話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

男女比が偏った歪な社会で生き抜く 〜僕は女の子に振り回される

わんた

10話

 5月15日(火)。楓さんや鈴木さんと同棲を始めて7日目になり、この生活も慣れたと思っていた。

 お風呂場のノックは欠かしたことがないし、出るときにはパジャマを着てからリビングに移動していた。トイレだってノックはするし、他の人が出てから数分間は中に入らない。もちろん、他人の部屋に勝手に入ることもしない。

 ラブコメ(?)にありがちな「XXさんのエッチー!」が出ないように、自分なりに気を使っていたし、完璧にこなせていたと思っていた。でも、それは独りよがりな考え方であり、同棲生活をする上ではお互いが相手のことを思いやり、注意しなければ意味がないようだ。そのうえ、どんなに科学が発展しても人間である限り不注意は無くならない。


◆◆◆


 体育の授業でマラソンをして汗をかいたため、晩ご飯を作る前にお風呂に入っていた。いつもは晩ご飯を食べた後にお風呂に入っているので、僕が入っているとは思わなかったのだろう。水が滴る髪を拭き終わり次は体というタイミングでドアが勢いよく開き、ジャージ素材のホットパンツと薄手のタンクトップ姿の楓さんが入ってきた。トレーニングをしていたのだろう。額や胸元に汗が浮かんでいて、全身にうっすらと湯気が出ているように見える。少し甘い汗の匂いと薄着の相乗効果で、視覚と嗅覚への刺激が強い。

 非常に魅力的だ。

 楓さんの姿に目を奪われたため行動が遅れてしまった。僕がもたもたしている間に、楓さんが脱衣所に入ってしまった。中に入ってから全裸で頭を拭いている僕の存在に気づいたようで、今度は楓さんの動きが止まる。目線は僕の股間に釘付けになっている。本当に混乱すると動きが止まってしまうようで、思考が止まって動けない状態が数秒続いた。

「変なモノを見せてしまってごめんね」

 自分でもなんで謝っているのかわからないけど、早く隠さないとマズイことぐらいは分かったので、頭を拭いていたタオルをゆっくりと腰にまきつけて心を落ち着かせる。

 今の発言で時が動き出したように楓さんは顔が赤くなり、力が抜けたようにお尻を床にぺたんとつけて座ってしまった。涙目になりながら口をパクパクと動かしているが、あまりにもショックが大きかったため声は出せないようだ。

 このまま落ち着くまで待つことも考えたけど、さすがに腰にタオルをつけたままで待つのはマズイ。急いで服を着るために、パンツとTシャツを取り出し、風呂場で着替えてから脱衣所に戻ることにした。

「申し訳ございませんでした!」

 声・姿勢・タイミングが全て完璧な、綺麗な土下座だった。
 はっきりと大声で謝罪をしてくれたが、他の人が来ると困るので、小声で謝って欲しかった。と、そう思った瞬間に遠くからドンドンと足音が聞こえてきた。考えるよりも先に体が動き、身を隠すために慌てて風呂場に戻る。

「僕は隠れるから、適当にごまかしてね!」

 首を縦に動かしていたので、意図は伝わっただろう。後は、僕がうまく隠れるだけだ。周囲を見渡してみても隠れられる場所は少ないが、見つかるわけにはいかない。なんとか隠れると同時にドアが開いた。

「大きな声がしたけど、どうしたのー?」

 この声は鈴木さんだ。

「黒い影が見えたのでゴキブリだと思って叫んだんですが、よく見たらゴミのようでした。騒がせてしまいごめんなさい」

「ゴミねぇ……そのゴミはどこに行ったのかな?」

「と、飛んでどこかに行きました」

「お風呂場に飛んだのかなぁー?」

 話を聞いているようで聞いていない。鈴木さんは何かを確信しているようで、お風呂場に侵入してきた。

「な、何を疑っているんですか? そっちには、何もありませんよ?」

「なんで焦っているのかな? あれ? 床が濡れているよ! お風呂に入っていないのに床が濡れているなんて、不自然じゃない?」

 す、するどい。いや、冷静に考えれば当たり前か……。
 僕は浴槽に隠れているので、ふたを開けられたらばれてしまう。頑張って、別の場所に誘導して!

