最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

第二章 マイ救出編 28話


「俺は、この侵入達を排除するということでよろしいでしょうか?」

 右手に持っていた極秘資料の大印鑑が付いている資料を目の前にあった簡易長机に置いた。それなりの(一般的な辞書サイズ)分厚さがあったが、ものの数時間で頭に入れることができた。
 中身はここにいる人員のスペックと、枝分かれ式に展開されている作戦内容が記されている。こういう資料を眺めるのはあまり得意ではなかったがまあ一文間違わずに頭に入れることができた。


「ああそうだ、今回はタスク、途中まではお前一人での出動となる」

 目の前の机を挟むようにして簡易椅子に座っていたのは俺の恩師である剣ミサキである。

「一人ですか……。 まあ俺はそれなりにやりますよ。一応”あの”ランク祭でトップを取った人間でもありますし、もともと俺たちは少数精鋭で輝くような人間ばかりですから」

「もっともで、なかなかな大口を叩いてくれるな」

 ニヒルに彼女の口元は上がった。

「あれぇ俺ってこんなキャラでしたっけ?」

「そんなものはしらん」

「ですよね……」

「おとといの鹿児島離島特区の沖永良部島で類別:アンノウンとの戦闘が行われて、ちょうど今から二時間前に戦闘が終了したとの通告が入っている。安心しろAランクの新鋭たちがこちらに向かっている」

「へえ…… 沖永良部島で大事があったあとに、一息する間もなく、Aランクの能力者をこちらに呼ぶなんてかなりの大事になるんですね。しかし数年前の資料に記されていた少女ようなアンノウンっていまだにいるんですか?」

「さすがに知らん。私にもわからないことだらけでな。……なるほど丁度お前がESP学園に入った年のことか」

 資料を見ながら彼女は器用に俺と話をしていた。

「そうですね4年前の話ですね……」

「あれとは全くと資質が違うぞ。お前たちのような、能力の類ではないと報告書にはそう記されてある。存在そのものが能力の具現化であると書いてはあるな…… 画像はぼやけすぎていて話にはならないしな」

 横に階段積みされているような資料を手にして、一目見ると彼女はそう呟くように発した。

「なんですかそれ、やめてくださいよ。まるで神話や妖怪談に出てくるような化け物がこの世界にもいるってことになりますよ」

「なかなかそれはそれで面白いだろう」

 底意地の悪い笑みを彼女は浮かべていた。

「この人から戦いたいよオーラが出まくってるよ!」

「資料に書いてあることにケチをつけるのか。しかし何を言っているそれは元からだぞ」

「開きなおならないでくださいよ…… 先生って戦闘が大好きなのになんで現役を辞めたんですか?」

 会話をつなげるためではないが俺は咄嗟にそんな過去を詮索するような質問をしていた。口に出た後で俺は少しだけ公開するような気持ちになった。

「まあいろいろあったんだよ。しかし私たち”能力者”が、この”世界”の裏側の人間であったと思いきや…… タスク世界は広いぞ」

 とあるクーラーが効いた一室。俺は目の前にいる一人の恩師と、これから展開される作戦の説明を受けていた。俺は学園外で戦闘を行うのは五度目ということになるのだが、いまだに慣れていないのか少しばかり緊張する。
 ここでの初めての実戦は、俺がとある女の子を警護する護衛任務のために通うことになった七花高校で行うので、作戦は念入りに行わなければならない。ここの土地勘があまりまだ頭に入っていないのに、ここで作戦を展開されるのは俺にとっては、なんともまあ緊張するのだが、敵がここに攻めてきた。
 こうして、彼女をさらうためにと、わざわざ公言をしてまで、日にち時刻まで狂い無く、ここまできっちりと果たし状のようなものを送ってきたのは、俺にとってはいいことなのだろうと(突然と来るのがデフォである)自分に半ば言い聞かせるようにして、自分を騙すことにした。
 ここにきて俺がどのような長すぎる独白をしていたのか、なんて思い出せない大事件が発生しているが、しかしこれは作者の技量の問題であるため俺は思考をあきらめるように、この心の声をはさみで切るようにして急止した。

「そうだタスク。お前に渡した資料の通り、お前の彼女さんはこちらで保護することにした。こんな人員が少ないまともな状況ではない中、彼女の護衛ぐらいはな」

 つまりは、この作戦は、Aランク新鋭たちが来るまで俺はこの戦いをしのぐことができればいいとのことだった。しかし今の俺にはそれなりの自信があったため、まあ片付けられるだろうと確信的に俺はこの作戦プランをもう一つ用意していた。

