最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

5話

終幕フィナーレだ!! Aランクさんよお!!」

 俺はヤツの隠れている物陰へと全速力で向う。
 すると彼は、茂みに隠れて覚悟を決めた動物のように物陰から出てきた。
「君は強い、それは認めよう。だが最後に勝つのはこの僕だ――。君だけには、ここまで僕を追い詰めたお礼として、一日一度限りの”奥義”を、見せてやろう」
 そうして彼は構える。それも今までに無いようなドッシリとした構えになる。
 俺はドバドバと溢れ出たアドレナリンによって、警戒を怠り、獣のように叫ぶ。

「ほざけッ! クソナルシストッ!!」

 最後の最後である銃弾を、ヤツの体を目掛けて放つ、放つ、放つ、放つ。


「慙・時雨鎌イ太刀――」


 それは一瞬だった。
 何が起きたのかなんて俺には分からない。だが分かることはただ一つ。
 彼は、俺を切ったのだ。
 な、何なんだ? 何が起こったんだ?

 思考は現実を認識せずに、左手で銃を構える。
 すると右腕からは何かが落ちたような音がして、心なしかそれは軽くなっていた。
 目標を捉えた瞬間、俺の痛覚が目覚め始めた。
 そして胸から腹にかけて、噴水の水のように血飛沫が切り跡から出る。
 腹からは強烈な熱線をあびたような痛み、右腕には劈くような痛覚が襲う。

「いてえええええええええええええええええ」

 自我を保てるような痛みではないと、全神経が俺に命令を送っていた。

「これで無能力者と笑われることもなく、能力者と蔑まれることもない。右腕を無くし、これで君は晴れて”普通の人”になれる」

 後ろから声が聞こえた。今にでも首を切りそうな位置に彼が立っていた。

「元々こんな戦いフェアじゃないんだ。能力者と無能力者の戦いなんてたかが知れている。まあ、あえて僕がハンデを使ったんだ。必殺技を使わないという”ハンデ”をね」

 ついに目の前が漆黒の世界へと進み始めた。
 わずかながらの理性で俺は慢心をしていたと自分を分析する。

 (あれだけ頑張って、剣先生に修行までついてもらったのに…… こんな一つの間違いで俺は)

 薄れていく後悔と意識の中で、今までのことが走馬灯のように駆け巡る。


 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇


 剣先生と修行していた時のことを思い出した。

「少し私の昔話をしようか」

 いつもの1対1のトレーニングを終え休憩していたところ、剣先生が話しかけてきた。

「聞きたいです」

 その時の俺は剣先生については、スリーサイズと家の場所ぐらいしか分からなかった。

「そうだな…… 私が傭兵を始めた時の話をしよう」

 そう言うと彼女は、遠い過去を懐かしむように視界を前に向けた。

「傭兵をやる前の私は警察という治安を維持する仕事をしていたんだ。当時の私はな、どうしても多額なお金が必要だった。そのために当時勤めていた警察をやめた。まあ元からあのような卑劣な場所は、すぐ辞めるつもりだったんだがな」

 そう言い彼女は続ける。

「前払いで何千万とくる傭兵に少しばかり性に合っていると思ったよ。それが傭兵になるための動機ってところだ。私は金の為に人を殺せる人間なんだ」

 まるで自分に言い聞かせるような言いぐさだった。
 数々の伝説を残してきたと言っても、彼女は一人の人間だった。

「昔はでしょう? 今はどうかは知りませんけど、昔は昔でしゅよ」

 慰めるつもりが、思いっきり噛んでしまった。伝わったのかドキドキしてしまう。

「ふふっ、君でも励ますのか。すこし驚きだよ」

 彼女から笑顔が溢れ出る。俺が噛んだおかげ?

「初実戦は凄かったよ、弾が、どちらかが殲滅されるか、撤退するまで物凄い量が飛び交っているんだ。スリル満点で楽しかったね」

 笑顔で話す。よほど楽しかったようだ。

「戦地に行く前は女性というだけで散々ものを言わされたよ。そのたびに片っ端から全てぶっ潰してきたが」

 これまた笑顔で話す。この人にかなう人なんて絶対いないだろうに……

「まあここからが楽しくなる。私が三度目の戦地に出向いたときの話だ」

 先ほどとは違い。真剣な顔になった。よほどなことがあったんだろうか。

「2003年、2月14日、世間一般では血のバレンタインなどと呼ばれているな」

「確か能力者同士の初めての大抗争ですよね。第1戦がカナダ、第2戦がここ日本国の北海道、他は忘れましたが」

「全く…… 授業をしっかり受けろ。とにかくあそこに、トリックスターズの囮小隊として派遣されたよ。当時、超能力者なんてアニメや妄想の話だと思っていてな、何も知らない私たちはESP達の殺し合いに参加してしまった……」

