職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~

黒水晶

よいこは眠る時間だ。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 【臨戦態勢】 一度だけ使える創造神より与えられた特別なスキル。本来の姿で力の千分の一を引き出すことが出来る。

 【眷属召喚】 眷属を召喚する。眷属が殺されても三日後、復活する。

       【召喚可能眷属】《アレクシス》《ソフィア》 
 
 【武神直伝武術】 ありとあらゆる武神の武術を統合したもの。無手格闘から飛び道具、多くの武神から指導されて各武神のユニークスキルの奥義まで会得した者が取得する事ができるスキル。クレアシオン=ゼーレ=シュヴァーレンしか取得した物がいないので神々はユニークスキルでいいのでは?と考えていたいるが、このスキルの上位交換があるのでは?と顔を青くさせている。

 【魔術】 魔法の上位交換。魔法を極めた先にあるスキル。

 【魔力支配】 【魔力操作】の上位交換スキル。体内の保有魔力を思いのままに操れる。魔法、魔術に補正があり、命中精度が上がり、消費魔力が減る。
 
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「【臨戦態勢】は一度だけですか……。創造神って神様もケチなのですね」

 ソフィアは創造神が一度しか使えないスキルを一つしか与えなかったのが意地悪に写ったのだろう、そう文句を言うが、

「いや、充分すぎる。あのギリギリの状態でこんな強力な切り札をくれるなんて、さすが創造神様だ」

 クレアシオンはそう感謝をした。破格と言っても良いだろう。彼が十分に成長する前に邪神や魔王などに襲われた場合、一度だけ、本来の力の千分の一でも戻ってくるのだから。そうすれば、本来殺されていた相手を殺して、自分のレベルを上げることが出来るのだ。

「ですが、千分の一ですよ?」

 千分の一、ソフィアには一度しか使えない割りに効果が弱すぎると考えた。一度しか使えないのなら、本来の力を引き出してくれてもいいのに、と。だが、

「千分の一有れば、下位邪神程度なら、一方的に殺せるし、中位邪神なら確実に逃げ切れると思う」
「……」

 クレアシオンの元々の力が強すぎて、スキルでは千分の一を引き出すのがやっとだった。創造神がこのスキルを与えた理由、それは、結界で邪神達を封印しても、結界の外には魔王たちがおり、魔王たちによって負のエネルギーが集められ、結界の外で邪神が現れた場合を想定してだった。クレアシオンに結界の外の悪魔は掃討されたが……。だが、悪魔はいずれ増えてくるのでこのスキルはありがたかった。

 ソフィアは千分の一で下位ではあるが、邪神を一方的に殺せると聞き、出てきた感想は『化け物』だ……。

 彼女はその考えを表情には出さず、自分のスキルで集めることの出来ない情報をクレアシオンから引き出していく。

「【武神直伝武術】とはなんですか?あらゆる武神の武術、とありますが……」
「ああ、俺の師匠達が俺に叩き込んだ武術だ、それを実践で使っている内に混ざった結果だな、レベル10までいってあと少しでユニークスキルになるんじゃないかって話してたのにな……」

 クレアシオンは残念そうに言った。もし、ユニークスキルになっていたのなら、無くならずにすんだのに、と。 

 【武神直伝武術】は【武神〇〇流□□術(模倣)】というエクストラスキルを複数極めて、実践で全く新しい型になるまでに昇華されたものだ。全く新しい型なので無駄があったが、それでも多くの武神の業を取得した、ただ一人のスキルなので、それを教えられる者は居なかった。実践で無駄を無くし、洗練させることしか出来なかったが、レベル10になり、完全に無駄がなくなったので、彼の師匠達は【武神クレアシオン流武術】的なユニークスキルが生まれるのでは?と楽しみにしていたものだ。

 完全に強さではクレアシオンの方が上になってしまってはいたが、ここまで鍛えてくれた恩から、クレアシオンは師匠達に頭が上がらず、また、【武神〇〇流□□術ユニークスキル】と【武神〇〇流□□術《エクストラスキル》模倣】の差は大きく参考になり、師匠である最上級武神達にはクレアシオンの動きに新しい刺激を受け、レベルのないユニークスキルである自分の武術を磨くのに役立たせていた。

「魔術には【魔神直伝魔術】とかはないのですか?」
「ないな、魔術はどれも基本が同じで魔力の使い方も、使う魔法陣の文字も同じだから、違いが出るとしたら得意な魔術しかない」
「そうなのですか」

 それでも、スキルに現れないだけで、様々な魔法、魔術がある。魔術はほぼイメージなので魔神の数だけ強力な魔術があり、クレアシオンはその知恵を叩き込まれていた。彼がある程度魔術を覚えてからは魔神の開く、魔術研究会に参加し、共同で様々な魔術を生み出したりしていた。師匠との付き合いかたは武神と魔神では少し違っていたが、それは【武術】と【魔術】の性質の違いというだけだ。