「先にシャワーを出して水が温まるまで待っていたんです。それで、濡れているんです」

「なるほど。なるほど。でも、シャワーは止まっているね。苦しい言い訳だ」

「ゴキブリだと思っていたゴミを探そうとして止めたんです」

「ほうほう。で、何で私の腕を掴んでいるのかなー?」

「あ、足が濡れると思ったからです」

「それは、ご親切にどうもありがとう。でも、気にしなくていいよ! それに私、分かっているから。男の子に関する感覚がするどいの、忘れちゃった?」

 そういえば感覚の鋭い子だった……もうダメだぁ。

 数秒後、浴槽のふたが勢い良く取り除かれ、仰向けに寝っ転がり湯舟に浸かっている僕と目があった。僕は、獲物を見つけたような笑顔をしている鈴木さんに手を振ることしかできなかった。




「どうしてこんなことになっているの?」

 鈴木さんは、腰に手を当てて脱衣所で正座をしている僕たちを見下ろしている。目線は僕の顔ではなく、その下の体だ。Tシャツが水で透けているようで、食い入るように見ている。横に座っている楓さんもチラッチラッと僕の体を見ている。欲望に忠実すぎるでしょ……。

「僕がお風呂から出ようとしたら、楓さんとバッタリ会っちゃって、それで驚いて大きな声を出しただけなんだ」

「だけってねぇ。で、どこまで見たの? まさか全裸ってことはないよね?」

「……」

 無言で楓さんの顔が赤くなる。あぁ、もう全てがバレたと思って良いだろう。

「うそ! ありえない! ズルい! 私が最初に見るって、決めていたのに!」

 なんてことを決めているんだ。それを決める権利は僕にあるはずなのに……あるよね? よほど悔しかったのか、身振りが大きくなり少しずつ声も大きくなってきた。

「母さんと絵美さんにバレたくないから、声を小さくしてもらえると嬉しいかな……」

「そうだね。景子さんは仕事、絵美さんは部屋にいるから、私が黙ってさえいればバレないね!」

「……どうすれば黙ってくれるかな?」

「私も見る!」

「えぇぇぇ!」

 それは恥ずかしい。それに、想像しただけで「はぁはぁ」と呼吸が荒くなっているし、見せただけでは絶対に終わらない。このお願いは何としてでも回避しなければ。

「ごめん。さすがにそれは恥ずかしい。明日、お菓子を一個プレゼントするでどうかな?」

「へー。楓さんはバッチリ見たのに、私はお菓子なんだー。ユキト君の体ってお菓子と同じぐらいの価値しかないの? 300円払うから毎回見せてもらうかなー!」

「さすがにそれは言いすーー」

「あなたが、何かを言う権利はありません!」

 余計な口出しは無用とばかり、楓さんの発言を途中で切る。会話の主導権を、譲る気はないようだ。冷めた目で見つめる鈴木さんと、歯をむき出しにして威嚇するような表情をする楓さんの間に不穏な空気が漂ってきた。早く、妥協点を見つけなければならない。

