最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

29話




 時を遡ること7日前。


  俺はマイの豪邸へと住むことになった。それは彼女の家でもあり、彼女がこれまで数十年間寝起きしていた家ということになる。最初に三か月前に彼女のこの屋敷に来たときはあまりの大きさに、このいままで住んでいた動物の小屋のような部屋とは全くと部屋という文字のへの文字が俺の頭の中にある辞書にはないほどの大きさの家であったのだ。

 あまりにも早大に大きすぎて俺は彼女の前で驚きを隠せない人間であったが、しかし彼女のようなお嬢様であれば、テレビでやっているドラマのような屋敷を持っていてもそれはそれでなんとも思わないほどである。
 
 だいたいとして俺の6畳あるトタンハウスの軽く千倍はあるのではないのかというほどにお退き話に出てきそうなほどに大きかったのだ。

  彼女と部屋を一緒にするのはまあ無理ということになった。部屋だけでも俺が住んでいた屋敷トタンハウスよりも2倍ほど大きいのである。ここまで大きくなってくると俺はここで運動を、それは一人運動会を開いてしまわないか自分でも心配になるほどである。

  あまり大きな部屋になれないのか、ここに住んで2か月間ぐらい経つがまったくと馴染めないのである。しかもあまりにもベットがふかふか過ぎて寝付けない。こればっかりはどうしようもないので仕方なくとも寝ることにしていた。
  彼女の部屋が隣ということもあるため、彼女がいつ襲われてもある程度は対応出来るだろうとの配慮であった。
 マイは俺と一緒に寝たかったらしいが……

「マイ…… おはよう」

 俺は自分の部屋を出ると、ちょうど彼女も俺と同じタイミングで部屋を出たらしく、お互いに寝起きの顔を眺め合った。

「タスク…… おはよ」

 マイは子猫のように目をグーの拳裏で擦っていた。しばらくして彼女は意識がしっかりしてきたのか、俺の存在を確認するやいなや、ふあーっとこちらにも移りそうな大きなあくびをした。
 彼女とこうして話しているというのも、彼女と共に(ユウもいた)暮らしていたのが少しだけ昔のようにも感じてしまう。それだけ人が住む場所を変えるということは、その人の成長を促すんだろうなと、ここで気づいた。

  そして彼女から一言。

「タスクぅ…… 今日って何曜日だっけ?」

「今日は土曜日だよ、月で唯一の第二土曜日だから心配はいらない、学校は無いよ」

「よかったあ、もうちょっと寝てもいいかな」

「うん大丈夫だよ」

 彼女は、あれから学校というものに行くようになった。彼女は俺とあの出会いをする前は学校というもに行かない人だったという。俺とのあの一連の騒動と彼女と暮らしてみて一体全体、彼女に何があったのか、彼女にどんな変化をもたらしたのかなんてのは俺には分からないけれど、しかし彼女がこうして率先して行動するのはやっぱり彼女の変化なのではないかと僕は考えていた。
 『また後でね』と彼女は一言添えて、俺の部屋のドアを開ける。それは、彼女は俺の部屋へと入ろうとしていたのだ。

「ちょっとそこは俺の部屋だよ」

 ツッコミを入れるようにして彼女を、自身の部屋へと送っていった。

「えへへ。ここで一緒に寝ようよタスクぅ……」

 肩を掴んで彼女の部屋へと入った。女の子の部屋特有の甘い香りが広がり、俺はすこしだけその匂いに体が熱くなっているのを感じた。あれ俺ってこんなにまで溜まっているのか? いやいやさすがに変な考えは捨てるとあれほど自制に自制を重ねてきた男なんだ!

「ダメだよ、この前、俺の部屋で寝てしまった時に希望さんにこっぴどく怒られただろう」

 やれやれと僕は彼女のベットに倒れる姿を確認しながら、そう答えた。

 この前とは、ここの屋敷に来て日が浅いころに彼女が俺の部屋へと寝ぼけて入ってきたときの話である。俺は自分が起きたときに彼女がこの部屋に来ていたと分かったため、俺にはこの不可抗力はどうすることもできなかったのだ。そのあと彼女のお父さんに怒られてしまった。二人共にである。

「むふっ。お父さんはタスクに嫉妬してるんだよ」

 倒れ込んだ体を仰向けへと移動させると彼女はそう言った。

「普通は自分の娘が見知らぬ男性と共に寝ていたなんて知ったら起こるものだよ」

 なかば呆れるようにして彼女のベットに座り答えた。

「いいじゃん、明日も休みなんだしぃ……」

 いやいやそれは今日の夜に言うセリフでしょう! しかし怪しからんなあ!!