「そうですね、マイのことはよろしくお願いしますね」

「ああ、任せておいてくれ」

  すると背後から彼女の、剣ミサキの言葉が俺の後ろから聞こえてきた。

「タスク…… あまり無理はするなよ」

 少しばかり考えたあとのような声が俺の背後から優しい声音で耳へと入ってきた。

「大丈夫ですよ。こう見えて俺は慎重派な人間ですから」

「出動まではまだ時間はある。まだ少しだけ話をしないか?」

「いいですよ、僕もちょうど話し相手が欲しかったんです」

 そう言って俺は、彼女の目の前の簡易椅子に座ることにした。
 そして少しだけ彼女は考えるような、目を上にする動作のあとで口が開いた。

「お前ここの生活はどうだ?」

「ここの生活ですか…… ”あそこ”にいた頃とははあまり変わりませんよ」

 変わらないというよりは、変わらないようにしていたということでもある。しかし住む環境が変わってしまったため、どうしてもそこらあたりの気の持ちようや、やっぱり少しだけこの環境に慣れないということもある。しかしそれはその問題は、日にちが解決するものだと承知しているのでそこまで考えるようなことでも無かった。

「にしては、少しだけ大人びた雰囲気になっているぞ。まるで久しぶりに買ったジャンプのアンピ〇スの私は空島編までしか読んでなかった読者が、エース救出編の後のキャラの変貌ぶりを見ているようなそんな容姿の変化だ」

「ダイヤモンド族のエース救出編って…… 一番感動的で見逃したらいけない章じゃないですか! それ以降ってたしか作者が意図的にキャラのデザインを変えたところですよね」

「それは知らん、なんせ私のジャンプ知識は一五年前ぐらいまで止まっているからな」

 ジェネレーションなギャップを彼女と感じながらも、しかし、剣先生と久しぶりに話すのはやっぱり楽しいものであるなと、この場でそんな感想が出た。ジェネレーションと口に出そうになったのを俺は唾を飲み込むことによって無理矢理回避することに成功した。

「先生、話は変わりますが、熟練のあなたが鑑みるに戦闘エリアの重点箇所とか教えてくださいよ。自分はあの時代錯誤な果たし状を見る限り、忍風〇戦隊ハリーケンジャーみたいな忍法を駆使してきそうなので、やっぱり森の中でニンニン!って感じですかね」

「しかしお前はサラッと掲載するのにすれすれのことを言うもんだな。そうだな、まずは森が多い点、相手も八咫烏ヤタガラスという組織は、うちのREINAの詮索では不可能な組織として情報は一切公開されることのない組織だ。そんな甘い推測はお前の身には危険だぞ。とにかくだ、相手のペースに飲まれないようにすることだ。特に多数が相手の場合はな」

「それはわかります、心配性ですね先生。これだけこの地域がこの学校が森に囲まれているとするとゲリラ戦になります。もしマジの忍者なら勝算はいくら能力者でも五分五分ですかね」

「なあに、”あそこ”でしこたまやり続けた訓練の通りにやれば、問題は無かろう」

「あなたとの修業は、いまだに教訓としてありますよ。特に先月はいろいろありましたからね。こんなところで言うのもなんていうか…… 本当にありがとうございます先生」

「旧ソウルの話か…… 今度の機会にでも追々話を聞かせてくれ。しかしまあ別に、私はお前を導きたいという自分の魂に従ったまでだ。チャンスをものにしたお前のおかげでもあるんだ。わたしこそ、過程はどうあれ良いものを見せてもらったよありがとうなタスク」

「なんで先生ってそんなにまで、男勝りいやそれ以上にかっこいいんですか?」

「女子に対して、そんな評価は、ナンセンスだと思わないのか…… まあ私がカッコいいのは自分でもわかりきっていることでもあるがな」

 ふふんと、彼女は少しだけ筋肉質の包容力のある胸を突き出した。

「そういえばユウはどうしていますか?」

「元気にしているよ、あいつは彼氏がいるから心配は無用だぞ」

「そうでしたっけ…… まあ俺にとっては妹のような存在ですからね」

「元気がなくなっているようではあったが、最近持ち直したようにふるまっているよ。心配はいらんよ」

「それは良かったです。先生ユウをお願いしますね。あいつは案外寂しがりやですから」

「本当に兄妹のようだなお前らは」

「あとマイのことも」

「ああ、しかしだなタスク。本部からの命令にケチをつけるつもりは毛ほども無いが、ここでマイさんを守るためにと堂々と敵を迎え討つとは何かおかし……」

「……先生どうしたんですか?」

「いや…… なんでもない。今のは忘れてくれ」

 すると彼女は少しだけ顔色が悪くなっているのを俺は気が付いた。どうしたんだろうか?

「そうですか。先生急にどうしたんですか?」

「大丈夫だよ、たまにめまいがあるんだよ」

 彼女のカラ元気を絞り出すようなそんな声の出し方に俺は心配になりながらも、もしかすると剣先生は、心の何か昔の傷に感傷しているのかと、考えついた。それは俺にもたまにあるようなことであったため、その彼女の些細な行動から共感覚のように感じ取れた。ここは彼女一人だけにするのが得策なんだろう。

「先生そろそろ俺は行きます。お話に付き合ってくれてありがとうございます」

「ああ、存分にやってこい」

 できるだけ彼女は苦痛を見せないように俺に話しかけていた。彼女の状態を心配しながら俺はこの席を無理矢理に立った。


 そういうわけでそれから時間が経った後、俺一人による作戦行動が開始されたのであった。













「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く