最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

アフターエンド



「またしても、俺たちは神を倒すことはできなかったな」

 孤高の丘で一人の男がそういった。
 その瞳に虚しく反射するのは、彼の仲間たちの遺体、敵の残骸であった。
 中には彼が愛していた人間の姿もあった。
 ともに進むべきであると、とある男にそう説得され、共感して彼女と戦ってきた。
 しかし、その結果は――

「つい果てたか……」

 彼はこの現状を、確と目に焼き付けていた。

「私たちは――人間は、神から、旅立てばならんのだ。ひな鳥が巣から飛び出すようにな」

 彼のそれが答えでもあり、愛していた少女の理念でもあった。
 それをあざ笑うかのように冷たい風が彼に当たる。

 血だまりに、そして朝明け。

「エフカの受け売りだ」

 風が、微量な風が男の頬に当たる。

 吐き出された白い息は、世界の終わりであるかのように空中に舞っては、儚く消えていく。

「タスクよ、私はお前のようにありたかった。死んだと便りも送らずに、お前はもう三年も前にこの世界から消えているがな……」

 その声は誰にも届くことはなかった。

 世界は夜明けではなく、誰もいない暗闇へと移行した。

 ☆ ☆ ☆

 すべては闇に葬られた。
 それはすべての総括者である相座時之氏 守刄の手によるものであった。
 彼はそう“判断”したがために、世界は初めからやり直すことになったのだ。

 気まぐれではない。

 彼の存在理由である佐部タスクの魂を、現実世界へと移動させた。
 佐部タスクの魂はソウルパラドックスを未然に防ぐために、平面時空上のただ唯一、何も得ることがなかったタスクの世界線へと送られたのであった。
 真世界上のパラレル操作は、平明ヒラキの能力を応用して、確立世界への確変をしたのだ。

 ファルスワールドを三度やりなおすことが彼の中でわかっていた。
 それは、何度も同じ結末を、そして佐部タスクを“前に進ませること”が自身の魂の昇華が信念であり、彼に与えられたプロセスであり、彼に組み込まれたプログラムでもあった。

 そうして今、四度にして組みかえられた世界。



 タスクの物語が、始まった。









「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く