最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

32話




「もう大丈夫?」

 マイが頭上で小さく呟いた。シーンと静まり返った俺の部屋に、彼女の声と、俺の少しだけ引きつっていたしゃっくりの音だけがあった。
 すこしだけ楽になった俺は、ゆっくりとベットから起き上がるようにして体を起こした。
 同じように彼女も動く、そして彼女の顔を首をずらして、お互いに見つめ合った。

「うん、ははっ」

 俺はいままで泣いていたことが恥ずかしくて、むず痒くなってしまったのか笑ってしまった。彼女も同じように笑みを返すと、こう話した。

「もう大丈夫だね」

 にこやかな顔で彼女は僕を見ていた。まるでいつも見ているよと言っているように。
 ちょうど二人に橙色である秋の夕日が眩しくもないような控えめの明るさで照らしていた。久しぶりにたくさん泣いてしまったのか瞼が腫れているのがわかった。

「そうだな…… たくさん泣いたらお腹空いちゃったわ」

 ちょっとだけ気を間際らすように、俺の瞼を擦りながら言った。

「よしじゃあもうすぐご飯だし、いっしょに食べにいこ!」

 健気に彼女は、陽気な声で誘う。
 どんよりとしていた今までの俺を照らすようにそう言った。。

「ああ食べに行こうか」

 俺はまたしても、彼女の太陽のようで包容力のある彼女の笑顔に救われてしまったのだ
 彼女は、よっこいしょと掛け声をあげて俺のベットから出た。俺も同じようにベットから出ると、二人はいつものような夕食があるダイニングルームへと足を運んだ。



  その途中である。



 ポケットに入っていた俺の携帯端末に着信が入った。



 ここで時を止めさせていただく、これから先は、ただの希望が極薄な状況下の地獄だ。
 そして終わらない戦いへの扉がここで開いたのだ。いいやこれは執行猶予付きの冥府の門である。誰が罰を持ったということではなく、誰かのせいというわけでもなく、ましてや誰かの処罰でもない。そしてこれは全ての滅びへの第一歩であった。
  この世界の終わり、そして全ては……



 着信は作戦指令室の伝達係からであった。
  内容を要約すると、

『REINAが不可解な文章を読み解いた。その巻物の内容…… 明日、とある戦闘集団がマイを攫いに来るということ。襲撃に合わせてマイを死力を尽くして護衛すること。現、沖永良部島で戦っているAランクの連中がここに来るまで、俺一人で対処すること。正午00:00に作戦は開始される』

 というものだった。喜望財閥のバックグラウンドであり、俺が元に所属していた、ESP学園という名の超能力部隊教育所である。となるとマイのお父さんが彼女を守るためにと、その自身の手中にある組織を使って守るということだった。

  戦闘を開始するのは、俺が通っている学校である。あの何も変わらないような日々であったあの日常が、いとも簡単に壊れてしまったことに俺は少しばかり気分が落ち込んだ。

  そんなことよりも、なぜマイが誘拐の標的になってしまうのかという点について、ここ一番の不可解な点について考えた。マイがこの喜望財閥の令嬢であるということで、莫大な身代金を強奪するためにわざわざ仕掛けてきたのか……? いいやそんなこの日本の背景を牛耳っているような財閥にたてつくだなんて、そんな身の程をわきまえないような人間がいるのだろうか。どこもかしこもここの希望財閥のマークが貼っているこのご時世に、そんな常識を知らないような人間はいないと俺はそう考える。

  この財閥に歯向かえば俺のようなESPが存在そのものを無き者とすることも、たやすいことなんだろうと思う。現に何人もの、この日本を改革しようとした集団(数年前のニュース記事では武装集団とあった。まさにテロ組織だ)をわずか一日で解体させた。なんともえげつないところは集団と成長していったところまでを監視しながら、これからそのような集団ができないようにと、見せしめとしてテロ集団を叩き潰したところである。

 正義と言うものは案外このようなものであると、歴史で勉強していた。

 詳しいことはわからないけれど、政治の世界すら彼女のマイのおじいさんが全て操り人形のように、この国自体を総理さえも操っていると聞いたことがある。
 そしてあのESP学園で頂点に立った俺が、彼女の舞の警護をしているのだ。そんな最強の布陣を前に、おいそれと彼女をマイ奪取するなんてことは正気の沙汰とは思えない。
  ここまでリスクを背負っているからには、何か……
  彼女に何かがあるということなのか…………?



 自らの存在すら捨てていくのかと、自己解釈を混ぜた推測をする。

  
 ここはダイニングルーム。
 マイとご飯を食べた後に、彼女に話をすることにした。どうやら執事達も知っていたようでマイ以外の人物達とは話は早かった。

「マイ、これからとても大事な話があるんだ」

 できるだけまじめな声音をして彼女にこれからどのようなことがあるのか、あらかじめ察せるようにしていた。彼女は俺のそんな表情に少しだけ驚いて、彼女もまた引き締まった顔立ちで俺の言葉に反応している。

「どうしたの?」

 それは、食事が終わったすぐ後のことで、食卓をマイと俺が囲っているときである。俺の他の執事達も俺の背後に、そして彼女の背後に着くと、俺の話すことを黙って、そして彼女の質問である。

「君を狙って、とある集団が君を攫いに来る」

 できるだけ端的に、わかりやすく、そして彼女ができるだけ混乱しないようにとゆっくりとした発音で話した。
  マイは視界を一度、俺から外すと、数度のまばたき後ゆっくりと俺の目と合わせた。

