最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

46話

 一瞬の間、俺と目の前の男で沈黙が流れた。
 しかし一瞬というのには、体感手には長くも感じられる。
 正面の男は俺に対して笑っていた。
 俺もまた、こいつに警戒をするようにしてにらむ。
 そして、手前の男は、口を開いた。
「この距離で…… 君の精神力は、上出来。といったとこか」
 たしかに男はそうささやいていた。
 精神力…… こいつは何を言っているんだ。
「いきなり表れて、お前は何者なんだよ」
 確かに俺はそう聞いていた。
 男は俺をみて、少しだけ答えを選ぶように俺の言葉に対してラグがあった。
「そうだね…… 名称は何にしようか」
 名称、男は確かにそういった。
 このあきらかな、不審者、そして俺がいままで生きた経験の中でも、これほどいた能力戦闘集団がまったくと無力にして、倒れていったのは、あきらかに、これまでとは違うような、力を持っている人間と推測をする。
 いくらサイキネシスで他人を無力化できる能力者がいたとしても、これほどの三桁もいる人間を一瞬にして無力化できるのは見たことも聞いたこともない。
 まさに段違いの力を所持している人間だった。
「古代アトランティスの残骸〈オーパーツ〉。その力は、サイキネシスを応用してサインに直接、拡サイオン装置を応用して意識阻害の性質をもった、念力を爆発的に増幅させることができる。人という概念を持っているたいていの相手は無力が軽くできる力だよ。しかし君のような桁違いの精神力の持ち主は、すぐさま抜け出すことができるけれどね」
 意味ありげに、説明を交えながら、男はそう言う。
 俺は、男が言っていることに意味が分からず仕舞いであったが、ここはエマを救うべく、対峙しようと一歩を踏み込んだ。
「おっとそこまでだよ」
 男はそう言って俺に44マグナム、コルト・アナコンダを構えていた。
 しかし装飾は、すこしばかりまがまがしいものとなっていた。
 まるで異界の異物である。
 独特なオーラは、目には見えないものの、しかし圧倒的な負のオーラを纏っていた。
 この世のものとは思えない力がこもっている。
 たしかに、俺の自慢の直観はそう告げていた。
 しかし俺に、そんなものは――
「打ってみろよ」
 俺は自慢げにして、黒づくめの格好をしている男に対して一言する。
「この場に及んで、気でも狂ってしまったのかい」
 俺の一言を男は笑っていた。
 身を抱え込むようにしてむせながらも、しかし圧倒的な自信からか、無防備な姿勢であるにも関わらずに、殺意が隠し切れないでいた。
 しかし俺には、そんなものはどうでもよかった。
 それは男が、エマの首に手を掛けたからであった。
「グッ……」
 エマの体が、首を上へと貼り付けられるように持ち上がる。
「能力者というものは、どのような悲鳴を上げて死んでくれるのだろうね」
 エマの口にコルト・アナコンダがねじ込まれるようにして入ろうとしていた。
 俺は劇場に任せて、体を動かした。

