TSカリスマライフ! ―カリスマスキルを貰ったので、新しい私は好きに生きることにする。―

夕月かなで

千佳と、もう一つの姉妹。

「あら千佳お嬢様、おはようございます」
「おはようメイドさん!」
「おはよー!」

「おはようございます、千佳お嬢様。お急ぎですか?」
「逃げてるの! おはよう!」
「おはよー!」

 メグちゃんと豪華な廊下を駆け抜け、擦れ違う掃除中のメイドさんと挨拶を交わしながら食堂に向かいます。
 というか使用人の皆も日本語ペラペラなんだけど!

「勿論です。メイドですから」
「私の心の声まで読み取れるの!?」

 後ろから追いかけてくるメイド親子も怖いけど、普通に心を読んでくるメイドさん達も怖い。

「怖くないですよ、千佳お嬢様」

 ……うん、もう考えないでおこう。

「怖がられたままは嫌ですので、ヒルデお嬢様とベアト奥様は私達メイドにお任せください」
「じゃあお願いします! メグちゃん、行くよ!」
「はーい!」



 メイドさん達が止めてくれたみたいで、ヒルデちゃんとベアトちゃんの追跡は振り切ったようです。
 メグちゃんの手を繋いだまま食堂の扉を開けると、そこには赤髪と青髪の女の子が座っていました。

「おはようねん、千佳たん! 恵たんも!」
「おう千佳に恵。よく眠れたか?」

 ベアトさんに負けず劣らず変な言い回しを覚えてしまった、青髪で目元が隠れているキャロライナさん。
 そして男勝りでクールな、赤髪ポニーテールのクリスティンさん。
 この二人が食事を取っていました。

「おはよう、キャロライナさん。クリス」
「わ、私の事はキャロルでいいのねん」
「そう? それじゃあ改めて、おはようキャロル」
「はうっ! 千佳たん、生だと迫力が違うのねん」

 私が挨拶をすると、何故か胸を抑えて椅子の背もたれに体を預けるキャロル。
 それを見たクリスは苦笑いを浮かべています。

「ははは。キャロルだけじゃなくて、親戚全員が千佳の事を心待ちにしてたからな」
「その為に二年前から日本語を勉強してるのねん!」

 私の為にそこまで頑張れるの!?
 何というか、私の影響力凄いなぁ……。

「そういえば廊下にも豪華な額縁で私の写真が飾られてたよ……」
「後でメイドさんに持って帰っていいか聞かなきゃ!」
「メグちゃん……」

 ファンクラブのポイントで一杯プロマイドゲットしてるじゃん……。
 普通に家のカメラで撮った写真もアルバムにしてるし、まだ足りないの?

「さて千佳たん、恵たん。遅めの昼食だけど食べるねん?」
「あ、うん。メグちゃんはお腹減ってる?」
「うん!」
「今日の昼はグラーシュ。ああ、日本で言うシチューみたいな料理だ。サラダとソーセージもあるから、楽しんでくれ。用意を頼む」
「承知致しました」

 クリスが壁際で立っていたメイドさんに昼食を用意するように言って、私とメグちゃんは六人くらいで座れる円卓に座りました。

「あれ? 今思ったけど、今日来た時は貴族っぽい細長いテーブルがあったよね?」

 そんなに長さいる? と疑問に思う位長いテーブルだったのですが、今は円卓が四つ設置されているだけになっています。

「ああ、千佳達が来たからな。前のテーブルだと狭くなってしまうから、違う部屋のテーブルと代えたんだ」
「今皆はお仕事とか用事で此処に居ないのねん。だから私達と一緒に食べようねん」
「二人は用事とか無いの?」
「千佳達と同じで学校も休みに入ってるからな。それに今日は千佳達に家を紹介して回ろうと思ってたんだ」
「そっか。それじゃあお願いするね。教えてもらってないと迷子になっちゃいそうだし」
「任せるのねん! 一杯お話するのねん!」

 キャロルは前髪で目が隠れてるけど、話してみればとっても元気があって面白い人だ。
 話を聞いてみればクリスとキャロルも姉妹らしく、キャロルが姉でクリスが妹らしい。
 しっかり者のクリスが姉をフォローしているんだろうな。
 私達とは逆の形だね!

「……お姉ちゃんも時々抜けてるけどね」

 メグちゃんのその言葉は、キャロルの話を夢中で聞いていた私には入ってこないのでした。

「TSカリスマライフ! ―カリスマスキルを貰ったので、新しい私は好きに生きることにする。―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く