最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

6.5話


 時同じくして、夕日に照らされたESP学園港。
 とある厳格な顔をした巨漢の男は、多数の部下、特別能力機動隊白彪部隊の新鋭二十隊員、ESP学園治安維持生徒隊を連れ、情報のこの近海に墜落したという飛行機を探索する任務を始めようとしていた。
 ESP学園至高頭脳の生体コンピューター、通称レイナの情報によれば乗っていた生命反応は十、体温があった生物は、四つほど、武装をしているとのことでこちらも武器を準備。
 四人のうち三人は、能力者の反応があるとの予測情報、いや完全なる予知情報だ。
 その神のような予知の力を、その男は、実際の戦場で幾度となく体験したからだ。

「盾田風紀委員長、REINAから十一時の方角にあるとの通信が」

「わかった。各隊員に告ぐ、聞いての通り各自、十一時の方向に走らせろ」

 盾田は悠々と水上ボートに乗り込み、周りの青年達は、後ろから規律よく軍隊のように盾田の横に広がったボートに二人組で乗り込むと、先に出た盾田を追うようにして、水面を切っていった。


 しばらく三分くらい進むと、遠波瀬の岩場に飛行機が乗り込んでいるのが見えた。
 ある程度の自信の最大攻撃範囲に小波を切り裂いて進んでいくと、その中クラスの貨物船タイプの飛行機は両方の翼は半分からへし折れ、タコ飯を作られているように、船体は輪切りにされ、なかのコードがハリウッドの墜落した飛行機のように、暗闇の海で火花を散らしている。
 後ろの隊員たちが、続々と波瀬の岩場に飛行機から弧を描くようにして囲んでいく。

「風紀委員……」

 一人の部下が空気中に漂っている殺気を感じ取り、そう言いうが、盾田はすでに能力を発動させていた。前衛部隊の新鋭たちは、続けて能力を発動させる。

「なんやねんこの数ぅ!! ワイは救助を呼んだだけやでぇ…… なんで戦闘モードになっとんのや」

 折れた両翼の中央辺り、暗闇で装飾のように見えていた人影に気づいた盾田と隊員たち。
 その影は声を発すると同時に立ち上がると、後方のスポットライター達が彼女にライトを当たる。その女性の顔、発している言葉とは真逆の全てを嫌悪しているかのような、無表情な目つき、しかし各部のパーツはかなり整っている。盾田の中での彼女のイメージは、不気味。それが一目にしてわかるようだった。服装はかなり奇抜な夜よりも暗い漆黒のボタンシャツを羽織り、ヘソが見えるくらいまでの長さであり、腕の布生地は破られていて、そのボロボロの中にもその引き締まった乳と肉体美を見せるようなサイズが小さいのか黒の体の輪郭を描くようなぴちぴち具合である。そして軍政色の短パン。、程よく引き締まった健康的なしろい太ももが見える。

「この人数ボンクラならやれるんやけど…… 真ん中ん、おっさん。ごっつ強いやろ?」

「御名答、ここで風紀委員長をしている盾田剣士だ。ここでは私が一番強い」

「風紀委員長? ワイはようわからん学園ふぁんたじーに流れ着いたんか……」

 翼に乗っている関西弁の女性は、背中に担ぐようにして背負っていた剣を目の前に置いて抵抗はしないという意思表示をしていた。

「ほかの二名の仲間。そして人質はどうした? 念のためにお前を捉えるぞ」

 盾田は、横にいた部下にとらえるように命令する。

「二名? ああ人質はどこ行ったんやろうな……、ワイにはわからにん。二人はこの下。それとレディーには優しくしてなー」

 船底の上に、二名の盾田の部下がよじ登ると、彼女はすぐに両手の自由を奪わられ、大剣を持っていかされた。」潰れている飛行機の先端から見えるコックピットに首の取れた血まみれの死体が見えた。切れた後はきれいな断面であるため、彼女が相当な手練れであることが分かる。

「(クイッ)お前がやったのか?」

 盾田は、顎を彼女の下にある二つの死体を刺している。

「そうやで~ まあこれで仲間じゃないアリバイ作れたからええね。よっと」

 彼女は盾田の船へと飛び乗った。

「ここに乗ったらワイも逃げられへんやろ。武器もあの人が持っていったんやし」

 物欲しそうに持っていかれた大型の剣を見てそう言う。

「私、一番、二番はこいつを連れていく、他はここで人質を捜しておいてくれ」

 念のために盾田は、自身と直属の部下も一緒に彼女をESP学園に連れていくべきだと考えた。彼女のこの殺気に太刀打ちできるのは自分とこの新鋭部隊の一、二番手の三人でしか太刀打ちできないと感づいたからであった。

「そういえばワイの名前言うてへんね! このワイがあの有名な、利伊栗鼠リイリス エフカちゃんや―!よろしゅねー!」

 誰も返しはせず、彼女を乗せたボートと二つは海を走り出した、








「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く