの洞窟内のオークをまとめ、周辺の村を襲っていたオークだ。

 オークリーダーは目の前の子供を見て歪んだ笑みを頬に浮かべ、ゆっくりと恐怖を煽るように近づいてくる。後ろにはオークソードや、メイジを率いて……。

 魔物にとって子供の肉は柔らかく筋が少ないので好まれていた。オークリーダーは久しぶりに子供の肉が食べられると、【邪神】に感謝をしながら、ゆっくりと邪神の供物に負のエネルギーを集めるために近づいてくる。

『ご主人様!!敵……が……ひっ!?』

 動かないクレアシオンを心配して声をかけたソフィアが驚きの声を上げた。

「さあ、……欲望の対価を貰おうか?」

 振り向いたクレアシオンの目は紅に染まり、顔に笑顔を浮かべていた。だが、先程までの天使のような慈愛はなく、全てを凍りつかせるような殺気を放っている。

 強烈な風が洞窟内に吹き荒れ、魔素を彼に運んでくる。変換され飽和した魔力は紅い雷となり、辺りの岩を破壊していた。

 異変を感じたオークソードは恐怖に弾き飛ばされたように剣を構えて走りだし、オークメイジは詠唱を始めた。

「【神器創造】」

 クレアシオンが唱えると、彼の右手に魔素が集まり、魔法陣を形成する。

 オークソードの剣が彼の頭上に来る。

 スパッと間抜けな音が聞こえ、

「ブヒィィイイイ!?」

 オークソードの腕が宙を舞った。だが、切れ口からは血は溢れてこないかわりに、煙が出ていた。

「うるさい」
「――――!?」

 彼が手にもつものをオークソードの喉に突きつけると、喉は焼ききれ声が出せなくなった。

 彼が持つもの、それは陽炎のように揺らめく刀身をもつ剣――――フランベルジュの形をした神器だ。

「鬼神化」

 彼がそう言うと、髪の色が銀色に染まったが、目は紅に染まったままだった。

 そして、魔法が完成仕掛けていたオークメイジの元に駆け寄り、同じように喉を焼ききる。フランベルジュの形をした神器は熱を宿しているようで、切り口は焼けて出血が押さえられているようだ。

「ブヒ、ブ!?」

 オークリーダーは混乱する。順調に行けば自分は王に――――オークキングになっていたはずだと。なのに、これはなんだ?と。だが、

「……祈れ、お前たちの【邪神】にな……!!そうすれば……慈悲深い俺がまた、会わせてやるよ……俺の腹の中で」

 目の前の恐怖は幾ら喚こうともかわらなかった。高笑いをしながら、徐々に近づいてくる。

 オークリーダーは逃げ出そうと立ち上がり、走り出そうとするが……ドサッと倒れてしまった。足の感覚がない……。恐る恐る自分の足を見ると膝から下がなくなっていた。

 じゃり……、じゃり……、じゃり……。後ろを振り返ると額に二本の黒い角を生やし、銀髪の間から紅い瞳をのぞさせるクレアシオンが地面を踏みしめながら近づいてきた。オークリーダーは震えながら邪神に助けをこうがなにも起こらない。

「……逃がすわけ、ないだろ?」

 クレアシオンがフランベルジュ型の神器をオークリーダーの腹に突き立てた。だが、血が一滴も漏れず傷口が治っていくようにも見える。

「――楽に死ねると思うなよ?」

 残りのオークたちは目の前の死に恐怖し、祈っても助けてくれない【邪神】に絶望し、【邪神】を怨み、最後には何をしても反応しなくなり、クレアシオンの暴食のアギトがオークの死体も感情も全てクレアシオンのエネルギーに変えた。

――【称号:慈悲無き者を獲得しました。】――

◆◇◆◇◆

 瓦礫の上・・・・にクレアシオンは佇みながら、創造で創った笛を吹いていた。

――そんなに、思い詰めるのはよくないぞ

 邪神の妨害で、アリアの元へ帰れず焦っていたクレアシオンに休憩中、イザベラが言った言葉だ。気分転換に楽器はいいぞ、と笛を教えてくれた。クレアシオンも今ではそれなりに上達しただろう。

 美しい笛の音が奏でられる。よく見ると聖属性魔術を使っているのか周りがキラキラと輝いていた。彼がが吹いている曲は『手向け』……。その曲は亡き者の冥福を祈る優しい曲調だった。

 曲が終わり、クレアシオンは笛から口を離し、

「あいつら……。元気かな……」

 離れているアリアとイザベラに会いたくなっていた。この世界に転生してからは、邪神の障壁が有るからか嫌な記憶ばかりを思い出さされていた。それに、彼がアリアと長期間離れてたのは、あの事件の時、僅か二、三年だけだった。もうすぐ、クレアシオンが転生してから、三年半になるのだ。彼はホームシックになりかけていた。

 彼は未練を振り払うように頭を振り、再び曲を奏ではじめた。彼の優しい笛の音に引き寄せられたのか、精霊が集まり始めている。

 キラキラと輝く空間にカラフルな光の玉がふわふわと漂い、幻想的な光景をつくりだす。
 


ありがとうございました。

あなたが堕としたのは、天使なクレアシオンですか?

あなたは正直ですね。そんなあなたには堕天使なクレアシオンと魔王なクレアシオンをあげましょう。今ではおまけで暴走するクレアシオンが……。






「職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く