「てめええええええええええ」
 狩りをしている獣が、獲物に飛びつくようにして、タスクは男へと移動した。
 手にはこぶしが込められている。
 タスクは武器の通常で形態はしてはいなかった。
 それは、この学園のルールであるが、しかしもしものためにも、裏ルールによる小型の携帯はあった。
「激情だ、君の憤怒が僕は欲しかったんだよッ!!」
 エマを投げて、男はそのようなことを口走った。
「ぶっ殺してやらあ」
 こぶしが、黒づくめの顔面を捉えようとしていた空中。
 男は、手に持っていたリボルバーをタスクへと射撃。
 攻撃は、無残にタスクの頭を貫通した。
 脳が至近距離の射撃に、衝撃を受けとめることはなく、脳天を貫通してしまったのだった。
 しかし、空中にいたタスクは、衝撃がありつつも、それでも勢いが衰えることはなくして男の顔面へと手が伸びていった。
 男は、マグナム弾を放ったあたりで勝利を確信していたが、しかしながら目の前の少年は、一切生体反応を消さずして、再度攻撃をしたことに驚いたのだった。
「なっ!!」男の顔が一回転して、体形を立て直すとすさまじい脚力で距離を取り「不死性の能力者など、聞いていない!! 貴様はホムンクルスなのかい!?」確かにその声には憤懣がこもっている。
「てめえが何を言ってんのかはわかんねえよ」
 タスクは、すかさず距離をとった黒づくめの男に、それを凌駕する身体能力で、攻撃が入るふところへと入った。
「だけどなあ、エマは俺が守るって決めたんだ」
 そうだ、俺はだからこそここにいるのだ。
 それらを誰が決めたのか、俺だ。
 だからこそ、やり遂げるんだよ。
「お前のような相手に使うのはもったいない……」
 男はそう言って、手にはめていた手袋を自身の顔の前へとかざした。
「俺を殺してみやがれッ!!」
 タスクは、全力でありったけであり、一切合切余力を残すことはなく、体に廻っている力を遍く使い、右手によるパンチを繰り出した。
「第四千世界因果律魔力:始動」
 トーンという金属音の音が鳴り響き、しかし真空がさらにつぶれてしまったよな、明らかにこの世のものとは思えない音を男は召喚していた。
 誰が見ても、驚くようなその光景に、俺にも右手は、穴によくわからない“何か”に食われてしまいそうであった。
「見るがいい私の搾取で得たこの力、そしておののけ能力者風情ども」
 異界の片鱗が彼を襲っているが、しかし彼はその力をまるで主人が、猛獣を操ているように見える。
 男が出した物体は、得体のしれないものだった。
 人間の欲をそのまま3Dプリンタで写したような出来栄えである。
「名を名乗ろう。我ら十二支族、第七の使途にして、根隅一派の第七位〈くらい〉、札沼〈さっしょう〉ネストである」
 ネストという男は、まるで勝ったと新たなる確信を得てあっけにとられていた俺を見ていた。
 俺はこの、ファンタジーな状況を受け入れることができずに立ち尽くしているのだった。

