最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

22話






「よくここまで勝ち上がってきたな、無能力者…… いや、タスクッ!!」

 正面に立つのは、盾田剣士。
 人間を一回り、二回り、ビックライトで大きくしたような筋肉が大半の体。
 衣類は支給された軍服に、中では黒いアンダーシャツを着ている。
 史上最強にして、全戦無敗、100年に一人神に選ばれた存在。
 その姿は、鉄壁のように分厚く、どんな攻撃さえもたやすく軽く跳ね返し、奴の能力である見えない壁は、敵の精神をくじかせる。
 さらにその能力はどんな形に変形することができる。
 近寄る者、迫りくる攻撃は、絶理の壁で無へと返し、全ては最強のためにと存在しているようでもある。

 それが俺の壁であり、この先の憧れの人へなるために、絶対に倒さなければならない相手。

「ああ!! この前のやり返し⦅リベンジ⦆にきたぜ!! 中年顔野郎!!」

 敵ながらも迎え入れようとした相手を、貶すような発言で罵倒した。
 だが、ここまで来たんだ。
 詫びねえ、媚びねえ、ひれ伏さねえ、諦めねえ、俯かねえ。
 それが俺だ。


 ――――佐部タスクだ!!


「ふんッ!! 相変わらず、返しが捻くれた厨房のような言いぐさだな。貴様がここまで這い上がってくるところを私はしっかりと見ていたぞ」

 鼻で飛ばすように息を出すと、奴は腰に回していた大剣を俺の方へと向ける。
 重さはファンタジー世界の巨人が持つような大剣である。
 それは盾のようでも、剣のようにも見える武器で、奴は軽々と扱えている。

 それは、丸太のような大きな腕で扱っているからだ。
 その腕は、同じ人間とは思えないほどに大きく、腕全体を黒の衣類で隠れている。

「それはわざわざご苦労さま!! 俺はお前を越えて、絶対に掴んでやる!!」

 すっと彼に中指を立て、微笑の笑みと渾身の目力で答えた。

「ハハッ!! 貴様ごときが、この俺を越えるだと……」

 俺の発言に痛快に笑うと、手を顔に当て、浅く笑みを浮かべていた。
 次に顔をあげる。その瞳は、ついに長年探し続けていた”何か”を見つけた探究者のような顔でもある。

「やれるなら、やってみるがいい。だがこれだけは言っておく、お前がその腕を治す力を手に入れたように、私も貴様と初めて戦ったときの私ではない」

 ガーン!!

 奴はコンクリートの地面に、手に持っていた大剣を突き刺す。
 発泡スチロールを木の板で貫いたように、コンクリートをいとも簡単に貫いた。

 奴が俺の能力について知っていたなんて……
 俺の能力は死すらも超越した完全治癒能力。
 頭以外のどんな攻撃でも即時再生のできる能力だ。
 だからどうした。最終決戦だろうが、なにをビビってんだ俺は。
 ここまで這いずり回ってきた。なら簡単だよなァ!!

 ゴールまで這いずり進む。

 たったそれだけじゃねえか!!

 そしてやつは、手に取っている武器の名を、ゆっくりと告げる。

「系・神殺斬首刀《ケイ:ディカヴィテイション・ソード・オブ・ザ・ゴッド》」

 その武器、柄は木刀のように握りやすいような大きさではあるが、刀身は体感で、奴の腕の三倍ほどの大きさである。
 その名の通り、神でさえも斬首できそうなほど、巨大な太刀であった。
 刀身は、禍々しい紫を中心とした、暗然たるコーティングとなっている。

「これが私の新たな相棒だ。はるか昔から律動的に行われる、連関された神殺しは、私の責務となった。この神のお遊びによって混沌となった世界を、愚行な神から救うべく手に入れた新たな”力”だ」