「300円で裸を見せるのは嫌だなぁ。二人っきりで、どこかに出かけるのは……さすがに危ないか」

「うん。私一人だと他の女性から守り切るのは難しいと思う。でも、二人っきりで出かけても良いと思ってくれたのは嬉しいな!」

「だったらプールに行こう! 確か、男性がいるなら貸し切れるプールがあったはず。室内プールだから、今の時期でも入れるよ」

「もちろん、二人っきりだよね?」

「うん」

「なら、それで決まり! 今週の日曜日ね! それとは別に、勉強会も忘れないでね!じゃ、楓さん。お風呂から出ましょうか」

 スキップしそうなほど軽い足取りで、楓さんの手を引いて出て行ってしまった。こうやってまた、僕は、未来の自分に期待することになってしまった。




「おはよう」

 翌日、鈴木さんと廊下を歩いていると飯島さんが挨拶をしてくれた。今日もメガネが似合っていて思わず見とれてしまう。

「おはよー! ねーねー聞いて。今度、ユキト君とプールに行くことになったんだ!」

「それはすごいね。家族と一緒に行くの?」

 プールに行くことを自慢したかったのだろう。鈴木さんの弾丸トークは止まらない。

「それがねー。プールを貸し切って二人で楽しむことになったの! すごいでしょー! でね、せっかくだから新しい水着を買おうと思っているんだけど、どんなデザインが良いと思う?」

「それはすごいね。学校の水着じゃなダメなの?」

 ファッションについては疎いようで「なんで新しく買う必要がの?」といった風に、疑問を浮かべている。僕は、学校の水着はないと思うけど、新しく買う必要はないないかなといった中間的な意見だ。

「さおりは甘いね! ちょっとドキッとするような水着を着て、ユキト君のハートをガッチリと捕まえる計画なんだよ! 普段はライバルがいるからね。一歩先に出るためには、水着だって手は抜けない!」

「でもそれは、本人の前で言ったら意味がないと思うの」

 僕もそう思ったが、鈴木さんは違うようだ。

「それの考えは甘いね。こうやって前振りをすることで、プールに行く前から私のことを意識させる作戦なんだよ。毎晩、どんな水着を着るのかな? と過ごしながら当日を迎えるの!」

 おぉ。ちゃんと考えている!でも、それこそ僕の前で言ったら意味がないきがするけど。そんな取り留めもない会話をしながらクラスに入り、いつもの席に着く。この前の警告が効いているようで、席の周囲には誰もいない。席に着いても鈴木さんと飯島さんの会話は止まらず、飯島さんは聞き役に徹していた。

「はぁ」

 席に着いた途端に、自然とため息が出てしまった。幸いみんなには聞こえていないようで、特に反応はない。男性は常に色々な意味で見られているため、ため息一つだすのにも注意が必要で、いつもはため息はつかないようにしている。そのはずなのに、ため息が出てしまうとは、かなり疲れているのかもしれない。

 目下の悩み事は、楓さんと鈴木さんとの関係だ。

 出会い方が悪かったので楓さんは一方的に敵視しているし、鈴木さんはそれに対して反感を覚えているようだ。挨拶を返さないレベルで仲が悪い。昨日のお風呂事件だって、本来であればもっと穏便に済んだはずなのに、対抗意識のせいで引くに引けない状態だったのだろう。鈴木さんの今の状況で、あの取引は危うかったと思う。

「ーーユキト君も気にならない?」

 急に話しかけられたので意識を外に向ける。考え事をしていたため、話は聞いていなかった。

「何の話?」

「聞いてなかった? 飯島さんが、ものすごく勉強を頑張っているって話だよ!」

 いつの間にか、水着の話から勉強に話題が変わっていたらしい。

「受験生でもないのに、部活もアルバイトもしないで毎日勉強をしているみたいなんだよ。夜遅くまで毎日! すごいよね」

 確かに、受験生でもないのに勉強時間が長い気もする。一般的な学生であれば、遊んだりアルバイトしたりするのではないだろうか。

「将来は医者になりたいから、それに向けて勉強しているだけだよ。全然すごくない……」

「将来やりたいことを決めてる時点でスゴイって! 私なんて、遊ぶことしか考えていないし!」

 高校一年だし、鈴木さんみたいな考え方が一般的だろう。女性の進学や就職は当たり前だが、男性のほとんどは専業主夫になるので、学問は必要ないとされている。高校までは通わせてもらえるが、大学まで進学する男性は少数だ。

 平成が終わった今の時代でも、前世でいうところの「昭和的な考え」が当たり前のように蔓延している。就職する男性もほとんどいないのだから、男女比が偏っているこの世界では「男は家に入るもの」といった社会的な圧力は強いのかもしれない。

