最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

30話




 ”あそこ”でもそれなりに勉強をしていた俺は、特に何をするわけでもなく、ただ普通の生徒と同じように勉強をこなして、一日を過ごした。別に一日の半分以上をずっと座っているというのもなかなか新鮮ではあるが、いかんせん体がなまってしまうかと、最初のころは心配になったが、今となってはなんとも思わなくなっていた。

  その日の学校は終わった。俺とマイは家へと帰るべく、学校から抜けて駐車場までの通学路に行こうと歩いていた。

  年相応で普通の高校生活というものは、勉強が大半を占めているらしい、なんせ彼らはちょうど受験のシーズンであるからだ。俺は受験と言うものをあまり詳しくは知らないが、これらが今後の人生に大きく影響されるとマイは言っていた。マイは元から頭が良かったらしく、受験する必要もなく財閥のお嬢様というだけで推薦が来ていると言っていた。彼女もこれが最後の年の高校生活ということになるらしい。となると俺は彼女と共に歩まなければならないため、同じ大学に行く必要があるな。剣先生にでも裏口で入学させてくれるように言う必要があるんだろう。

  ここまで普通の生活というもに馴染んでいると、心がこっち側に吸い込まれてしまいそうな気がしてならない。いざというとに俺という人間は、動けなくなってしまうんだろうか。いまこうして、マイと渡り廊下を歩いているその瞬間に、連中が攻めてくるとなると焦る気持ちがわずかながらにあった。

  それを見かねたマイは、俺に気を使っているのかいつものように話しかけた。

「タスクぅ、今日はさ美味しい食べ物を食べに行こうよ」

「あ…… そうだな。美味しいものだなだな」

 暗い気持ちを取り払って、彼女の話を聞くことにした。

「うん、バス停前で新しいお店ができたんだよ。そこのパフェがなかなかに美味しいんだって」

 ここはテレビで出るような東京のような都会ではなく、移動手段はバスが大方である。電車も地下鉄があるわけでもない。それはここが離島であるからだ。しかし都市としてのまあまあな設備はあるので、娯楽と言うものに飢えるということはあまりない。

  気付くと駐車場エリアまで彼女と歩いていた。

「ところでパフェってなんだ?」

「焼いた生地をくるって巻いて、その中にクリームや果物を入れるあれだよ!」

「なんだか恵方巻みたいだな」

「え、恵方巻じゃないよー!」

「わかった、軍艦巻きだな!」

「お寿司ネタから離れてー!」

「マイが今履いているやつだな!」

「それはパンツ! ここまでくると一文字しか合ってない!」

 こんな感じで彼女と喋りながらポツポツと歩いて通学用の車両に着いた。そして彼女を後ろの座席に座らせるために、後方のドアを開けた。

「マイ、どうぞ」

「パフェ絶対行こうね、私楽しみだよ」

「分かったわかった」そう言って俺は彼女が車に乗ったのを確認すると、ドアをゆっくりと占めた。
 そして俺も、運転席へと入ると、彼女が乗っているかバックミラーで確認して、そして車のエンジンを入れる。どうやらこの車両には特殊コーティングが施されているらしい。アメリカの大統領が乗るようなガッチガチの装甲ではなくとも、それなりに頑丈に作られていると運転しているとわかる。
 
 マイのお父さんは、どれほど用心深いのかその一端を見た。そしてエンジンを付けて、サイドブレーキをあげて車をバックさせて、止めていた車両から抜け出した。

  そして、県道前の歩道で止まり、左右を確認していると、マイがこちらへと話しかけてきた。

「そういえばさー。きょう、マイ宛にってラブレター貰ったの」

「へ? 誰から?」

 あまりに驚いてしまった俺は、歩道からはみ出る前に少しだけブレーキを押してしまった。持ち直せる
ほどの弱いブレーキだったため、マイに驚いてしまっっているとは感づかれてはいない。思わず後方確認用のミラーで彼女の顔を確認した。

