最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~

緒賀 実弦

2話










 次の日、いつもの授業が終わり、剣先生の住居へとお邪魔させていただいた。

「おう、佑来たか」

 大きな門を開くと、黒いタンクトップの上に、当時着ていただろう軍服で剣先生が出迎えた。
 左腕には竜の刺青があった。タンクトップの横から黒いひもが見える。鎖骨から汗が流れ、それのおかげか剣先生が凄い色っぽく見える。

「う、うっす。今日からよろしくお願いします」

 その格好に、慌てて目をそらす。家の中のはかなりの古風な日本の屋敷だった。

「ああ、久しぶりに少し体を動かしててな。それより奥のほうでやるから入ってこい」

 ニヤけながら彼女はそう言う。バレたんだろうか。気にしないでおこう。
 屋敷の奥のほうに入っていく、家の横に道場のような建物があった。
 剣先生が一礼して入る。俺も真似をして、広い道場のような空間に一礼する。

「よし、お前はある程度の体はできているな。早速だが戦闘のノウハウから教えてやろう」

 剣先生の授業を受けたことが無いため、まったくというほど分からない。

「ノウハウ? 俺プロレスぐらいしかできませんよ」

「大丈夫だ、いくらアホなお前でも私の教育センスでどうにかなる」

 そうして俺の特訓は始まった。





 基礎体力は合格とのことだ。日頃の運動の成果が出ているようで少しばかり嬉しかった。
 教わった内容は、オーソドックスな対人体術、そして戦いにおける精神統一の呼吸法、反応強化、接近戦ばかりのようでどうも気になったが、お前は接近の素質があるのだと言われた。
 戦いは銃撃戦による戦いだと思っていたが、能力者の場合によっては、そんなものは通用しない者がいると言っていた。
 超拒絶系統の相手には銃など喰らわないからだ。
 だから無能力者が能力者に対抗するなら、近中遠距離のオールグランダーでなければならないということらしい。
 死に物狂いで剣先生の訓練に耐えて耐えた。

 あの日から3か月が経った。
 外見的な変化はあまりないが、行動の先読み、いかに戦闘で無駄をはぎ取るか、そのあたりにおいて、かなり強くなっていた自信があった。
 わずか3か月で、たまにだけど、剣先生から一本を取ることができるようになっていたのだ。
 さすがは剣先生の指導だ。
 少しずつ肥大していく自信が、確信へと変わっていった。





 8月4日早朝、いつものように自宅を出る。
 中等部は集団寮だが、高等部になると一人部屋が用意される。
 Fランクの俺には小さな空き地のコンテナの中に住んでいる。
 他の奴らのように、マンションですくすくと温まるということはない。
 食事は近くの売店で食品を購入し、各自で料理を作ることが義務付けられる。
 俺だけこのような仕打ちなのは、実力主義のランク制のせいでもあるんだが、何よりも空き部屋が無いからと言われ、俺の前に住んでいた部屋を追い出されたからだ。
 世の中理不尽だらけで、俺には楽しい瞬間は、趣味ぐらいの時でしかない。

「おはよ、タスク兄さん!」

 いつものように、ハリボテのドアを閉めると隣のマンションの少女、ユウが元気に挨拶をしてきた。
 歳は一つ下で、外見は黒い髪のロングに、ぱっちり二重の目。
 背は155くらいだろうか。たまに一緒にご飯を食べたり、食べなかったり。
 そんな仲の隣人だ。

「ちょっとー、タスク兄ぃ、無視は酷いですよ」

 彼女はあざとくほっぺたをふくらませる。
 特別な感情が湧かないその理由は、こいつは超筋力能力者の、とんでもない怪力女だからだ。
 おかげでというか、散々な目に合っている。
 とくに酷かったのが、このハリボテのコンテナハウスを、ダンボールを解体するように壊した時だ。
 あのときは膝をガックシと降ろして、ひざまずいて、おいおい泣いてしまったことを覚えている。
 彼女のランクはB級、凄まじい怪力と並外れた体術の強さで、並み大抵の能力者には勝てるほどの実力である。

