TSカリスマライフ! ―カリスマスキルを貰ったので、新しい私は好きに生きることにする。―

夕月かなで

海水浴で見かけるシャチのやつ

 夏と言えば海!
 ということで今日は家族だけの海水浴にやってきました。
 お父さんに膨らませてもらったカラフルな浮き輪と、乗れるフロートなシャチを手に、家族皆で海へと浮かびます。

「流石プライベートビーチだね。全然人がいないよ」
「お姉ちゃん、私もシャチさん乗りたい!」
「おし、代わろうか。おいしょっと、あわっ!?」

 シャチさん、意外と乗るのは難しいです。
 そして降りる際にこうやってバランスを崩してしまえば、冷たい海の中へと振り落とされてしまうのだ。

「お姉ちゃん大丈夫?」
「ごぼごぼ」
「お姉ちゃん!?」
「ぶはっ! お姉ちゃん帰還!」
「もうお姉ちゃん、びっくりさせないでよ」
「ごめんごめん。それじゃあ私が支えてあげるから、メグちゃん乗ってみて」

 ここは浜辺から近い、足の着く場所なので溺れる心配はありません。
 ニュースでよく取り上げられる離岸流も起きない場所で泳いでいますし、すぐ傍でお父さんとお母さんがイチャついているので大丈夫。
 イチャつきすぎないかは心配ですが。

「じゃあメグちゃんどうぞ」
「はーい」

 かなり浅い部分まで二人でシャチさんを持ってきて、右の手でシャチさんの頭を、左の手でシャチさんのボディを持ちます。
 メグちゃんがシャチさんの上に跨って、再び海へ出発進行です。

「ちゃ、ちゃんと支えててねお姉ちゃん!」
「任せなんし!」
「なんし?」

 シャチが横に回転しないように支えながら、メグちゃんをジロジロと見ます。
 私はメグちゃんの厳正な審査によって選ばれた、黒いモノキニと呼ばれるタイプです。
 前からだとワンピースタイプに見えますが、後ろからはなんとビキニに見えるのです!
 すっごい背中がすーすーしますが、メグちゃんのセレクトなので異論はありません。

 そして本題のメグちゃんは、上下が分かれているビキニです!
 私がビキニを着て欲しいと土下座でお願いしました。
 白い髪に白を基調として水色のバブルが散りばめられたデザインは、メグちゃんにピッタリですね!

「うぅ、お姉ちゃん見すぎだよぉ」
「ごめんごめん、メグちゃんは何処行きたい?」
「んー。お姉ちゃんが行きたい所!」
「愛いやつめ! それじゃあお母さんたちの所に突撃しよう!」
「はーい! 吶喊!」
「ウラー!」

 気分は駆逐艦です!



「疲れたー」
「お姉ちゃん抱っこー」
「疲れなど知ったことか! さぁカモン!」
「千佳ちゃん大丈夫?」
「大丈夫だよお母さん、ありがとう」

 プライベートビーチでも特設のシャワー室が設けられており、そこでシャワーを浴びてから着替え、お母さんと背中に負ぶさったメグちゃんと共に駐車場へ向かいます。
 メグちゃんセレクトの麦藁帽子を被ろうかと思ったのですが、メグちゃんに当たるといけないのでお母さんに託しました。

「すーすー」
「恵ちゃんったら、すっかり疲れちゃったのね」
「そうだね……ふぁぁ」
「千佳ちゃんも車で寝てていいからね」
「うん、そうするー」

 こうして家族だけの海水浴は、夕日に照らされる浜辺を見て終わります。
 海水浴の終わりは少し寂しいけど、それ以上に今日楽しかった思い出が沢山浮かびます。
 とりあえずお父さん、運転頑張って。

 ふぁ……、ううん、おやすみぃ。

「TSカリスマライフ! ―カリスマスキルを貰ったので、新しい私は好きに生きることにする。―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く