 師弟仲は良好だ。よく鬼狐の飲み会に招待したり、アリアと交友のある女神たちのお茶会にはクレアシオンがお菓子をつくらされていた。

「そういえば、お前とアレクシスのステータスはどうなってるんだ?」
「鑑定しますね」

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 アレクシス

 種族 シャドースライム変異種  
 
 LV 25
  
 ユニークスキル  なし
 
 エクストラスキル 擬態LV 5 

 スキル 闇魔法 魔力操作LV 6  影渡りLV 10

 称号 女神の剣の眷属

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 ソフィア

 種族 精霊変異種

 LV  1

 ユニークスキル 叡知 マップ アイテムボックス 実体化

 エクストラスキル 敵感知LV 1 鑑定LV 10 隠蔽LV 10  

 スキル 全属性魔法LV 1

 称号 女神の剣の眷属

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「うん、ソフィアは完全にサポート系だな」
「そう望まれたのはご主人様では?」
「そうだったな」

 ソフィアのスキルは実体化と全属性魔法以外はクレアシオンが望んだものだ。いくら彼女が途中から自分で創造したといっても、完成間近だったので付け足すことしか出来なかったのだ。

「……。それにしても強いな」
「……ご主人様がいいますか?」

 クレアシオンと比べたらそうでもないが、アレクシスもソフィアも方向性は違うがそこら辺の魔物より強かった。【鬼狐】には劣るが……。

「……もう眠いし、俺の残りのスキルとお前達のスキルの情報を頼む。ソフィアの【叡知】と【マップ】以外は珍しいスキルじゃないけど、一応情報だけ整理したいからな……」
「……わかりました」
 
 鑑定を初めてから大分時間が経っていた。眠たそうに目をこすり、あくびをする彼をみて子供らしい所もあるんだな、と思いながらソフィアは鑑定を続けた。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
                             
 【軽業】 舞うように軽やかに動ける。バランス感覚が研ぎ澄まされる。

 【農作業】 農作業に補正あり、レベルが上がると豊作になりやすくなる。

 【魔法】 呪文や文字を媒介して、魔力により世界に干渉する。干渉する規模により消費魔力量が増加する。

 【魔力操作】 体内の保有魔力を操れる。魔法、魔術に補正があり、レベルが上がるほど命中精度が上がり、消費魔力が減る。

 【魔力回復】 保有魔力の時間と共に回復する量が増える。

 【擬態】 見たことのある、もしくは詳しく知っている生物に形をかえることができる。形をかえた生物のスキルやステータスを劣化した状態で再現できる。

 【影渡り】 影に潜む事ができる。影の中にいるときは物理的な攻撃を完全に防ぎ、魔法、魔術はほとんど受けない。


 【叡知】 知りたい情報を【世界】から得ることが出来る。

 【マップ】 自分のいる地点より半径五十キロの地理情報を取得できる。

 【アイテムボックス】 魔力により作り出した空間に物を格納できる。容量は使用者の保有魔力量に比例する。開ける時、僅かに魔力を消費するが魔力はほとんど使わない。

 【実体化】 実体を持たない者が実体を得ることが出来るスキル。魔力消費はない。

 【敵感知】 害意がある者を特定できる。【マップ】と合わせて使うことが可能。

 【鑑定】 レベルに合わせて得られる情報がかわる。

 【隠蔽】 自分のステータスを隠すことができるが、【隠蔽】のレベルが【鑑定】より低い場合は看破される。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 ソフィアは当たり前のようにポツンと居座る【農作業】に、なんでこんなスキルが高レベルになってんだよ、と疑問に思いながら、鑑定を続け、自分の取得したこの世界の情報と鑑定結果を整理していく。

 クレアシオンの【農作業】が高レベルなのはアニスや村の人達の手伝いをしていただけでなく、【シュヴァレア】にあるクレア製菓工場にある畑で畑仕事に精を出していたからだったりする。全ては旨いものをみんなで食べるため!!

「ありがとな、じゃあ、帰って寝るか……。ソフィアは実体化を解いてくれよ」
「かしこまりました」

 彼女は恭しく礼をし、その姿が徐々に薄くなっていく。完全に消える前にクレアシオンがそういえば、と声をかけた。

「これからも、よろしくな」
「――はい」

 その返事が少し遅れたように思えたのは気のせいだろうか?クレアシオンは暗い夜道をアレクシスに頼んで家まで運んでもらった。アレクシスは体の形を完全に信用しきって背かなで寝息をたてている主が寝やすいように変え、素早く気配を消しながら魔物や獣に見つからないように家に帰った。


ありがとうございました。

クレアシオンがおねむのため、鑑定は終了しました。
別に、飽きた訳じゃないんだからね!!膨らむ話しが無かった訳じゃないんだからね!!
おい!?誰だ?ぐはっ!?ご…ごめんなさい……。
ドスッ
…………
……


すみません。あと少ししたら話し進むと思います。

書きだめしようとして書いて、書き終わったら即投稿!!……溜まらない!?

拙いところや、突然追加されている所があると思いますが温かく見守ってください。追加されているのは即投稿していて、書きたいことを書き忘れたりしているからです。忘れるぐらいなので余り内容的には変わってないと思います。

突然!!Q&A
Qなぜ、クレアシオンにスキルを与えなかったの?
A邪神の障壁によって魔法陣に込められる容量がすくなかったのじゃよ。
Q出来たらあげたの?
A……どんなスキルを与えても、最終的にとんでもないスキルになりそうでの……。与えるのが怖いのじゃ……。
Q&A……。

「職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く