話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男女比が偏った歪な社会で生き抜く 〜僕は女の子に振り回される

わんた

36話

 今日はロングフィットの配信日。
 学校の制服から、3Dモデルを動かすスーツに着替えているところだ。

 前回の配信から二週間も空いてしまったんだけど、台本作りやリハーサルに時間がかかってしまったんだ。でも、ようやく初配信の影響も薄まってきたのでタイミングとしては悪くないと思っている。

 最近は企画や台本を考える度に「これで正しいの?」って悩んでしまうことも多い。専門家に仕事を依頼するって方法もあるんだけど、男性が関わると、この世界の女性は信用できなくなる。男性保護の観点から、母さんは自分たちだけで作ることにこだわっている。

 正直、たまに厳しすぎると思うときもあるけど、ライブ配信やSNSといったインターネット上でも活動しているから、念には念を入れてるんだと思ってる。

 理性より本能が上回ってしまうと、常識は吹き飛び、法令遵守なんて意味をなさなくなる。

 何度も襲われそうになったし、セクハラ紛いなことも経験してきたから、女性たちの倫理観の危うさは実感していた。


「着替えは終わったかしら?」

 ドアのノックとともに、母さんの声が聞こえた。

「お待たせ、終わったよ」

「開けるわね」

 ガチャリと音が鳴るとドアが開いて、スーツを着た母さんが入ってきた。
 ロッカーが一つしかない小さな着替え室だから、二人しかいないのに圧迫感が強い。

「付け忘れはないかしら?」

 質問はしたけど返答を聞く気はないみたい。
 僕の目の前にまでくると、しゃがんで袖や足首にある部品の充電をチェックをする。ランプが点灯して電源が入った。

「大丈夫そうね」

 そんな様子を見ながら、僕は子供の頃に着替えを手伝ってもらったことを思い出した。なんだか懐かしい気分だ。子供って自分の体を上手く動かせないから、意識は大人でも頼ることも多かったんだよね。

 食事やお風呂もそうだった。何でもやってくれてた。僕は男性だったから、特に過保護だったんだと思う。

「ちゃんと一人でできたでしょ?」

 言ってから子供っぽかったかなと反省する。

「偉いわよ、私のユキちゃん」

 母さんは立ち上がると、優しく僕の頭をなでた。

 十代なら子供扱いしないで! といった具合に反発するだろうけど、僕の精神年齢はもっと上だ。親に甘えられるのは一時だけの贅沢だと知っている。

 拒否なんて絶対にしない。その優しい手を受け入れることにした。

「大きくなっても甘えんぼね」

「優しい母さんがいけないんだよ。僕のことばかり考えてくれるから、いつまで経っても親離れできないんだよ?」

 男性が貴重な世界だから、母さんは当たり前のことをしているだけ。僕だから特別に優しくしてくれているというわけではない。

 そう考えてしまうと少し心が痛むけど、でも僕が女性だった未来は存在しないんだから無駄な妄想を断ち切る。

「あら、ユキちゃんは私から離れたいのかしら?」

「そんなことないよ」

 そんなはずがない。この世界で無条件で頼れる人は母さんと絵美だけ。

 二人だけは本能に振り回されず、理性的な人間として振る舞ってくれる。それだけで安心するし、離れがたい魅力がある。

 それは、血のなせる技なのだろうか。

 親子、親族だから、理性というブレーキがきいて本能を制御している。もしくは子供がいる安心感が安定につながているのかもしれない。

 僕のハーレムメンバーである楓さん、彩瀬さん、飯島さん……彼女たちも結婚して子供を産めば、落ち着いてくれるのだろうか?

