最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

26話





  目が覚めた。

 「タスク兄さん、おはようございます」

  左手を握っているのは、ユウだ。
  手の甲をほっぺたにつけ、彼女はずっと俺の起きるところを待っていたらしい。
  それは、彼女の手がかなり温かいからだ。

 「おはよう、そういえば今日の授賞式何時からだっけ?」

  そういい辺りを見回してみる。
  見知らぬ天井はハイライトを浴びているように眩しく、壁、ベット小物は、清潔な白一色である。
  鼻からアルコールの消毒液のようなつんとした匂いが広がっている。

  右腕には点滴がされており、赤い液体、白い液体の2種類が、俺の体の中に入っていた。

 「授賞式は一週間前ですよ……」

  え、一週間!? 俺はどれだけ寝ていたんだ!?
  彼女の、心配している顔。

 「ま、マジ? どれだけ寝ていたんだよ……」

  右手で、顔を拭くようにがちがちと擦る。

 「私…… 心配したんですよ?」

  ふと彼女のほほに触れている左手に、滴が付いたようなような感触が伝わる。
  それから彼女の顔はこちらから確認できないほどに、前髪がその顔を隠していた。

  彼女は俺の妹のような存在だ。
  昔から俺のことを心配してくれて、独りにしないよう俺の相手をしてくれた彼女。

  右手で彼女のサラサラな髪を撫でた。

 「ごめんな余計な心配かけちゃって」

  精一杯の謝罪の言葉を彼女に告げる。
  そういえばこうして二人で話すのも最近はなかったなと気づいた。

 「もう、タスク兄さんの馬鹿、くさい、変態、M字ハゲ、トイレかなり長い」

 き、傷つくなあ……
 はははと心の中で彼女の罵倒を黙って刻み込む。
 これだけ心配させたんだからまあ、あたりまえの償いだなと。
 しかし最後のトイレ長いは余計じゃないんですか?

 「もう…… とにかく、死ぬなら私よりも遠くて、すぐにはいけないところで死んでくださいね」

  その言葉と共に、俺の手が彼女のおでこに当たる。
  そして彼女のくちから笑顔が出てきた。

 「ああそうだな、まあ俺死なねえけど」

  冗談のようで本当のことを彼女に告げた。
  俺の能力は、人を超越した超再生、大量出血以外では倒れない不死身の体。
  まあこの能力を知らない彼女には冗談のように聞こえるだろう。

 「知ってます、あの盾田を倒したんですから。そう簡単に死なないことなんて」

 彼女は、満天の笑顔で俺の顔を見ていた。
 眩しいその笑顔、彼女にとって誇らしいとも感じ取れる。
 ああ、もうキュンキュンしちゃうじゃんか……

 彼女のその笑顔に顔が熱くなってしまった俺は、慌てて視界をそらす。

 「そいえば俺、授賞式出れなかったし、どうすんだ……」

 「あ、ほらトロフィーならここにありますよ」

  彼女は掴んでいた俺の手を放すと、立ち上がり、左上にあった机にあるトロフィーを見せた。
  小さくも、しっかりとしたつくりがわかる金色だ。

 「あ、出れなくても貰えちゃったんだ……」

  普通もらえるかな…… まあ病欠みたいなものだし……

「私が男装をして出たんですよ!」

  えっへんと最近彼女の体は、富んでいた肉体が、しっかりと引き締まっていたようにも見える。
  え、それよりも男装をして授賞式に出たという真実に、まばたきが止まらない。

 「よ、よくばれなかったな……」

  とにかく驚いていた俺は、彼女の誇らしいようなよくわからない顔に、妙な信頼が芽生え……
 なわけあるか! ああ、晴れ舞台…… なんで俺は出れなかったんだ。
  自分の表彰式なのに……
 とにかく落ち込んでしまった気分をあげようと必死になって楽しいことを考える。
  無理です、さすがにこれには俺のメンタルも……
 はあ……

「あの…… あれだ。ありがとうな俺の代わりに出てくれて……」

  別に改めて別の日に俺専用の授賞式をとり行うのもよかったのではないかと……
  まあでも、俺を応援してくれた人たちを心配させるしな。
  なら影武者でもよかったか。
  そうだ、そう考えることにしよう。

 「ちょっと元気がないですよ? 体調悪いんですか?」

  ユウの心配そうな顔が、俯いていた俺を覗き込む。
  すぐさま顔をあげて、なんでもないよアピール。

 「じぇじぇん、だいじゅぶ」








◇ ◆ ◇






「元気か少年?」

  マイがユウを呼びに行くと病棟を後にすると、剣先生が、足っていく彼女を見て病棟に入った。

 「先生外で会話聞いてたんでしょう?」

 まあユウとの会話を聞かれて困ったところはない。
 しかし他人に会話を聞かれるとなるとあまりいい気分はしない。

 「何も聞いていないぞ、それより授賞式の件だが」

  と、ユウから聞かれた話を彼女は始める。

 「ああ、聞きましたよ…… 授賞式はユウが出たんでしょう?」

 「そうだ、男装を私が教えたんだ。まあトロフィーはそこにあるから問題はないだろう?」

  彼女は左上にあるトロフィーを見ると、煙草を吸おうとポケットから取り出す。

 「あのですね先生…… 問題がないわけが無いでしょう?」

  今まで日を浴びなかった人間が、まあ一応、優勝したんだ……
 それなのに…… なんでだよお!
  やっぱり感情が抑えきれなくなった俺の感情のように、彼女はジリジリと煙草の音を鳴らす。