 大学に進学できる人たちを羨ましと感じる気持ちはあるが、それは僕の問題だ。飯島さんの努力は素直に賞賛するべきなのだろう。

「そうだね。僕もそう思う」

 鈴木さんに同意すると、恥ずかしいのか下を向いてしまった。

「そんなことないよ。運動は苦手だし、私の取り柄は勉強だけだから。医者になると決めたのも、お金がいっぱい稼げそうだからって、理由だし……」

 自分がやっていることに自信がないような態度だ。謙遜を通り越して、自分には価値がないと思い込んでいるようにも感じる。目的は人それぞれなんだし、もっと自信を持って、胸を張って人生を楽しめば良いのにと思ってしまうのは、お節介なのだろうか。

「目標に向かって行動できているんだから、自虐的になったらダメだよ!」

「うん。ありがとう」

 鈴木さんが励ましたおかげで、少しだけ表情が明るくなった気がする。やっぱり鈴木さんと飯島さんの相性は良さそうだ、こんな感じで楓さんと仲良くなってほしいけど、二人とも自分の考えを譲らないからなぁ。時間がかかるかもしれない。


◆◆◆


 事の発端は些細でくだらない「どっちが先にお風呂に入るか?」といったものだった。僕がトイレからリビングに戻った時には、すでに激しい言い争いに発展していて、二人とも感情的になっている。

「何度も言いますが、トレーニングをして汗をかいているので私が先に入ります」

「来るのが遅いから入らないと思って、服を脱いじゃったよ! 私の後にしてくれない?」

 下着姿を直視するのは恥ずかしいから、鈴木さんは服を着てほしい。僕が見ても気にならないのだろうか。

「すでにお風呂に入っているのであれば諦めますが、脱いだだけならまた着ればいいだけじゃないですか。そもそも、お風呂の順番は私の方が先です」

「あなたのお風呂の時間は終わっているよ! 間に合わなかったんだから、おとなしく最後に入ってよ」

「違います。まだ、あと5分残っています」

「5分しかないじゃない! どう考えても時間が足りないよ!」

「いいえ。間に合わせます!」

 ……脱力してしまうほど、低次元な争いだ。これが22歳と16歳の争いなのか? 争いの内容を聞いて呆れてしまったけど、このまま続けさせるわけにもいかないので仲裁する。

「ちょっと、二人とも落ち着いて!」

 二人の間に入り、両手を伸ばして言い争いをしている彼女たちを離す……ことに失敗し、僕を挟み込むように二人の距離がどんどん近づく。

「は、離れよう! ほら、胸が当たっているよ! 気づいーーむぎゅ」

 非常に情けない声を出してからしばらくして気づいたようで、二人とも距離をとってくれた。僕は「はぁはぁ」と新鮮な空気を吸うのに精一杯だ。

 二人とも少しきま気まずそうな顔をしているが、言い争いが止まったので体を張ったかいはあったのだろう。このまま、仲直りしてもらえれば……。

「あなた、ボディーガードのくせにユキト君に危害を加えたね!」

「あなたこそ、居候のくせにユキトさんに危害を加えましたね」

 現実は残酷だった。内容が変わっただけで、言い争いは継続している。彼女たちはお互いが気に入らないから争いが止まらない……。

「だいたいボディーガードのくせに、少し馴れ馴れしいんじゃない? 私は未だに名字でしか呼ばれないのに、なんであなたは下の名前で呼んでもらっているの? ズルイじゃない。」

 ごめん。そんな風に思っていたんだ。グイグイと攻めてくる鈴木さんに少し引いていたので、意識的に距離をとるようにしていたのは事実だ。でも、そんな風に悩んでいると知ってしまった今は心が痛い。タイミングを見計らって、鈴木さんも下の名前で呼ぶようにしよう。