「むぎゅぅ! おお、この前よりも体格が変わってるね」

 急に彼女に抱き着かれた。あざとすぎる、普段は無口で可憐な美人というキャラで通っている。
 しかし、俺と二人きりになると今のように甘えてくるのだ。いや暑苦しい、もう8月だぞ。
 彼女は俺の胸にフーッ!と飛び込むと、鼻を俺の右脇の匂いを嗅ぐように移動させ、フンガフンガと臭いを嗅いでいる。
 抱きついた体が、ほどよく富んでおり、大きな胸を俺の腹あたりにボヨンボヨンと押し付ける。
 うむ柔らかい。俺の体に触れるたびに白いシャツのボタンとボタンの間から、健康的な肌の柔らかそうな谷間が見えた。
 下の方には、乳を支えていると思われる、ピンク色の色気のあるの生地、白い金具がはちきれんばかりに、引っ張り合っている。
 男性から見ると、おっぱいは柔らかそうに見えるのだが、実際に触ってみると意外と硬かったりする。
 まあこいつの場合は脂肪のおかげでぼよんとしてはいるが。

「ちょっ……、わかったから! いい加減にしないと夜中に襲うぞ」

 どうせ返り討ちに合うかもしれないが。っていうか本当に暑苦しい。

「そんなこといって、もっとおっぱいが当たって欲しいって思ってるんでしょ?」

 俺の心を読むな。もっと当てろ。


 そのまま、彼女と一緒に学習館に行った。
 いつものように寮の階段を下り、ユウと学園まで歩く。

「そういえば今年のランク戦は出るんか?」

「出ませんよー、A級には上がりたくはないですからね」

 そういえばこいつB級だったな。Fランクの俺とは天と地ほどの差がある。

「ほーん、俺今年は出ようと思うんだ」

「え、マジですか! 能力が使えないのに大丈夫なんですか?」

 大げさにびっくりしながら、道の端まで彼女は後退した。そんなに驚くことは無いだろう……

「余計なお世話だよ。毎日授業終わりにな、剣先生に特別授業を受けさせてもらっているんだ。かなり自信はあるぞ」

 いままで誰にも明かしたことはなかった。しかしユウになら明かしても。

「あの先生に……体格が変わったと思ったら、そういうことだったのか…… さすがは私が見込んだ人ですね、凄い根性とやる気。さすが私の佑兄さんだなあ」

 言い終わるとニコッと笑い俺のほうを見た。すこしあざと可愛いが、キュンとはしない。

「って、いつからお前のになったんだよ。ふざけるな」

「てへぺろこつーん」

 ユウは俺のほうを見て、舌をピョっと出しながら、こぶしを軽く頭にぶつける。

「ていうかさ、お前彼氏いるのに、俺と一緒に通って大丈夫なのか」

 ホントこいつ、彼氏がいるのに俺とこうして歩くんだから、ふざけてやがる。
 彼氏は少しは束縛してもいいだろうになあ。

「大丈夫です。顔と頭はいいけど察しが悪い人なので」

「そうなのか(ビッチめ)」

「今は、佑兄さんと登校をしたい気分なんです。いいじゃないですか」

 なんとも楽観主義過ぎて、もし俺がユウと付き合っていたら、こんな俺と登校しているところを見て激怒しそうだな。
 っていうか普通にキレている。

「まああれだ、付き合っている相手がいるんだから裏切るような真似はやるなよ」

「別に裏切ってないです。佑兄さんといても何も言わない、あの人の方が悪いんですから」

 ユウは追い越したように少し俺の前を歩く。
 顔は見えないが、少し怒っているようにも見えた。
 それから何も話すことはなく学習館に付いた。
 世間一般で言う学校のようなところだ。

「じゃあまた後でな」

「はーい!」




「最弱能力者の英雄譚 ~二丁拳銃使いのFランカー~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く