この非現実のようなファンタジーの武器を使っている男の名前は、札沼ネストという人間であった。
 男は、自らを根隅一派の一人だと説明をしている。
 根隅一派というものが俺にはどのようなものなのかわかるわけがなかった。
 こればっかりは、俺にはどうしようもないものである。
 しかしここでこのまま、現状を過ぎてしまうのは、俺にとっては、断じてありえない選択であった。
 この選択で俺は、絶対的に自分のアイデンティティーというものを喪失してしまうだろう。
 俺には、絶対に守ると約束している彼女、エマがいるのだ。
 彼女は自分を置いて逃げろという。
 しかし俺は彼女と約束をした。
 お前の盾になると。
 たしかに、盾になるだなんて、この俺にできることなのかわからない。
 しかしだ、あきらめるわけにもいかない。
 彼女が俺を見ているから。
 なによりも、俺は最高にムカついていた。
 この目の前の男に。
 どうやって戦うのか、そして敵の武器がどのような力を持っているのか。
 まったくと未知数の敵であった。
 いままでの能力者と戦闘をしたような地べたを周りに回っていく戦闘とは違う。
 俺の知らない世界が、頭の中に入っていないような攻撃で相手は攻めてくるだろう。
 なぜこうして、同じ世界にいるのにも関わらず、まったくと世界が違うような武器を所持しているhのか、そして、なぜに俺はこのようなファンタジーの相手と対峙をしているのか。
 頭の中をねじるような疑問がある。
 しかし、ここで戦うよりも違う選択肢はない。
 当たり前だ。
 相手が武力行使をしているからだ。
 力には力で対応しなければならない。
 相手が、自己紹介をしてきたところで、俺は自分の自己紹介もするべきであると思った。
 まるであれだな、昔の武士が、決闘をする始まりのようだな。
「俺の名は、佐部タスクだよ。見てわかるとおりに、俺は不死身の能力者、俺を殺した人間は一人もいないぜ。旦那」
 俺は挑発をするようにして男にそのようなことを言った。
 男は、俺の紹介を聞いている。
 そして男はさぐるようにして、疑問を投げ掛けた。
「ほう…… ではここがヤングサンクションズということだな。我、札沼ネスト。我はお前に用がある」
 人探しを兼ねて、大衆を蹴散らそうとしていたら、俺に偶然とあったということか。
 まるでこいつは運がいいなと思った。
 この学園には、桁違いの連中。
 Sランクの猛者にひとたびであうことがあれば、確実にして、こいつの命の保証はされない。
 噂によれば人を瞬殺できるほどの力を所持しているとの情報が、まことしやかにささやかれている。
 そんな敵の懐に、意気揚々と、しかも堂々と落ちてくるのは、俺にとっては、頭のおかしいやつであると思った。
 しかし同時に、それほどまでに、戦いにおいて、絶対的な自信があるということの裏付けでもあった。
 何がともあれ、油断はできない。
 いつも愛用している、愛銃がないということに、若干の戸惑いはあるが、しかしナイフ一本でどうにか実践を潜り抜けてきたという自信はある。
 というよりも、俺は即時再生の死なない体質という能力のために、どんな境地においても作戦を強行できる部隊に所属している。
「用ってなんだよおっさん、お前の出オチは無いように話はしっかりと聞いてるぜ」
 俺は、ネストを探るようにしてあおる。
「それはありがたい。私であり、我は、名を答えぬ、とある人物からの知らせを聞き賜った。恐れおののきながら、聞くといい。君のソウルゲイナーである、スタフェリア・アブソリュータ・ウロボロウスが、三年前に作った新たな眷属とともに、古代アトランティス属の末裔の十二支族を従えさんと行動を開始している。それらが君に伝えるための伝言。そして私であり我の要望は、貴様のような能力者と戦うことである」
 こいつは…… 俺の過去をどこまで知っているんだ。
 俺は誰にも明かしたことがないような過去をこいつが、札沼ネストが知っているという現実に俺は驚いた。
「なぜそのようなことを。知らせを伝えたのは誰なんだ?」
 スタフェリアは過去の戦闘で倒していたはずであった。
 しかし男は、いままで言っていることが明らかな真実であると言っているようでもある。
 スタフェリア……
 奴は、世界を間違いなく滅ぼしかねない。
 そしてとなりにいる、人ではない人のような少年も、まったくと異質な人間。
 人間とカテゴライズするのにも、嫌悪してしまう。そのような人間である。
 俺は、とある男と契約をした。
 俺を強くしてくれと頼んだのだ。
 そして自身の魂の位〈グランドラベル〉を強化する代償として、俺はこの不死身の体を手に入れた。
 能力者は、才能によって芽生えるものだ。しかし俺は他人の力によってこの体、そして能力を得ることができたのだ。
 誰にも俺を倒すことができない。
 戦術核に対しても、生き延びることができると、この力を俺に与えた男は言っていた。
 まるで呪いのようでもあるとも言っていたのだ。
 しかし俺には呪いとか、そんなものはどうでもよかった。
 ただ目の前の人間を救ってやりたい。
 それが俺の今の答えだ。
 そのために手に入れた力。

「言っておくが、俺はそんじゃそこらの能力者とは一味も、二味も違うぜ旦那」
 鼻を親指でさすり、そしてこう続けた。
「ほうそれは、我にも私にも胸が躍るものである。その言葉に、胸を高ぶらずにはいられないね」
 口癖がグラグラと変わる人間である相手。
 まるで多重の人格を所持しているよな人間である。
 ったくよお、世界はいろんな人間がいるんだなあ。

