最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

12話


 二人白線へ並んだ。対局する二人は反する存在のように、体格も、その全てが反して見える。
 それほどまでに、彼の存在感に場違いという考えが産まれる。
 武器を使わない能力者と言っていたが、本当に武器を使わないようだ。
 ただ堂々に振る舞う姿。その巨体が武器のようでもあった。

「お前が卍城王也を倒した無能力者、佐部佑か」

 彼はそう言う。その発したことばからはまるで、俺の相手をしているようには思えなかった。
 景色の虫と喋るようだ。

「ああそうだ、次はお前も倒すけどな」

 彼の虫と喋るような声音に怒りが芽生え、俺の口から笑みが溢れた。
 彼の言葉に、買い言葉を。
 そして、俺は右腕の皮膚に見立てた皮ゴムを破り取るように取った。
 機械のは光沢を浴び、その強靭な黒鉄の腕を奴に見せる。

「卍城王也…… アイツは甘い。右手一本だけとはヤツらしい」

 腕を見るに奴は感想を漏らした。

「フンッ ほざいてろよ」

 戯言を振り払いように俺は鼻息を出す。

「そうして頂く、しかし、お前ごときでは俺の足元にも及ばないだろうな」

 鉄壁の鉄城から見下ろすように彼は答えた。
 彼の中で覆せない絶対的な自信があるのだろうと思う。

「んなのやってみねえとわかんねえだろうがこのデカブツ」

 必ずお前の足元掬ってやる。おじさんみたいな顔しやがって、16歳とか嘘だろ。
 俺はそう思いつつ手を握りしめる。その手からは汗がにじみ出ていた。

「それもそうだ。実戦というものはそういうものだからな」

 1本取られたと笑いながら彼は答える。そして悠々とこう続けた。

「貴様ごときに本気を出せば個々のメンツにも響いてしまうからな…… 安心しろ本気は出さんよ」

 先ほどとは違い、絶対的な自身から放たれる声音だ。

「お生憎様、俺もお前に本気なんて出さねえよ。むしろ本気を出す前にお前が終わっちゃうかもしれないからな」

 その殺意を交わすように彼に投げかけた。

「ほほう…… それは楽しみだ。おままごとの武器でどこまで戦えるか見せてもらおう無能力者よ」

「お前もその動きにくそうな図体でどこまで付いてこられるか試してやるよ。この俺様直々に」

 お互いににらみ合い、その眼光からは高圧の電気を連想される。

「口が達者の用意だな。それが戦闘にも反映されるとお前も嬉しいだろう」

「お前も馬鹿そうに見えるけど意外と喋れるんだな筋肉ゴリラ。むしろ喋る練習になったか?」

 場の空気は迸る電気のように、ビリビリとしている。
 会話の攻防にも慣れてきたころ、係りに並べという指示が入った。


 そしてしばらくして実況が叫んだ。

「右手に見えるのは全台未聞の無能力者、佐部佑だぁ!! 底辺オブFランク改め、底辺の魔術師。今度は何を見せてくれるのか!!」

 実況が俺の名前を口に出した。会場の観客席からまさかの歓声が聞こえた。
 卍城王也の頃のような始めの頃は、全くと言っていいほど聞こえなかった歓声が、聞こえるというレベルにまであることに少しばかり驚いてしまう。
 そうか…… 俺にも応援をしている人がいたのか。
 俺は、舞、夕、剣先生以外の見ている観客全てが、俺の敵という勘違いをしていた。
 しかしこうして俺を応援している人もいるんだと、なんだか申し訳ない気持ちになってしまう。
 俺はやる。だから見ておいてくれ。
 俺の勝つところを。

「左手に見えるのは、この学園最強の『拒絶の王』盾田剣士だぁ!! ランク祭三連覇へ向けて、今も勝ち続けています」

 鉄の剛球のような男はその屈強な腕を天に掲げた。
 その腕からは強者ならざる『気』が肉眼で確認できるほどにまであった。
 押され気味な心を立て直す。やるんだよこいつを倒して……

「両者準備はよろしいですね」

 ――俺はやるんだッ!!
 緊迫した空気がこの会場全体に流れる。
 ここにいるすべての人がこの間に唾を飲むような緊張感に襲われていた。
 俺は目をつぶりイメージをする。『常に優位に立つ自分』その姿を。

