話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~

黒水晶

数千年の謎~ヴェーグに秘められし謎~

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

 【トレライトメタル】 あらゆるエネルギーを吸収する金属。クレアシオン=ゼーレ=シュヴァーレンのみ創造可能。

 【イネブランライトメタル】 とにかく固い金属。さらに、魔力を込めれば込めるだけ固くなる。クレアシオン=ゼーレ=シュヴァーレンのみ創造可能。

 【ヴェンジャライトメタル】 あらゆるエネルギーを吸収し、倍のエネルギーに増加させ放出する金属。クレアシオン=ゼーレ=シュヴァーレンのみ創造可能。

 【グラビティメタル】 魔力を込めれば込めるだけ重くなったり軽くなったりする金属。クレアシオン=ゼーレ=シュヴァーレンのみ創造可能。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※

「……すごい物質ですね」

 ソフィアは何とかその言葉を絞り出した。存在そのものが物理法則に喧嘩を売るような金属。どのような原理でそうなっているのか?あるのだからある、としか言えない。いや、無理矢理説明しようとすれば、【イネブランライトメタル】【グラビティメタル】は魔力を質量に換えたり、魔力を纏って強度を上げたり、と既存の魔法で再現は可能だ。

 ソフィアはクレアシオンを見ると彼はぷるぷると震えていた。そして、

「これかー!?」

 クレアシオンは突然声をあげた。その顔は長年の謎が解明され、その真実に驚愕していたがその顔は晴れやかだった。歯の隙間に挟まったものが取れたような感覚だ。

「どうしたのですか?」

 クレアシオンのあまりの反応にソフィアは何事か?と原因をたずねた。

「ヴェーグの素材はグラビティメタルだ!!」

 永年の本当に彼がヴェーグを手にしてから、ヴェーグを振るい続けながらずっと疑問に思っていた答えが――

 グラビティメタル。そう、この金属だ、と彼は考えた。これしかない、と。見た目以上に重く、頑丈な剣。他の神の神器には特殊な力が有るにも関わらず、ヴェーグはただ頑丈な重い剣だった。いや、特殊な力が『重さ』、だったのかもしれない。それほどまでに、重いだけの剣だった。

「ヴェーグは重いとおっしゃってましたけど、そこまで重いのですか?」
「重い」

 クレアシオンはソフィアの質問に「重い」と、ただそれだけを答えた。重い、重いと言われればそれは気になるだろう。ソフィアは好奇心から、言ってしまった。

「持たせてください」

 そう、言ってしまったのだ。

「重いぞ」
「それでは、地面に置いてください。それを持ち上げられるか、やってみたいです」
「それなら――」

 クレアシオンが地面に向けて手をかざした。ソフィアは彼女の主の武器がどんなものか、【神器】とはどんなものか、興味があった。ドキドキしながら、クレアシオンの手を注目する。

 彼の手から紅い魔法陣が出現する。
 
「――魔法で少し浮いて、何が起きても対処出来るように注意しろ!」 
「どうい――」

 どういうことですか?と言おうとした時に、魔法陣から地面に対して水平に美しい白銀の抜き身の大剣が現れた。ソフィアは一応言われた通りに魔力の足場を作る。

 白銀の大剣――――ヴェーグが地面につく、彼女はその美しい刃に土がつくのでは、と手を伸ばそうとして、クレアシオンに止められた。次の瞬間、ヴェーグが地面についた。

 ヴェーグが地面に触れた瞬間、水滴が水面に落ち、水面に波紋が広がるように、地面が捲れ上がっり、破壊の波が広がる。深夜、遠くから見ると森の木々が波打って見えただろう。

 ソフィアは言葉を失い。そして、クレアシオンに止められなかったら、自分の腕がどうなっていたか想像して顔を青くさせる。

 森の木々の間から、眠っていたであろう鳥達がいっせいに飛び立ち、獣達が逃げ惑う。森の周辺が騒がしくなりだした。

 ヴェーグはいまだ、地面を掘り進めている。土が泥水のように錯覚するような質量だ。クレアシオンはヴェーグを送還しながら感想をきいた。

「な?重いだろ?」
「……(コクリ)」

 クレアシオンの言葉にソフィアはただただ、頷くことしか出来ないでいた。

 ヴェーグを持てる神は最上級武神ぐらいしかいない。だが、まともに振るえるのはクレアシオンだけだ。

 彼も最初から振るえた訳ではない。ひたすら体を鍛えて、レベルを上げてやっと持てるようになったのだ。振るえるようになるまでは、もっと時間がかかった。体の一部のように扱えるまで、どれ程血を流したか、レベルを上げるだけでは持ち上げられず、しっかりと体を鍛え続けていた。

 クレアシオンがヴェーグをまともに扱えるようになったのは、鬼神化した状態でレベル300を越えてようやくだ。レベル300を越えてようやく鬼神化した状態でヴェーグを使って大剣術が出来るようになったのだ。鬼神化しない状態で使えるようになったのがレベル400後半から500ぐらいだ。それほどまでに重い。