「俺を殺してみやがれ」

 再び、俺は男に向かってその身を飛び出した。 
「これが私の、そして我の求めいていたものだ。根隅一派が妄信するニライカナイ建設など、今にして我にはどうでもいい。しかし私には大切なものでもあるが」
 俺の言葉に、ネストも答えながら戦闘が始まった。
 すさまじい、演算処理をされたような、初動の移動に対して、互いは、次にどのような行動がでるのか、選別、そして実行を狂うほどに、頭のなかで展開したあと、こらえきれずに、その武器をぶつけてきたのは、ネストであった。
「魔力を身体に回せっ!! 根隅ファクト、搾取のフェイズへと移行する」
 すると、その男が持っていた手もとの武器が、了解という機械音の音声がなった。
 俺は、対応をするようにして、カウンターの準備をする。

 すぐさま、カウンターを俺は始動した。
 右手から放たれた鉄拳。
 寸分で奴は交わしたのか、それとも俺のことをいまだに探っているのか、躱していく戦法をとっていた。
 しかし、距離をとられて、すぐさままた次の射撃が火発。
 火力が視覚でわかるほどの火花が奴の手元から飛び散った。
 閃光のような、弾丸が俺の胸を貫かんとドリルライナーを描いて、吸い込まれるように、俺の胸へと当たった。
 弾丸が当たった衝撃が、俺の体に、電流を流れるようにして痛みが生成される。
 至近距離であったために、爆発てきな火力が、俺を襲った。
 一瞬体が、後ろへと倒れそうになってしまったが、俺はそれでも前へと向かっていく。
 こんな痛みなんて、慣れてしまった。
 なんども経験をしていたわけでもない、だけど、俺の中ではまるでデジャブのような気分なのだ。
 どうしようもない、痛みを抱えながらそれでも進んだ俺の答えでもあった。
 こんなところで、とまるような俺でもない。
 だからこそ絶対的に、こいつを倒す。
 ただそれだけだ。
 まるですぐに生き返るゾンビのように、上体を後ろから前に倒して男をにらんだ。
 体制を立て直して、伸びた手は男の顔へと強打。
 顔をきしむような攻撃に、男の顔はゴムを殴り飛ばしたような衝撃があった。
 顔は勢いよく、車輪が回転するようにして、反対側の方向へと、つまりは後ろ向きに吹っ飛んだ。
 男は、意識がなくなったようにピクリと体を動かし、そのまま死んでしまったかのように動かなくなっていた。
「まだまだこれからなのによ」
 あっけなく失神してしまった相手に、俺は心底残念な気分になった。
 ここまで、ほおって置くのにも気が引けるが、しかしここは、エマの体調がどのようなのか、見ることが先決される。
「おいエマ、大丈夫か?」
 エマは、眠っているように、意識がなくなっていたのか、俺の問いかけに、目覚めの朝のような言葉で返した。
「大丈夫だ…… それよりもあいつは倒したのか?」
 エマは、軽い脳震盪があるようで、いまだに意識は朦朧〈もうろう〉としているのか、言葉はたどたどしくあった。
「まあ、一応ぶんなぐっておいたから大丈夫だろう。数十分後にでも、執行役があいつを拘束してくれる」
 エマをお姫様だっこをするようにして、抱きかかえたのちに、この場所をあとにしようと動いた。
「ま、ぐああ。まてぇえい」
 と後ろから、つまりはネストが寝ていたところから、声が聞こえてきた。
「まだ終わりじゃないらしい。エマ、お前も戦うか?」
 冗談交じりに俺はエマにそのようなことを聞いたが、しかしエマは、俺のその一言に、笑ってこう返答をする。
「お前は、畜生か何かか? まあいい、俺も戦うぞ、あとお姫様抱っこはやめろ、この土壇場で活躍する、ヘタレ三流能力者」
 エマは、ふざけてそのようなことを口走った。
 彼女は、いまだにふざけている余裕があったらしい。
「はいはい、あんまり無理はするなよ」
 俺もまた、エマにふざけた返答をした。