 うーん。少なくとも彩瀬さんが落ち着いている姿は想像できないや。彼女は子供が生まれても、元気いっぱいのままで賑やかな家庭になりそうだ。それはそれでアリだね、そう思う自分がいることに少し驚く。

 あれこれと脳内で妄想を繰り広げていると、柔らかい感触が顔を包んだ。

「えっ?」

 抱きしめられたと気づいたのは数秒後だった。

 女性は男性にセクハラだと訴えられるのを恐れていて、意外に身体的な接触は多くない。一緒に住んでいるハーレメンバーですら、手を握ることは希なんだ。だから最初は何をされたのかまったく理解できなかった。

「最近、頑張りすぎてない? 学校に行くだけでも大変なのに、バーチャルタレント活動もしてるんだから心配よ」

 母さんの腕に力がこもる。ほどよい強さで、心地良い。

 最近はSNSのアカウントに誹謗中傷がとどくようになっていたので、精神的に疲れていることも多かった。そんな傷は、母さんの抱擁で癒やされていく。

「無理してるように見えた?」

「もちろんよ。普通の男性は家事をするぐらいで、仕事なんかしないのよ。なのにユキちゃんは、学生のうちから働こうとしている。昔から無鉄砲なところが多いから、いっつも心配しているわ」

 学生がバイトをする感覚で始めたんだけど、どうやら考え方が甘かったみたい。
 前世と今世の価値観があってないから、苦労させてしまったことは数え切れないほどある。

「ごめんなさい」

 声が震えていた。
 過去にやらかしたことを思い出して、目にうっすら涙が溜まっている。

「いいのよ。ユキちゃんが生まれたときから、あなたのために生きようって決めたの。獣みたいな女性から守って、誓ったのよ」

「そうだったんだ……」

「もちろん、絵美も同じよ。もしかしたら私より気持ちは強いかもしれないわね。無口だけど、ううん、無口だからこそ内に秘めた想いは人一倍強いの」

 改めて母さんから言われると絵美さん特異な点に気づく。
 両親でもないのにずっと一緒に生活してるなんて、普通はありえないよね。

「話はこれで終わりにしましょうか。スタジオの準備は終わっているわ。そろそろスタジオ入りの時間よ」

「もうちょっと、このままでも良い?」

「仕方がないわね」

 数分、母さんに抱擁されている状態が続き、ようやく温もりから抜け出す決心がついたところで、再びガチャリとドアが開く音が聞こえた。

 パッとお互いを手放し、離れる。
 けど、遅かったみたい。

「……何してるの?」

 絵美さんが冷たい目で僕らを見ていた。

 恥ずかしい場面を見られてしまって顔が真っ赤になってしまい、言い訳が思いつかない。

 あわあわと手を振って慌てていると、絵美さんがいきなり両手を広げた。

「…………」

 無言のまま向かい合っている。どうすれば良いのだろうか?
 思考がまとまらない。助けを求めるように母さんの方を向く。笑顔だった。

「行ってきなさい」

 そっと背中を押された。力に逆らわず、一歩、二歩と前に進んで、絵美さんの目の前に立つ。
 すると、背中に手が回って抱きしめられた。
 抱擁をしたかったんだ。そういえば、絵美さんに抱きつかれるのは初めてかもしれない。

「いい子、いい子」

「あら、絵美がそんなことするなんて珍しいわね」

「抜け駆けはダメ。私も同じことをするの」

 さっきの言葉が蘇った。絵美さんもずっと、僕のことを守ってくれたんだ。気が済むまでこのままでいよう。

 僕も絵美さんの背中に手を回してぎゅっと抱きしめていると、頭の上で母さんと絵美さんが話し声が聞こえた。

「三人には秘密ね」

「嫉妬する」

「そう、彼女たちはまだ未熟よ」

「まだ早い」

「私も同じ考えよ。だから、秘密ね」

「もちろん」

 会話が終わりしばらくすると、体が離れる。

「先にスタジオに戻るわ」

 母さんが絵美さんを連れて更衣室から出てしまった。
 なんだか嵐が過ぎ去った後のようで、一抹の寂しさが残っている。

「僕一人だけじゃないんだ。皆に喜んでもらえるように頑張ろ」

 色んな人に支えられて今の僕がいる。そんな当たり前なことを実感していた。

「男女比が偏った歪な社会で生き抜く 〜僕は女の子に振り回される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く