最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

21話




「ファイッ!!」


 始まりの火ぶたが切って落とされた。
 両者一斉に、向かい合っている相手と距離を取る。
 距離が20メートルほど離れたと同時に、奴の腰から小型のアサルトライフルが飛び出してきた。
 いままで腰にすっぽりと収まっていたため、奴がアサルトライフルを持っていることに気づかなかった。

 ――――ダッ、ダッ、ダッ、ダッ、ダッ。

 奴の銃から放たれた銃弾は、一発は元に立っていた白線の位置に当たり。
 二発目は、俺の体を追うようにして、空中を切る。

 すぐさま体の軸移動による、軌道変更によって二発目は回避することが出できた。

 そのままジグザグに横へと走り、三、四、五発目が向かってくると同時に遮蔽物に隠れることができた。

 状況を確認するように、彼の攻撃を遮蔽物から確認する。
 すぐ近くからは、鉄とコンクリートの弾けるような音が聞こえてきた。
 銃弾は、こちらを狙って連射による手数を知らしめていた。

 ――――アサルトライフル。

 それが今戦っている敵の武器である。
 自身の力が、表面的に表すことができない能力者の大抵は重火器を使って戦いを繰り広げる。
 俺もこの二丁の愛銃で、ここまで勝ち上がってきた。
 奴も同じ系統の武器である。
 それは、一昔前の能力者が戦場を闊歩していない時代の戦いと、同じである。

 深呼吸を三度ほどして、少しだけ乱れていた息を整える。
 奴も同じ銃火器使いだということに親近感がわいたのだ。
 接近戦が得意なものは、この狭いランク祭において自身の体を使ったほうが、まだ早く終わると言っていた。

 奴の足音を十一時の方向から耳から音を拾い確認。
 両脇にあるホルスターから、愛銃を二丁取り出した。
 白銀のフレームが、光沢をみせ、これからの激戦が始まるということに、気分が高ぶる。

 浅く左を向き、遮蔽物から飛び出した。

 奴は向かって左の一五メートル離れている柱から、その移動を見越して、三秒ほどの連射。

 ――――ダダダダダダダダッ。

 その射撃によって見せた体を、走りながら放つ。
 上手く奴は隠れ、一発は遮蔽物すれすれを通り、もう一発はコンクリートをえぐった。
 そのまま奴の対角線上に移動するように、隠れる。

 対銃火器の戦闘は、両者の誰かが大きく出れば戦況は変わる。
 遮蔽物に背中でもたれかけ、奴が移動するのか聴覚をフル活用して聞いていた。

 能力者の大抵は、その能力を生かした戦闘を繰り広げる。
 あるものは鎌を使い、あるものはその手に銃弾さえ防ぐことができるグローブをはめる。
 誰も彼もが、銃を使わないということはないが、使う人間は少数派なのだ。

 しかし、この戦いは前時代の戦いとは決定的な違いがあった。

 奴が持っているのは確かにアサルトライフルとリボルバーだ。
 しかし、とある特殊な能力者が使うとこのようになる。

 その一瞬。

 三時の方向にリズミカルな銃声、同時に薬莢がコンクリートの地面に落ちる音。
 それと同時に、右手に凄まじい激痛が襲った。

 そして、俺の能力が発動して、その手に付いた血と切れた頬は再生する。

 とある弾がコンクリートを突き抜けて俺の腕を貫通したのだ。
 すぐさま、二発、三発と、遮蔽物に身を隠しているにも関わらず当たる。

 肘に当たった一発はそのまま腕を貫通して飛んで行った。
 そして、肩に当たった二発は骨へと直撃したのか、その部位は貫通していない。
 奴の指がトリガーが離れたと感づき、次の障害物へと身を隠す。


 ――――どういうことだ?