「お前こそだ、この俺に姫様扱いとは、これはあとの祭りで、お前の存在なんて、消し飛ぶぞ」
 どうやら、本当に大丈夫なようであった。
「能力者ぁあああ!! 貴様らを倒す術を私はm我は、手に入れたぁああああ!!」
 俺とエマは同時にして男を振り向いた。
 男、ネストはいまだ絶頂で叫んでいる。
「気をつけろよ、いままでの戦闘が通じない相手だ。まるで魔法使いのような行動をとる」
 俺はエマに気をつけるように促した。
「なあに、お前とアイツの戦闘を見ていたさ」
 エマは調子が良くなったといわんばかりに、言葉を返上する。
「行くぞ佐部タスク、貴様の不死身の能力を私は、我は摂取したのだぁあああああああ」
 ネストはすさまじい、人間とは思えないような感情の中を生きているように発狂する。
「んじゃあ俺を、俺たちを殺してみやがれ」
 俺は挑戦を受け取った武士のように、そう答えた。
 エマもまた俺の、言葉に少しだけほほが緩んでいた。エマはタスクがどんな攻撃を与えても死なないことを知っていたからである。
「戯言をぉお!! 貴様を絶対的に殺してやる」
 ネストは、買い文句を爆発をするようにして発した。
 次にマグナムで俺の顔面を捉えた。
「死にさらせえぇ!!」
 放とうとしたその瞬間、エマが瞬時にして男の懐へと入っていた。
 超筋力によって、まるで瞬間移動をしたように、見えるが、しかしこれもまた超筋力による一つの能力の使い方であった。
 男のコルト・アナコンダが天高く、飛んで行った。
「ナイス!」
 俺はエマの武器放棄の攻撃コマンドを、知っていたために、俺もまた、銃が放棄されたところで、奴のはらわたが、右手に届く位置まで来ていた。
 手に集中力と、爆発力をイメージさせ、筋力を肉体の限界まで瞬時に高めた後に、ネストのみぞおち目掛けて、こぶしをぶっぱなった。
 こぶしは背中の中核脊髄がある背骨まで届いたのか、骨がきしむような音が聞こえた。
 男は勢いよく、後方へと飛んで行った。
「あ、っがああがっ!」
 すると男の体で、変化が起こった。
 すさまじい変化が確かに、しかしながら微量に起こったのだった。
 体が元の状態に戻っていたのだった。
「こいつ俺の能力をパクッてやがる」
 俺は再生を見た後に、男の能力に関してそう結論付けた。
 そして並みの人間が、俺の能力を所持をすれば、どれほどまでに精神に異常がきたすのかわかっていた。
 人の何倍もの、痛覚があり、そして再生には体力を使うものだ。
 よって俺にしか扱えないものだ、この“超再生”は。
「ちぇえっ!! いい所どりかよタスク」
 エマは、俺の攻撃を見て確かにそう答えた。
「エマ、アイツも俺と同じ超再生を使えるぞ。見てみろあの体」
 ネストの体から、淡い煙が立ち込めていた。
 そして、再生が始まった。
 まんま俺の能力そのままだった。
「そう考えると、むちゃくちゃな能力だよな。タスクの能力って」
 エマは、冗談交じりにそのようなことを言っていた。
「これが…… 貴様の力か…… 化け物め」
 ネストは自分の体を見ていてそういった。
「ようこそ、化け物になった感想はどうだ?」
 俺は男の言葉に笑ってそう答えた。
「貴様がここにいること自体が、おかしなものだ」
 男の体は、降参するのにも体力が残ってはいなかった。
 そして男の腕に付きまとっていた魔法道具のようなものが化粧になり、消えていく。
「私の我のオーパーツが…… もとより贋作であるために、性能もこのようなものか……」
 オーパーツとやらを見て、男は笑っていた。
 ネストは、眠るようにして目をつぶった。
「一件落着だなタスク、本部にはどう説明する?」
 エマは、先頭によって、めちゃくちゃになっていた食堂を眺めて、あきれ返っていた。



「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く