「それは、あなたが原因なのでは? それに、6ヶ月間の期間限定の人と仲良くしても無駄ですからね」

「あなただって、お金で雇われているだけじゃない! たった一枚の契約書でつながっている薄い関係。契約が更新できなければ、そこで終わり。はっ、私と似たようなものじゃない!」

「契約は絶対に更新してもらいます! ユキトさんほど、母性本能をくすぐる男性はいません。諦めるわけにはいかないんです」

「それは私だって同じ。諦めない! 一目見ただけで、理性が吹き飛んじゃうくらいなんだから!」

 ……確かに、それは説得力がある。

「その結果、ユキトさんを襲うなんて本末転倒も良いところです」

「それは、仕方がないじゃない! 今まで見た男性の中で一番魅力的なんだから!」

「……確かにそうですね」

 え、まさかの同意? 思わず振り向いて楓さんの顔を見てしまった。若干、顔が赤い。

「でも、だからと言って許せるものと、許せないものがあります」

「あなたに許してもらう必要なんてないけど?」

 一度離れた彼女たちが再び近づいている。もうこの言い争いを止める最終手段の「僕のために争わないで」を出すしかない! そう思って一歩前に出た瞬間、「パンパン」と手を叩く音が聞こえた。

「二人とも、落ち着きなさい」

 いつの間にか、母さんと絵美さんが僕の側に立っている。今の一言で二人は黙ってしまった。

「話は聞いたわ。最初に言っておくけど、一緒に住んでいるのだからプライベートに踏み込むなとは言わないわ。私は、ユキちゃんが公私ともに親しくなっても良い人しか採用していないし、この家にも入れていないのよ」

 そんな採用基準あったんだ。

「だから、二人とももっとユキちゃんと仲良くなっても良いわ。それこそ、仕事の枠を超えてね」

 今までグレーだった「僕にどこまで踏み込んで良いのか?」というラインが明確になってしまった。親公認で踏み込んでよし! と、結論が出てしまった。楓さん一人だと僕との進展が遅くなるだろうと予想できたから、起爆剤として鈴木さんを家に招いたのかもしれない。

 それは確かに効果的だったのだろう。まさに今、実感している。

 母さんは「早くハーレムを作って結婚しなさい」とは言わないけど、口に出さない代わりに「作らざるをえない環境」を整えていたのか。無言のプレッシャーが強い。外堀がドンドン埋められていく……。

「ただ、今のままだと二人とも不完全燃焼でしょ? 決着をつけたいわよね。私としては、二人には仲良くなってもらいたいから、この件を引きずって欲しくないのよね。そうね……ここは一つ友情が芽生えるように、二人には試験を乗り越えてもらいましょうか」

 試験を乗り越えるって、二人に何をしてもらうつもりだ。今の発言で、二人とも緊張したように母さんをみている。

「簡単な試験よ。ユキちゃん、今やりたいことある?」

 急に会話を振られて戸惑うが、昔からやりたいことは決まっている。母さんもそれを見越して行っているのかもしれない。

「……街に出かけて買い物がしたいかな」

 生まれてから今まで、街を歩いて買い物をしたことがない。

 女性に襲われるといった問題もあるし、そもそも男性向けの商品を取り扱っているお店も少ない。都心にあるいくつかのお店が、男性向け商品をわずかに取り扱っている状態だ。そんな状況なので、洋服やインテリアはネットショップで購入していた。

 最近は、電車移動も始まり少しずつ世界が広がってきた。もっと外を見てみたい、いろいろな人と触れ合ってみたいという欲求は強くなるばかりだ。この世界では男性を、箱入り息子として育てるのは常識だ。自由に出歩くのは諦めていたのだけど、思いがけないところでチャンスをもらえたようだ。

「今週の土曜日に三人で買い物に行きなさい。場所は渋谷ね。そこで、二人はユキちゃんが気にいる物を買ってね。それが今回の勝負内容よ。勝ったら常識的な範囲で、お願いを叶えてあげる」

「男女比が偏った歪な社会で生き抜く 〜僕は女の子に振り回される」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く