「なんだか字がさ、昔の字みたに筆記体で書かれているの」

「変ないたずらだな、しかしまあラブレターではないんだろ?」

「えへへ、うん」

「……ちょっと驚いてしまったよ」

「たしかにちょっと動揺してたよね」

 彼女は、後ろの席から身を乗り上げるように俺の顔へと近づいてきた。

「し、してねえよ」

 ばれてたのかよ。彼女は俺の顔を見て少しだけニヤリとしていた。
  無理矢理話を変えるように、彼女にその手紙のことをもう少しだけ詳しく聞いてみた。

「昔の字って、どれくらいの昔の字なんだよ?」

「うーんと、たぶん江戸時代くらい?」

 中立ちで乗り上げた状態から、彼女は座る位置に戻り、首をかしげながら、そんなことを呟いた。

「だいたいの内容はわかったんだけど、えっとねえ……」

 カバンからその手紙と言うものを広げて、彼女は手元で広げていた。
 やっぱり頭がいい彼女は、そんな俺が見ても記号の文字としか認識できないものを、大まかに理解することができるのか……

「『おまえを、偽物。世界から、つれだす絶対』だって」

 お前は何を言っているのかとそんな拾い画で見つけてきた感想が浮かびつつ、道路わきに車を止めて、彼女の顔を背中から振り返るようにして確認した。そしてそのふざけた紙を俺も見てみたいという好奇心が芽生えた。

「ちょっと物騒だな…… 俺にも見せてくれないか」

「うんいいよ。べつにマイはタスク一人だけだから安心してね」

 彼女は、そんなことを付け加えて、俺へとその手紙というものを渡した。

  それはなんというか、時代錯誤という言葉がぴったりとはまっているような、そんな何百年も前の手紙であるかのようだった。紙が古いというわけではなく、物自体は比較的最近になって作られたような代物である。しかしそのありようがどうも古臭く感じたのだ。そして何よりも、やはり好奇心が、何が書いてあるのかと、この目で見たくもなった。この自身の目で。

  内容、というものは俺にはまったくとわからないものであった。しかしなにか執着心のようなものが文字からその、蛇のような文字から感じ取れた。まるで掴みたいものを掴むためにと、いまにでも、”それ”を掴もうとしている。そんな恐怖にも似た、執着。

  たしかにこれを、受け取ったのは、俺個人による好奇心というものであったが、しかし、この中身を見ると、嫌な予感と言うものが俺の中で渦巻いてきた。まるで何かが、大きな何かが始まってしまうかのような、そんな予感だ。

 そんな予感を振り払おうと、彼女にこの巻物のようなものを、もしかすると、大事があるかもしれないと、そんな危機感を感じて、俺の方で貰っておくべきである。

  然るべきところで、それは俺がいた”あの人”に相談するべきである。

「マイ、これは俺が預かっててもいいか?」

「いいよー、それよりパフェ! パフェ!」

「よし、じゃあ行きましょうか」

 嫌な予感、いいやこれは不安か…… それを彼女は見事に振り払うかのような、無邪気な姿で笑顔で振る舞いで俺を元気にさせた。そんな彼女のために、それなりの感謝がある俺は車を再度発進させた。

  あとでこの巻物のようなものは、本部へ、”あの人”へ送る必要があると、これからの絶対忘れてはいけない頭の領域に情報をしまっておいた。


 そして車は、バス停前の小さな出店へと到着した。店の横にある座敷スペース後ろに車を止めて、マイと共に、店前へ。

  二人でメニューを考えて、店番をしているお姉さんが、早速生地を焼き始めた。巧みな機材の使い方をマイは興味があるように見ていた。生地の焼ける匂いが、ここら一帯に広がって、いい感じに小腹が、空いていたところだったとお腹を擦っていたらいつの間にか二人分のパフェと言うものができていた。てきとうにドリンクも頼んで座席エリアで二人して座る。こういうものにあまり知識が無い俺は、彼女が食べるようにして上からかぶりついた。

「どう?」

「……これ美味いわ」

  もぐもぐと口を忙しくさせながら感想を聞いてくる。まあまあ美味しかった。マイも満足できたようで、来て良かったなと、彼女のほっぺについているクリームを見てそんな感想が生まれる。

  持っていた彼女用のハンカチでお口を拭いてあげる。

「もう、マイは子供じゃないよ!」

「まったく、くぁわいいなマイは」

 ぷーと彼女はそんな顔になるも、パフェを一口食べて、たちまち、その顔は笑顔満天になった。彼女が幸せそうでなによりであった。











「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く