 0.5秒ほど考えてやっと気づいた。
 奴は”能力者”だということに。


 この厚さ一メートルもある、コンクリート製の遮蔽物を貫通するほどの威力。


 対物ライフルによる射撃。
 ではなく、念物強化能力による、銃弾の強化。

 またも能力者の戦いでは、その意味を持たない遮蔽物だ。

 物に頼っていたしょうもない思考を片付け、こちらから仕掛けることを考える。

 銃弾が貫通した穴を右目で、奴の隠れていると思われる柱を覗く。
 奴はこちらを待ち構えるかのように堂々と立っていた。

「僕はあなたと同じ遭遇でした。僕の能力は物の強度を上げることしかできない。ですがあなたは違う。無能力でここまで這い上がってきた。それがあなただ」

 そしてこうも。

「僕のような人間がもう一人ここにいたなんて!! さらには誰よりもあなたは戦える。ですが僕はそんなあなたを越えます」

 何を言っているんだ。俺は俺だけで、お前はお前だけだ。
 確かに、生きていれば誰かに会い、その誰かに感じるシンパシーという物はある。
 だが、水と油が交わらないように、人間もまた、同じではない。
 俺は誰かの助けでここに立っている。
 自力で上がってきたお前とは違うんだ。

 だけどな、俺を期待している人のため、自身の目標のため、俺は突き進む。
 それが俺だ。

「いつまで隠れているんですかタスクさん!! 僕はあなたを倒し、越えてみせます」

 コンクリートの遮蔽物の後方から聞こえるのは、明確な答えと宣言である。
 俺の左肩を抱えながら荒く息を吐く、肩は使い物がならないほどにダメージを負っていた。
 肩と腕をつなぐ関節に、盲管銃創のダメージがあるからだ。
 再生しようにも、体内に弾が入っていては、その効果は、無に等しい。
 コンクリートを突き抜けることはできるが、体内では弾の形を変形させて、俺の体をむしばむように痛みがある。

「――――ハァッ、ハァッ」

 時間が経つにつれて、激痛と、無理な再生が俺を苦しめていた。
 大きな息づかいとともに、額にある大粒の汗を左腕でガシガシとぬぐう。
 だが、畑井ゴウの攻撃とは天と地ほどの痛みだ。
 まだこちらの痛みの方が、精神的には圧倒的に楽である。

 ”普通”ではない考え方に、口元が緩んでいた。
 そんな自分を客観視しながら、片手で愛銃のリロードを済ませる。


「僕の攻撃に逃げ場なんてありませんよ!! わかっているでしょう!!」


 左手にはリボルバー、右手にはアサルトライフル。
 能力が発動できるのはあのリボルバーからだと考える。
 ほんの一瞬、その隙さえあれば。

 奴の俺の距離は、短くも、俺の体感では地球を一週するくらいには長かった。
 戦いの緊迫した空気で、意識が過剰な距離感を生む。

 いや考えを改めろ、距離が遠いならば、こちらから行くに限る。
 自信の痛覚、意識を完全掌握させて地球の裏側、いや人間の限界すらも超えてやる。


 ――――それが俺の戦いだ。




 覚醒せし感覚《Awake Sinn》――――――。


 発動と共に、障害物から出た。
 視界は、極限間まで情報の単純化、色彩情報は奴の周りだけ、体感時間は、二分の一.
 正面二〇メートル、単射撃武器に連続射撃は圧倒的不利である。
 それでも俺は行く。

 それを気づいたのか奴は待ち構えたようにそのアサルトライフルをこちらの方へと向けた。

「とち狂ったんですか!! タスクさん!!」

 激動するように奴は叫んだ。

「うるせえ、来いよ俺はここにいるぜ!!」

 奴は右手に持っていたリボルバーを素早く収めると、アサルトライフルを放った。
 連射による手数をそれでもかと見せる。
 それを躱すようにに愛銃を二丁、奴の方へと向け二メートルほどジャンプをして放つ。