 その時だった。

 ――――錯覚、いや俺には見えた。

 奴の武器を持っている腕は、その武器に喰われかけているのをその”気”だけで退いている。
 常世全ての、殺意、残虐的衝動、善を悪へと変える力。
 人間の業を、世界の業を具現化したような武器であった。
 魔人のような力を持った武器を扱う覚悟、世界を救う使命が俺にはわかる。
 奴は、自身の人生をかけて、その武器を握っている。

 神殺しという単語に、疑問が生まれる。
 こいつは、何を言っているのだろうか。
 まるで何か世界で起きている大きな背景の一端を知っているような言いぐさだ。
 それと同時にこうも思った。

 なんて覚悟なんだ。

 その覚悟は、生半可なものではない。

 解る。その力は最恐にして、最凶である。
 解る、その力は振るう者を、”シン”の孤独へと誘う。
 解る。その力は”ゼン”を憎み、”ゼン”を滅ぼすべく作られたものだと。


 背負うことがどれだけ愚かなことなんだと、俺は分かっている。


 世界の理不尽、それが奴を見たときの感想となった。
 ああ、この世界は狂っている。


 人間は、見たものをそのままでしかとらえることができない。
 しかし、同じような境地の人間同士は、ある程度の察しができる。


 選ばれた者…… それは、何かを背負う者だ。
 この不死身の能力も誰かの思惑で、背負わされたものである、あくまで推測だが。
 この力に何度も救われてきた、そんな俺も何か大きなものを背負わされたものなのだろうか、それはわからない。


 昔々、世界のある村では、生まれた一人の子供を神と崇め、一つの神鋼としてまつりあげた。
 しかしその子供は、世界に、社会に、家族に、人間に、欲のために、一人神として崇められたのだ。
 大衆のために、一個人がその人生を、その生涯をささげなければならない。


 これは理不尽だ。

 それは誰でもなく俺の感想だ。
 彼が、俺が、誰かのためにと、その生涯を捨てる意味はあるのだろうか。
 なぜ一個人に任せるのだ。
 なあ誰のためなんだ。
 明日死ぬかのような人間に、顔も知らないような人のためにこの生涯をささげる必要はあるのだろうか。
 幸せは、自分の中でしかないと思っている。
 この誰かのようになりたいという目標も、結局行きつく先は自分のためだった。

 俺は自分の幸せのことしか考えることができない。

 なぜあいつが背負っているのだろうと、俺には一生理解ができない。
 なあ教えてくれ、なぜおまえは自分のためにこの人生を使おうとはしないんだ。
 自ら全てを捨てに行くような考えになれるんだ。

「なあ」

 それらの思考を止めた俺はただ一つ聞きたい質問に、小さくもない一声をあげた。
 同情は糞以下の人間がするものだと分かっている。だから同情は一切しない声音で。

「お前は何のために戦ってるんだよ」

 その問いに、どんなも物さえ入る隙間が無いほど瞬時に答えた。

「この世界を蹂躙している神を殺すためだ。そして神の手から俺一人で人間を救う」

 それもいとも簡単に、悩むこともなく、淡々と、さも当たり前のように。
 その答えに俺の感想も出ることはなかった。
 こいつと俺は相磯ることはない。
 ただそれだけだ。

「そうか……」

 答えは出た。
 まさに神というよりも超越されたルールのようなものに選ばれ、正義に忠誠を誓った人間なのだろう。
 世界、国、社会、家族、仲間――大衆の盾。
 それが俺の壁だ。
 盾田剣士という壁だ。
 あの人のようになりたいと、誰かを救う誰かにないたいという者の壁。

「俄然、お前を倒す気になったよ、答えてくれてありがとな」

 そう一言、感謝を述べた。
 目の前の倒すべきものは世界の、人の抑止力。
 いわば体の中にある、白血球との戦いだ。
 力無き大衆のためにとその身を捧げ、世界の均衡を守るために、邪悪な武器を持つ相手。
 その矛盾したあり方に、人間のあり方と似ていると思った。