 クレアシオンが未来を切り開けるように、障壁を斬り倒せるように、と願いを込めて作った神器、その質量でなんでも押し切ることが出来る大剣。

 彼がヴェーグを使うときは足場を魔力で固めて沈まないようにしていた。

 地面に突き立てられた選ばれし者にしか抜けない剣はヴェーグでは再現出来ないだろう。挑戦者が来る頃には内核にあるだろうから。

◆◇◆◇◆

 実は島を沈めて、世界中の活火山を噴火させた事件はヴェーグのせいだった。

 クレアシオンが邪神を倒しに行ったとき、その邪神は相当力を蓄えていたのだろう。島に自分を崇めさせる神殿を作っていた。見張りの数も多く、島周辺には常に警備の悪魔が飛んでいた。

 彼は、突然邪神が死ねば混乱して楽に倒せるだろう、と考えた彼はあろうことか、悪魔の探敵範囲の外からヴェーグを邪神に向けて投擲したのだ。本来の重さに加えてクレアシオンにより与えられた運動エネルギーを持ってヴェーグは邪神神殿の邪神に突っ込んでていった。

 あとはクレアシオンが言った通りの結果だ。島は沈み、火山は噴火し、海は荒れ、津波が起きた。彼は慌てて関係ない者が被害に遭わないよう、襲いくる悪魔や魔王の攻撃を避けながら人を守らなくてはならなくなった。めんどくさがった結果、余計に難易度が上がったのだ。

 精密な魔術を駆使している中、悪魔達が攻撃してくるのを「鬱陶しい!!今手が離せないでしょうが!!」と払い除けていた。

 このあと、アリアとイザベラに怒られたのは言うまでもないだろう。

「島ごと破壊するなんて何考えているのですか!?」
「いや、ほ、ほら、島が出来てきてるし、最初の島より、大きくなってるって、ほら、島ごと沈めてもお釣りがくつるだろ?」

 クレアシオンの言う通り、島のあったところには島が出来かけていた。海底火山が噴火してその大きさは沈んだ島より大きくなりかけていた。だが、

「そう言うことじゃないだろう!!」
「そうですよ、クレア」
「……はい」

 クレアシオンは正座をして怒られ続けた。その世界の管理者が「もう、その辺でいいじゃないですか?邪気もすべて消し飛ばして下さいましたし、被害者もいませんでしたし……」と、クレアシオンを庇ったほどだ。
 
 管理者からすると、やり方はどうあれ、邪気に侵食された、いつ悪魔が湧き出てもおかしくない島が無くなり、新しい島が出来のでよかったのだった。邪気が残っていると次々と悪魔が湧き出てくるところが、被害者がゼロでかたずいたので、むしろ感謝もしていたほどだ。

◆◇◆◇◆

「重いだろ?」
「……」

 ソフィアは言葉を飲み込んだ。言いたい事が多すぎて言葉が纏まらなかったのだ。とりあえず、言えることは

「重いですね……」

 これしか言えなかった。

 こんな諺がある。クレアシオンにヴェーグ。意味、手がつけられない化け物、相乗効果、欠けていた物がぴったりと当てはまること。余りの力に耐えられる武器が少ない者と破壊力があるが、使い手がいないと埋まってしまい、力がない者が持つと振り回されてしまう武器から来ている。まあ、神器とその使い手だ。相性はいいだろう。

「ですが、ヴェーグは魔力を流して軽くなりますか?」
「いや、ならない……。軽くなったらどれだけ助かったか……」

 クレアシオンは【創造】でヴェーグを型どった剣をグラビティメタルで作って魔力を流しながらそう呟いた。確かに魔力を流すとその歪な剣は浮かび上がっている。

 結局、クレアシオンの数千年間の謎は解明されなかった……。一体、ヴェーグはなにで出来ているのか、いつクレアシオンはその謎を解明できるのか、それは誰にもわからないだろう。

 目に見えてガッカリしている彼を見て、ソフィアは苦笑いしながら、創った剣をどうするのかを聞いた。

「その剣はどうするのですか?」
「ああ、アイテムボックスにしまっておく。俺しか創れない物質らしいからな」
「そうですね、では、私がしま――」

 しまっておきます、と言おうとしながら【アイテムボックス】を開いたソフィアは信じられないものを見た。クレアシオンのステータスには【アイテムボックス】系のスキルはなかった。だから、彼女はアイテムボックスにしまう、と言われて当然自分がしまうと考え、アイテムボックスを開いたのだ。

 だが、彼女が見たものは振りかぶって虚空を殴っているクレアシオンの姿だった。彼の拳は何もないところで何かにぶつかったように抵抗があり、そして、――――割れた。虚空にヒビが入ってガラスのような音をたてながら割れたのだった。


ありがとうございました。

ヴェーグTUEEE!!でも、転生したクレアシオンには使えない。ヴェーグの出番はあるのか?

「職業魔王にジョブチェンジ~それでも俺は天使です~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く