 完璧だ。


「ファイッ!!」


 始まりの合図が切って落とされた。


 すぐさま距離をとり、懐から愛銃のSIG SAUER P228 XXダブルクロス 改を2丁取り出す。
 その金属の光沢を反射させ、銃は前方でヤツの方へと構えながら、引き金を引いた。
 爆発によって発生した火花が俺の目の前を飛び散る。
 そして放たれた弾丸は、ドリル状の直線起動を描いて、狙っていた彼の頭のほうへと進んでいく。
 不意打ちとも言わずともその突然の攻撃に、俺は淡い期待が心の中でにじみ出てきた。
 それを押し殺しながら弾の行方をしっかりと確認する。
 と、止まった!? 弾が彼の目の前で突然と止まり……
 いや、何か”見えないもの”に当たったように空中で停止。
 弾丸は生気を無くしたように地面へと落ちたのだ。
 壁のようなものが彼の目の前にあるのか……
 いや彼の目の前にはどんな物体も存在しない。

「フン、貴様の攻撃など完全に見切っている。次はこちから行かせてもらう」

 彼は前に落ちた弾丸を脚で踏みながら、距離をとっていた俺へとその眼光を浴びせ、流れるように、右手と左手を後ろ腰に回す。
 その姿は大太刀を抜き取る武士のようでもある。
 しかしその腰には、何も付いてはいない。

「ランセーネン・シールドッ!! ケイ・太刀の型」

 そう、あれは丸腰の常態で抜刀の構えを取っているのだ。
 その仕草を眺めていた俺は、彼がどんな攻撃をしかけてくるのか、彼、そして自分の周りに注意を張り巡らせる。

「はぁッ!!」

 一瞬、その0,2秒の間に俺は、彼の空間ごと切り捨てそうなほど振り切る行動を認識。
 勘でその場にいてはいけないと感知し、すぐさま義手を地面へと叩き込む。
 義手のフルパワーで地面へと全開に叩き込まれた体は、弾き出されたように地面へと離れる。
 体全体を攻撃を避けるように、地面へと名一杯仰け反りになる。
 ”何か”が俺の下ギリギリを通るのを、第六感とも言えるようなモノで感じた。
 そして何よりの証拠が、掠った服が切れていたことだ。

「叩き切ってやる!!」

 瞬間、彼は兜割りの要領で大きく上半を後ろへと振りかぶる。
 怒涛の第二攻撃が来ると気づき、空中にいた俺はヤツの気を逸らすため攻撃へと入る。
 宙にいながらも、最強のバランス感覚で閃光のように体勢を整え、彼の体へと2丁の銃を構え、放った。
 丁度振りかぶっている彼の攻撃と弾丸では、圧倒的に弾丸の方が早い。
 完全なる感覚で弾を彼の体中心部へと狙っていた。
 この一瞬で小さい的である顔面を狙うような度胸は、今の俺にはなかった。
 弾の行方を見ずに着地、すぐさまフィールドの遮蔽物へと身を隠した。
 弾は見事に彼の両脇腹へと、シンメトリーに直撃していたらしい。
 奴が両方の腹を押さえているのを移動と同時に分かった。

「っ…… 口だけでは無いようだな無能力者よ」

 弾をリロードし、遮蔽物関係なしに攻撃しそうなので、すぐさましのぎ脚でこの場を立ち去る。能力者との戦いは隠れ場所など全くともって意味はない。
 彼らは無茶苦茶なのだ。
 そんな無茶苦茶加減を卍城王也との戦いで学んだ。もちろん戦闘に関してもだが……
 思考が恐ろしいまでに冷静になっていた。
 障害物を転々とするように回避行動を続けながら、研ぎ澄まされた神経で彼のいままでの動向を観察、そして今までの彼の能力について考える。
 彼はモグラたたきのように障害物を一つ一つ潰している。
 第1攻撃目彼は俺の銃弾を見事に喰らわなかった。
 喰らわなかったというよりも弾丸が、彼の目の前で、生気を無くしたように落ちたのだ。
 明らかにあれは、彼の目の前に見えない”壁”があったに違いない。
 これは拒絶系統系能力者のバリア展開能力。
 この銃の威力は並大抵のものならば簡単に粉々にすることができる。
 人工物では到底到達できないような強度なんだろう。”能力者”というものに乾いた笑いが出る。
 こいつはバリアの情報全てが、都合の良いように変形できると分かった。
 先程の振り切った攻撃は、バリアを太刀の形へと変形させ攻撃したのだろう。
 先程の彼と俺の距離は5メートルちょい。見えない太刀のリーチがおおよそが分かった。
 個人差があるらしく、展開するバリアの個数、バリアの強度、バリアの形、バリアの色彩が人により違うらしい。
 ただしバリアにも重量があるらしく、彼の第2攻撃の速度は明らかに遅い。空中にいたため、避けることができなかったものの、間合いを調節することによって十分に彼の攻撃を避けることができそうだ。

 見えないシールドに、見えないブレード……


 正確な読みと判断が要求されるが――やってやる。








「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く