「的ですね!! 的ですよあなたァ!!」

 空中で静止した首を思いっきり右肩へと曲げた。
 右肩にあったのは、自製のキテレツスイッチ。
 畑井ゴウ戦で学んだこと、それは奇襲の重要性だ。

 足には、イレギュラーダガー⦅奇襲ナイフ⦆が潜伏されている。
 そのナイフが奴のアサルトライフルを握っていた手へと、空中を飛ぶ戦闘機のように滑空。

 空を切るような音を立て、その手に当たった。
 親指の骨を断ち、切られた指と同時に奴の銃火器が落ちる。

「あああぁああ!! それですよタスクさん!! これがあなたの真骨頂だッ!!」

 奴は左手でナイフを取り出した。
 俺はキックをする要領で奴の胴体へと、落ちていく。

 構えられていたナイフは、ふくらはぎを切り、血が噴き出る。
 地と俺の体を浴びた相手は、たたきつけられるように地面に倒れた。

 二人は混ざるように後ろへと転がっていき、俺が上に乗りかかった状態で止まった。
 すぐさま左手で奴の襟橋をつかみ、顔面の中央にある鼻あたりを頭突き。

 頭突きの衝撃、後頭部と足場のコンクリートの激突に砕けるような音が鳴る。
 音と同時に、コンクリートの粉末が二人を襲った。

 そのまま左腕で、奴の顔面を何度も殴りつける。
 一発、二発、三発、四発、連打。
 アドレナリンの効果なのか、何発入れたのかのかさえ今の俺にはわからない。

 体力は限界に近づいて、殴る威力は触るだけのようなパンチになっていた。
 突然と首を絞めるような感覚が、そしてそのまま頭を地へとたたきつけられた。

 そのまま体の上下位置は形勢逆転。
 すると奴は、腕十字の構えをとり、俺の右腕をへし折るように関節が曲がらない方向へと曲げる。

 ほどかせるためにと奴の足へと嚙みついた。
 奴の足をかみちぎって、その血を顔いっぱいに浴びる。
 肉を噛みちぎっていくと、鉄のように固い物体が歯に当たった。

「ぃいいいいぎいいいいいいいいいいい」

 奴の痛みに耐える声が、右の耳から入ってくる。
 埒が明かなくなったため、ナイフを取り出して腕を切り落とすことにした。

 だめだ、腕がへし折られる。
 かなり時間が経ったが太ももに装備していたナイフを取り出した。
 しかし、肘の関節と、周りの筋肉は完全に断裂して、骨の通っていない肉棒となっている。

「諦めてくださいいいいいいいいいいいいいいい」

 悲痛な叫びと負けを認めろという声が、奴から放たれた。
 負けじと大きな声を張り上げる。

「誰が諦めるんだよおおおおおおおおおおおおおおおおおおお」

 左の腕を右腕へと動かせることができた俺は、腕を切り落とした。
 腕の骨は全て折られていたため、存在を否定されたような激痛が襲う。

「あああああああああああああああああああああ」

「あなたって人は!! 最高だあああああああ!!」

 奴は途中まで切れていた腕を木の枝を引きちぎるように引き取った。
 その腕から飛び出した血は、蛇口を限界までひねったように勢いがある。
 その血は、奴の顔へとピンポイントに飛び出している。

 血で気が紛れているうちに、すぐさま左腕で、奴の足をどかし、奴から距離を取った。
 それを追うように、体全体を使ったブレスをするように飛び込んでくる。

 痛みで視界が揺らぎながらも、腹をキックして対処。

 二メートル先まで、奴は飛んでいく。

 そしてホルスターにある、愛銃を取り出し、奴へと向ける。

 それと同時に奴もまた、リボルバーを構えていた。

「「これで終わりだあああああああああああああああああ!!!!」」

 二人の弾はお互いの人的急所を見事に打ち抜いた。
 箸を咲くようにして、同時に倒れる。


 ――――ドクン!!


 体に電流が流れるようにして体の再生が始まった。
 立ち上がるころには凄まじい倦怠感が襲ったが、ゆっくりと立ち上がる。


 そして倒れていた奴を一目見ると、大きく左手を天高く上げた。












「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く