最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

???話




 黄昏の砂丘の丘で、一人の少年いや青年が立っていた。空は砂漠の色を反射しているように、金色の色へと変わっており、南の方角からは、薄暗い世界が一秒ごとに余には媚びる悪のようにじわじわと押し寄せてくる。
  少年は、目の間の看板を一目見て、彼が住んでいたという場所であると彼の頭の中で理解をした。そして建物一つ何もない地平線を視界を回すようにして一望した。空を見上げて、この変わり果てた世界を見て、一言呟いた。

「なんだよこれ」

 いやこれはただ呆気にとられた、彼の咄嗟に出た愚痴のようなものであり、彼がまたその状況に陥ってしまったのは、自身の過去の出来事により、全てが”狂って”しまったその代償のようなものであると彼は心の中で、自信に咎めるように、言い聞かせるように、そして全てを絶望するようにその世界を、変わってしまった世界をただ見つめていた。
  前にいた世界を否定したいがためにこのような事態になってしまった。このような状況下に陥ってしまったことに、彼は心が張り裂けるほどの絶望を背負いながら、その年相応ではない小さな背中で噛みしめていた。
  夕日だというのに、周りの環境のせいなのか、彼の背中にそしてその白い頬に、一滴、二滴とじわじわと、下へと流れていく。前にあった筋肉は、彼の長年の監禁生活の影響なのか、餓鬼のような容姿へと変わっていた。顔は熱中症の症状の表れなのか、紫糸へと変化して、彼の不健康さがより一層、顕著に表れるようになっていた。
 意識は、夢であるかのように朦朧としていた。地平線は蜃気楼と、自身の体調不良のせいなのか、地を這う蛇のようにぐにゃりぐにゃりと、血が通っているように動いていた。
  唾すら出なくなっていた自分の口の中身を彼は、それでもかと空の唾を飲み込んだ。右手は機械でできているのか、やけに重たく感じていた。左足は針金のように動かない。
 なぜ自分が、ここにいるのかが、どうしてここに来たのかが、彼の頭の中には、無かった。このまま、ここがあの見慣れた土地というのならばここで散っても、彼には微塵にも後悔はなかった。自分が生まれ変われた場所、自分が自分であることを教えてもらった場所、自分があの憧れていた人になれた場所、自分が大好きだった人達が笑顔で、時に戦いながら過ごしていた場所。
 たった一つの選択でこのような自分自身に落ちぶれてしまったことに彼は、どうしようもなく、そして理解できないことが自身の体験として、こうして広がっていることに、彼はどうしようもなく、ただどうすることもできず、ただ傍観していいることしかできない自分が、無性に腹立たしく、そしてその感情が芽生えたときに、頭に劈くような頭痛が血走った。
 頭を抱えて、灼熱の大地にうずくまった。まるで何かにおびえるように、何か大切なものを失った子供のように、自我が崩壊してしまった人のように、目は漆黒のまなざしへと変わっていた。だらだらと流れる汗が、彼の目に染みているにも関わらず、彼はその頭痛を噛みしめ続けていた。終わらない地獄が彼の中へ、そして、一つ何かが目覚めたように、更なる地獄が広がっているように、彼の霧の掛かっていた記憶が目覚めだした。誰がこのような自分を用意したのかと、彼は絶望に暮れる。いっそなら殺してくれと、誰がこんな自分にしてしまったのかと、怒りが芽生えた。そして、かすかな記憶で、自分がその張本人、全てのの発端、全ての元凶、諸悪の化身、行の始まりの余白であると、彼は理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。理解をした。
 液体すら、出すことができないほどに、彼の乾ききった体からは、もう涙すら、唾液すら、吐息すら、弱音すら、認識すら、感覚さえも、無くなっていた。ただどうすることもなく、傍観すら、なにも出来なくなっていた。もうどうすることも、できない自分が、何をやっても、何もかわらないのだと、過去に他人に言っていた言葉を思い出した。「ダメならやり直せ」そんなことを言ってしまった自分を、誰かに告げてしまった、自分を誰かのためになろうと誰かにあろうとした自分を否定していた。こんな状況でさえ、自分のことばかり考えている自分に自己嫌悪そして、こんな状況でさえ、失ってしまった誰かのことを、大切だった。誰かを守ろうとしていた人物が思い出せないでいた。それが耐えが無く辛く、そして感情が無くなってしまうほどに、その誰かを思い出すことさえできない自分に全てを無に、自分の周りになってしまうほどの怒りが、湧き上がってきた。

「僕を殺してください」

 彼には敵わない夢であると彼自身理解していても、どんなに体がおかしくなっていても、精神が壊れてしまっていても、言葉にしたい一言であった。











「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く