 だからこの戦いは、人間対俺の戦いだ。
 言い換えれば世界対俺だ。
 やってやる。


 ――――――やってやるよ、運命様。


 散々血を吐き、弱音を吐き、挫折を味わい、誰かのやさしさに触れ、俺を救ってくれた誰かのようになりたいと願った人間の戦いだ――――――。

「貴様が何を考えているのか、そんなものは一切わからん。だがな、俺は世界の真実を知ったためこの混沌とした世界を救わなければならない。神という冠をかぶっているバケモノたちからな。
 そのための犠牲はこの両手に、嫌というほど数えないほどに、抱えきれないぐらいに出るだろう。だがな、私はそれでも世界を、人間を救ってみせる
 手始めに、この俺の前に立つ、神のいたずらによって生まれたお前を殺す
 それが私だ。それ以上の覚悟――使命、貴様にはあるのか?」

 頭がお花畑にもほどがあると俺の中でそんな感想が生まれた。
 こいつは、何かを背負っている自分に酔った最高の廚二病だ。
 だが、嫌いではない。
 そんな独りよがりな奴は、俺は結構気に入っている。

 だから超えてやる。



 誰かのためではなく俺自身のためにな。




 そして実況が叫んだ。

「右手に立つのは、ESP学園創立、前代未聞の無能力者ァ!! 佐部タスクだああああああああああああああ!!!! どんな攻撃を受けても立ち上げる、ゾンビのようなしぶとさ、さらには多彩な戦闘テクニックを使い相手を倒す!! 最底辺から這い上がってきた、真の実力者だァ!! 去年までランク祭に出場できなかった無念が、彼を導いてきたと剣先生はそう仰っております!! どうでしょう先生、彼は勝てるでしょうか?」

 今日は剣先生は実況と一緒になってついていると言っていた。

「そ、そうれしゅね、うんそうだと思いませぇよ」

 カミカミな発言であった。
 戦闘があんなにも得意であるのに、大勢の前では緊張してしまうという、予想外のギャップが見れた。

「ッヴんんん!! その対を成すのは……」

 剣先生のミスに、軽く咳払いをすると、会場にいるすべての人間の鼓膜に直接入ってくるような、大きな音量でこう叫んだ。

「左手に立つのは、S級まであと一歩となった、ランク祭三連覇を狙う史上最強の能力者ァ!!!! 盾田剣士だあああああああああああああああああああああ!!!! 全てを無に変えるような、相手に絶無をあたえる能力、巨人のように強大に発達した筋肉!!!! まさに岩山を具現化したよな人間だああああああああああああああああ!! その無謀に挑戦したものは、幾度となく心を折ってきた男です。両者二戦目ということもあり、相手の出方は十二分に理解できているだろう!!!!!! 新時代を切り開くのは君たちだあああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!」

 その絶叫の後に、ガゴンと、マイクと何かが当たったような音が会場に響き、声の主が剣先生へと変わった。

「ちょっと、ど、どうしたんですか!? ちょwwwやべえ顔真っ赤にしながら泡噴いて倒れてやがる! どんだけ真剣に絶叫しつくしたんだwwwwww」

 誰もが聞こえるような音量で剣先生は痛快に笑っていた。
 それに釣られる様に、会場のあちらこちらで笑い声が聞こえる。

 その空間の中、俺と、盾田剣士は、ただピクリともせずに始まりの合図を待っていた。
 戦闘エリアにあるのは、部外者が立ち寄ると、凍ってしまいそうなほどに、緊迫した空気だ。



 自分のためにと戦う者と――――――




 ――――――狂った神が決めた仕組みから、能力を持たない人間を救い、世界のあるべき姿に戻すべく神殺しを始めようとしている者。


 この場では、両者は絶対に交わらない、白線に描かれた直線だ。
 誰の手でさえ、俺たちの進む道は変えることはできないだろう。
 人間と人間とが絶対には、分かり合えないように、そんな彼らもまた交わらない。

 だから俺たちは、向かい合っている。
 自らの掲げる目標のため、自らの目指している信念のため。

 善と悪が、衝突するようにその戦いは始まろうとしていた。

 そんな余韻に、会場はいまだ先ほどのアクシデントに笑っていた。














「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く