「じゃあマイ分かったよ、寝るまで一緒にいるよ」

「もーう…… まあいいや、むぎゅー」

 俺も彼女の横に寝そべるようにして体を倒した。すると彼女はちょうど俺の頭のちかくにいたらしく、腹で俺を抱えるようにして抱き着いた。ちょっとだけぷにゅぷにゅな彼女の体、つまりは腹のやわらかいものが俺の正面へと広がっていたのである。

  とっても高いボディーソープの匂い、バラの匂いであった。そんな匂いに彼女が少しだけ大人になったような、小さく焦るような気持ちが芽生えてしまった。

  なんだろうか…… 日に日に変わっていく彼女に俺は寂しいんだろうか。いいや違う。多分だけれど彼女が変わっていくことに、俺はどこにも行ってほしくないとそう思ったんだろう。べつに彼女と長くいたわけでもない。それこそ幼なじみのように。
 彼女といままで、あの事件の前のことの彼女なんてちょっとだけ彼女から話を聞いた程度で、全くと言っていいほど知らないのだ。
  俺は彼女がいつも甘えているように、俺もまた彼女にできるだけわからないように彼女に抱き着く形で抱きしめた。

「私を放さないでねタスク」

「そうだな…… マイを絶対に離さないよ」

「ありがとう。タスク大好き」

「俺もだ。マイが大好きだ」

 両腕を彼女に抱き着くようにして回した。それに彼女は少しだけ俺の方へと体を寄せた。そして彼女のお腹の音をききながら待機していた。
 それから数十分ほどして彼女が眠った。俺は、彼女の部屋を後にした。


 自室に戻り特に何もすることもなくただボーっと時間を過ごしている。ここに来て俺は何か始めるべきかと考えていた。それはマイが友達とバンドを始めたと聞いたからだ。
 もとからマイは音楽が好きだったらしく、今度パーッとやるから発表会に来てほしいと彼女に言われたっけなあ。
  しかし、”あそこ”で闘うこと以外に何もしていたという俺ではない。まあゲームはかじる程度にしてはいたが、どうやら文明の進行具合が、”あそこ”とここでは五年ほどの違いがあると、感じている。まるでど田舎に住んでいた人間が、それなりの都会に移動してきたかのようなそんな感覚であると、上京を題材にした本から例えを引き出した。

  友達を作るのはどうだろうかと考えてはみたが、彼女と一緒に学校に行っても同じ生徒たちとはあまり仲良くはできないんだろうなと、かすかにそんなことを彼らの動向を見て確信していた。明らかにこの平和を何も起こらない平和を骨の髄までしゃぶり尽している彼らとは違った世界を、それは人が死ぬような世界を味わってきた人間がおいそれと、彼らと一緒に仲良くできるのかと考えると、ライオンと飼い猫を両方飼うようなもので、人種が違うことに多分、俺が疲弊すると予測できる。もとから女の子から話かけれるような(ユウから)若干人見知りの入った人間からすると、やっぱり俺は人づきあいがダメなんだろう。

  正直こんなことを考えるのも今更すぎるので、筋トレをすることにした。

 それからマイが起きたので、二人でぐーたらしながら一日が終わった。まあ今、俺にはマイしかいないのだと考える。でもこうして彼女と過ごす平和な時間もそれはそれで悪くはないとそう思いながら、俺は一日を終えた。

 それから同じような日曜日が過ぎ去ると学校が始まったのだった。
  あいにく車の免許を取得していた(裏の事情で取得しているのである)俺は、彼女を送ることも護衛任務の一つとなっていた。まあここまで二人で一緒にいると無言もだんだんと増えてきた。まあこれが安心感のようなものなのだろうかと、俺はそんなことを思いながら彼女をしっかりと高校まで送ることができた。

 彼女の執事のようでもあり、しかし彼女と近い距離にいるということもなかなかいいものでもあった。まあ俺のようなものには彼女のような首輪が必要なんだろうと、そんなことを思いながら、しかしこの現実を楽しみながらも、彼女と学校に入った。まあこれが日常である。特に変わるわけでもなく、何かがあったりするわけでもなく、ただ平凡に時が過ぎ、そして定時になるとこの箱庭から家に向けて変えるということである。

  こんな日常もまあ楽しめたのだ。彼女がそばにいるってのもあるけど、やっぱり多分だけれど(他人事のようだな)、こんな日常もあってもいいのだ。

  しかしあまりにも浸かりすぎていると、頭が平和脳になってしまうんだろうかと、ちょっとだけそんな心配もしたりしてみた。いざというときに反応ができなくなってしまうんだろうかと。


  そういえば一つクラスのなかで俺の噂が広がっているんだそうだと、隣の会話から聞いた、というよりか聞こえてきた。しかしなんだ俺が聞こえるところで噂話をするもんじゃないだろうと俺は、ちょっとだけ呆れながらも、その内容を聞いていたのだ。

  俺は、どうやら彼女(噂話をしていたとなりの女の子)、「マイの凄腕のボディービルダー」ということになっているらしい。ってなんだよそれ、彼女のボディービルダーって俺はこの筋肉をマイのために見せつけているのか? さすがに俺は笑いをこらえきれず横の女の子を見ると、「ただの執事ですよ」と言っておいた。

 しっかしなあ…… それを言うならボディービルダーじゃなくくてだなボーディーガードだろうに……

 そのあとちょっとだけファンが付いた。












「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く