「え、どう…… どうして? マイなの?」

 彼女はまるで意味がわからないと言っているように、目を大きくさせて訴え抱えるようにその身を揺らして俺に質問を返した。
  そりゃ誰だってこんな質問をするだろうと、このような状況下でならそんなことを思い付いてしまうだろう。
 彼女のお父さんは海外で暮らしている。時たまに彼女の姿を確認するためにも月一、二日で帰ってくるそうだ。実は彼女と話す前に彼と話をした。どうかマイを守れとの命令があった。それは俺が彼の傭兵でもあり、彼女の一番そばにいる人間だからだと言っていた。

「それはわからないんだ。分かっているのは名前くらいだよ。でも大丈夫だよ絶対になんとかしてみせる」

 彼女にそれがどれほど小さくて、俺の眼中に入っていない相手なのかと分からせようとちょっとだけ明るめのトーンで言った。それは、彼女の心の負担をできるだけ軽くしようと、彼女にそれは俺の敵ではないと察しさせてしまおうと考えての行動であった。
  もちろん、相手がどれだけ強いかなんて俺にはわからないことであった。それはどうしようもないことでもあるが、しかし絶対的に倒すためにも、ここで自身に彼女を安心させるという”枷”を作らなければ、彼女を守るだなんてできないだろうという身勝手でとても無責任な判断でもあった。
 それを彼女は見抜いていたのかもしれない。だからこそ彼女は俺を信じるように

「わかったよタスク、いつも言ってるけど無理だけはしないでね」

 そんなことを言っている彼女は少しだけ何かをごまかしているように見えた。
  彼女の表情を見ながら俺は彼女に何をさせているんだろうと落ち込んだ気分を見せないようにポーカーフェイスになって、彼女にまた甘えるように笑顔で答えた。

「ああ、無理はしない」





 俺はお風呂に入った後、部屋に戻っていた。
 なんでこうなるんだろうかと、自身の行動の裏目に出てしまうことに嫌気がさしながら、それでも彼女を守るべきだと自身に言い聞かせた。
 身が軋んでしまいそうな強迫観念の気分が沸きあがりながら俺は眠ることにした。
 そして今までのただひとつであった、変わらないもの青春が明日で終わってしまうのかという、夏の季節の終わりごろに感じる焦燥感がむくむくと胸に募っていく。
  そしてベットに転がり、鬱々とした気分を眠ることによって解消しようとした。
 だんたんと、霧が立ち込めるようにして眠気が襲ってきた。
 そしてばったりと眠ってしまった。








 ハッと気づくと、周りは白い雲のようなものが立ち込めていた。
  まるで空の世界といえばいいのか、自分すらも浮いている場所でひとつの声が聞こえた。

「よう」

 ぼそっと聞こえる声は、生気がまったくとなく。
 しかし、その超えは、全くと狂いなく、疑いの余地なしにそれは、その低い声は……
  
「だ、誰だ!?」
  
  俺の声であった。

「『俺の声であった』なんてお前は思っているんだろう。まあわかってるさ。なんだって”俺のこと”だからな」まるで未来をいや、自分というものを嫌悪しているかのように、それは嫌味に染まった印象のある言い方であった。イライラしているのかギィっと歯軋りをして「クソったれなほど綺麗な瞳をしやがっておめえは主人公かよ。っていうか”ここ”の、主人公だったなお前」

 そう言い終ると鼻で笑ったのか、小さな笑い声が聞こえてきた。
  目の前に立っていたのは、俺だった。
  しかしそれは”俺”とは細かなところは全くと違うものであった。
 
 まずは世界全てを恨んでいるかのように死んだ魚の腐った目であり、何もかもを無常に切り捨てるような何も写っていない目だった。不健康そうな顔はまるで何年も監禁生活を送っているような不精髭に、汚らしく肌はいくつものできものによって覆いつくされていた。体中に傷という傷の痕があり、まるで尋問にあっていたのかと、聞いてしまうかのようにボロボロであり、それを印象付けていたのは、切り捨てられたように無くなっている右足と、その細い体を支えている松葉杖である。
  全くと俺と違う人間である。
  いいや”それ”は、俺であった。

「なんだか、自問自答しているようだな…… まあ俺がいつもしていることだけど」

 ドュフと、口を軽くあけて彼は、いや俺は笑っていた。
  見ているだけで周りの物体に人間に環境に、不幸を撒き散らす醜悪の化身であると、そんな感想が直感的に出た。
 言葉の節々から感じ取れる、ナイフのような無尽蔵に罪のない人間を切ってしまいそうである。守るべき信念も、大切なものが無い。無敵の人間だ。
  いままでぞっぽを向いていた視線は、ギロッとこちらを見た。
  まるで羨むように、しかしそれには嫌悪をするような眼光でもある。

「ったくよ、これじゃあ対局すぎてよ。俺はお前がどんな人生歩んできたのか知りてえよ」

 まあ知ってるんだがとそう言って彼はその口を閉じた。

「ここはどこなんだ。そしてお前は誰なんだよ?」

 俺は、それに招待を確認した。知っていたがしかし、聞いてられずにはいられなかった。

「まあ、お前の”元”の俺だよ。そしてこの世界、ファルスワールドの創設者でもあり、全ての黒幕でもあり、俺の世界で、常世すべての悪『現代のアンリマユ』たる称号を与えられた人間。俺が死んだ未来だと不幸の債務者なんて呼ばれ方だったな。なんせ世界相手にたった一人で喧嘩を売った唯一の愚者だぜ。自分でも自らの行いに笑っちまうよ」

 ったく、クソオタクどもが不名誉な名前なんて付けやがって…… 不幸だぜと。
 大胆不適にそう言った。それの目には何も映ってはいなかった。








 

「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く