 「たしかにな…… お前の日の浴びる瞬間を奪ってしまってすまない」

  素直に謝罪をする彼女。なにか理由があったんだろうか……
 なぜかこちらが悪いような気がしてならない。

 「あ、すいません僕の代わりとやってくれたのに」

  のんびりと寝ていた俺の代わりに出てくれたんだ。
  そんなことよりも何か”裏”があるような気が、俺の中で感付く。

 「そういえば、今日は私の家でバーベキューをしないかと思ったが…… その体じゃ来週くらいか?」

  その感ずいたおれの考えを妨げるように、医療器具によって体の回復を促進された俺の体を見て、そう彼女は聞く。
  とりあえす体は、おじいさんのようにがちがちになったものの、動けと思えば動ける。

 「正直動けますけど、医者に聞いてみないとわかりませんね」

  その瞬間、彼女はナースコールを押していた。

 「ちょっと先生何してるんですか!?」

  ジリジリジリジリと何回も押している彼女の手を止める。

 「聞くならこうやって直接呼んだ方が早いからな」

  すると、ちょっとの時間が経つと、5人ほどの看護師がこちらの病棟に駆け込んできた。

 「やあ」
  剣先生は、汗だくの看護師たちに、煙草の煙とあいさつをかける。
  この人ってほんとうに……



 それから俺の能力を知っているという医師が俺のところに来た。
  そして剣先生と俺の聞こえないような声で、会話をして、俺の腕に刺さっていた点滴針を抜いてもらった。
  覚醒せし感覚《Awake Sinn》を使えば彼女らの会話を聞くこともできたが、さすがに使うほどの度胸も性格も悪くはない。
  どうやら今から、退院ができるようで、看護師が準備を始めていた。
  剣先生は、じゃあまた私の家でと言われ、彼女の自宅へと帰っていった。

  ああ、もうちょっとここでのんびりしたいような気もするなあ。
  そういえば着替えが無かったと気づき、せせこら動いている看護師のお姉さんたちを見ながら携帯端末で家の固定電話へとかけた。

  3回のコールの後に、マイの声が出た。

 「もしもし、佐部です」

 「あ、マイ? 俺だけど」

 「オレオレ詐欺というやつですね、お金は振り込みませんよ」

 「違うよ、俺だよ俺!」

 「否定しても、この私にはお見通しです、この希望財閥…… あっ」

 「あ、じゃないよ!! 俺タスク! マイさんそんな貴重な情報ながしたらいけないでしょ!」

 「もしかして、タスク?」

 「もしかしてのタスクですよ」

 「実際の声と電気を通した声とは全然違うじゃん!」

 「そうなの? そういえば俺退院できるらしいって」

 「ぜんぜん声ちがうよ。退院? よかった! タスクと全然会えなかったの寂しかったよ」

  するとずるっと、鼻ですするような音が聞こえた。

 「あの、心配かけてごめんな……」

 「うん、よかった。今度こそ…… 会えなくなるのかなって」

  目を閉じて聞いていた俺は、数秒黙った後にこう告げた。

 「マイ……」

 「うん…… どうしたの?」

 「あのさ……」

 「なぁに?」

 「俺とずっと一緒にいてくれないか?」

 「え、え……」

  彼女の戸惑った声が聞こえる。
  ああそうか、俺は……
 強くはなれた、なら、誰かを。
  マイを守りたいと、今思ったんだ。

 「君が好きだ」

  その告白に、電話越しから、彼女の口からポンッと空気が出たような音が聞こえる。
  俺は彼女の答えを黙って聞いてみる。

 「私も…… あなたが好きだよ」

  その答えを聞くと、俺の耳あなから何かが沸騰したように熱くなっていくのがわかった。
  体中も恥ずかしくなってしまったのか、内側から熱くなっているのがわかる。
  それと同時に、うれしい気持ちが、体中に駆け巡った。

 「マイ……」

  俺はあまりの嬉しさに泣いていた。
  情けながらに、彼女の電話越しに、泣き声を聞かせてしまっている。
  それを黙って彼女は聞いていた。

 「タスク…… 私は財閥のお嬢様…… 将来はあなたのお嫁さんになりたいけど…… 私は一人っ子だし、何よりも私の大切な家族を裏切るような真似はできない。それでも…… わたしと一緒に今をいれる?」

  そうだ彼女はお嬢様なのだ……
 だけど、俺は彼女が一緒にいてくれるという問いに迷わず答えた。

 「ああ、ずっと君を守るナイトになるよ」

  彼女が誰と結婚しても、彼女を守るナイトになろうと決めた。
  君が好きだ。

 「……わかった。至急あなたは、私のところに来て」

 「はい、マイ様」

  そうして彼女との将来永劫の契約が終わった。
  俺は、誰かを守る誰かになりたかった。
  なれただろうか、あの人のように。






「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く