 彼女の顔が険しくなる。

「バカげていたさ、突如津波が現れたり、何もない空が突然と夜へと変わったりな。仲間の一人が『ここが天国か?』ってジョークだけは笑えたよ。そいつは死んだがな」

 続けて彼女は話す。

「ESPの情報すら無かった時代だ。仲間は無残にも殺されまくった。しかし私だけは運が良かったのか悪かったのか生き残ってしまった。逃げもできず、仲間が誰もいない状況なんだ。お前に想像できるか?」

 うつろな目で彼女は聞いてきた。こんなにも壮絶な過去話が聞けるなんて想像もしてなかった。

「絶望したさ、戦場は幻想による津波で、前線は無茶苦茶。何が何だか分からなかった。どう逃げるか、後ろへ退避すると弾丸が私達を襲ってくる」

「その銃弾の音が、私のお父さんのよく言っていた『根性ださんかーーー』という言葉に聞こえてな。とにかくそれのおかげで私は頑張れたんだよ」

「あそこが死線だったんだろうな。その言葉を胸に全ての敵を倒した。今では伝説となっているが、ただ運が良かっただけだ」

 先生の遠くを見つめるようなそんな瞳だ。
 彼女の腕にある大きな傷跡で、痛覚によって幻想を取り払ったんだなと分かった。
 そこで彼女が何をしてきたのかなんて、俺には分からない。
 だけどこれだけは言いたかった。

「先生…… トイレってどこにありますか?」

「人がこんな話をしているに! このバカ者! このこのこの」

 その後めちゃくちゃボコボコにされた。

 ◇ ◆ ◇ ◆ ◇

「僕の必殺技を食らった大抵の人間は死んでいった。だから使うということはあまりしたくは無かったんだ。君のような本来勝てるべき人間に使ってしまったのは、僕の慢心のせいだろう。まあ無能力者の君となら、どうあがいても僕が勝っていたけどね」

 猛然とした意識の中、俺はこう思っていた。
 ああ、ごもっともだ。俺には”能力さいのう”がない。
 でもこんなに届かなかったのかよ……

 それでもあきらめない人が俺を見ていた。

「佑!!!!!!!! 根性ださんかぁああああああああああああ!!!!!!!」

 聞き慣れた声が会場に唯一繋げられるマイクで絶叫していた。
 そんなことをするのは彼女しかいない。
 そう剣先生だ。
 彼女の声に反応した、消え掛かりそうな精神界にある俺の魂が、朽ちた体を損傷構いなしに、起動パルスを叩き起こす。
 反応するように体中の細胞が目覚めていく。
 内からひっきりなしに湧き出るような力を使い、平然と這い上がった。

「そうだッ…… 最後の一滴まで…… 俺はッ」

 そうだ俺は剣先生に戦いだけを教えてもらったんじゃない。
 諦めない気持ちまでもを教えてもらったんだ。ここで朽ちるわけにはいかない。
 自然と腕の傷と、胸を切り裂かれた大きな穴の激痛が全くというほど無くなっていた。
 そして、落ちていたナイフを素早く口で掴む。
 全速力で万丈王也の方へと走った。

「もうやめろ、出血多量で君が死ぬぞ。審判! 早くやめさせろ!」

 彼は激情に任せ審判に抗議した。しかし審判は剣先生の手により気絶させられていた。

「チッ、あのクソアマ教師!! しっかし君は、ハハッ――なんてやつだ」

 舌打ちをして、彼はあの大きな鎌を構えた。
 その顔は何か覚悟を決めたような、形相たる顔だ。

「化物めッ!!」

 来る。鎌を彼の右側に大きく振りかぶる。その振りかぶった角度だけでも、全てを一刀両断するほどだ。
 冷静に彼の攻撃を思い出す。ある程度近づくと彼は消え、俺の真右限定に現れるんだったはずだ。
 彼は、俺の予想していた範疇に空間ジャンプしてきた。

 こいつは単調すぎる。
 すかさず俺はしゃがみ、彼のジャンプしたての地に付いていない足を、右足で回し掛ける。
 激痛が走るが、構い無しに、切れた腕で体重を支える。
 彼が右回りに倒れる姿を確認した。
 彼は頭を強打するように地面に打たれた。
 猫のように彼の体に飛び乗り、咥えていたナイフを首元に突き刺す。



 ブウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウウ



 試合終了の合図が会場全体に鳴り響いた。そのまま俺は意識を失った。











「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く