TSカリスマライフ! ―カリスマスキルを貰ったので、新しい私は好きに生きることにする。―

夕月かなで

第13話 夏はプールだ!

 ジリジリと強い日差しが子供達の作る波に揺られていく。
 今日は夏休みの中で数日だけ設けられた、クラス毎に小学校のプールが使用出来る日です。
 九重先生に許可を貰ってメグちゃんと花ちゃんの二人も一緒に参加出来るようにしてもらおうと思ったのですが、どうやら参加者の妹弟は元から参加出来るそうです。
 なので愛ちゃん湖月ちゃんが一度私の家まで来てくれて、愛ちゃんママ、湖月ちゃんママ、花ちゃんママ、そしてお母さんの引率の元、両手にメグちゃんと花ちゃんを携えて学校へとやって来ました。

 私の学校ではPTA会長の意見によって着替えは小学一年生から男女別々になっています。
 私は前世のこともあり特に気にならないけど、愛ちゃんたち四人の着替えが男子に見られなくてとても安心です。
 勿論私はこっそりと見ています。
 いえ、今は女の子なので犯罪じゃないです。
 合法! 合法だから!!

「おねえちゃん、きがえよ!」
「ほいほい」
「ねえねー! 水着きたー!」
「可愛いねー。天使だよー!」
「うちらは? なぁなぁうちらは?」
「湖月ちゃんも愛ちゃんも可愛いよー!」
「えへへ、可愛いだなんて……」

 そうして褒めて恥じらう皆をニマニマしながら見て、私もスクール水着に着替えていきます。
 メグちゃんと花ちゃんは普通の水着ですが私と愛ちゃん、湖月ちゃんは学校指定のスクール水着です。
 早速プールの中へ向かおうとするメグちゃん花ちゃんを抱き止めて、まずは準備運動です。
 これを忘れてはいけませんよ!

「それじゃあまず屈伸からね。いっちにーさんしー」
「ごーろくしーちはーち」
「ちゃんとしないと怪我しちゃうからね」

 プールサイドを囲むコンクリートの塀に備え付けられた物干しの棒に持ってきたタオルを掛けて、首にゴーグルを掛けたまま皆の前に立ち準備運動を開始します。
 私が先に掛け声を上げ、皆が続いて数を数える。
 最初は五人でやろうと思ってたのですが、どうしてか今プールサイドにいる全員が私の掛け声に合わせ準備運動をしています。
 まぁいいんだけど、男たちは私のお友達に近付くなよ!

 今日プールの監視担当をしている九重先生がキラキラした目でこちらを見ています。
 あれは、もう師匠を見る弟子だね。
 期待を裏切らないように頑張ろう。

「ほらそこ、もっと腰を深くまで下ろして」
「あなたは腕をもっと伸ばして」
「湖月ちゃん、だらーっとしてると怒るよ?」
「かんにんや! ちゃんとするわ~」
「最初からしなさいよ」

 途中湖月ちゃんの妨害にあった気がしたけど、なんとか準備運動を終えた私たちは試練へとやってきました。
 前世の頃では地獄と名付けられていたのですが、こちらシャワースペースになります。
 日光で温まっているプール内に比べ明らかにシャワーの方が温度が低いので、全員が悲鳴を上げては楽しそうにはしゃいでいます。
 最初は冷たいのが来るって身構えてるんだけど、浴びると皆楽しくなってはしゃいじゃうんだよね。
 シャワーから水が降ってきたときにびっくりしてメグちゃんが抱きついてきたので、二人でじゃれあいました。
 楽しい、この時が永遠に続いてもいいのよ。



「プールだー!」
「いくでー!」
「あ、危ないよこづきちゃん!」
「駄目ですよ皆さん! プールサイドは走らないで!」
「滑ると危険ですから歩いて! 特にそこの関西弁少女!」

 九重先生が慌てたように注意したので、私も名指しで注意します。
 こら湖月ちゃん、そんな空気読んでやぁみたいな顔しないの!

 初めに会ったときはこんなキャラじゃなかったはずなんだけどなぁ、湖月ちゃん。
 私たちと遊ぶにつれて意外とお茶目というか、奔放な性格が浮き彫りになって来ました。
 因みに愛ちゃんは変わらず小動物のような可愛さです。
 いや、湖月ちゃんもちょっと馬鹿っぽくて可愛いんだけどね!

「それじゃあプール入ろっか」
「うん!」
「あーい!」

 先に行ってしまった二人を追うように、左手にメグちゃん右手に花ちゃんというまさに両手に花の状態でプールへ向かいます。
 しっかりと握ってくれる二人の可愛さに当てられて、熱中症になってしまいそうだよお姉ちゃんは。
 すれ違う小学生たちがこちらを見ては羨ましそうに去っていく。
 ふふふ、羨ましいだろう?
 誰にも渡さないけどね!

「いいなぁ、あの二人」
「わたしも諸弓さんと手繋いでみたいなー」
「うんうん! わかるー!」
「千佳ちゃん、妹さんたちにもあんなに優しいんですね! 先生感動です!」

 何だか向こうの女の子たち&九重先生が騒がしい。
 まぁ、プールだからテンション上がってるんだろうね! 私も思いっきり遊ぶぞー!

 その時私たちは、楽しいプールの一日にあんな事件が起きるとは思いもしなかったのです。
 そう、まさか湖月ちゃんの身にあんなことが起きるなんて……。

 あ、心配しなくても大丈夫ですよ?
 全部私が解決してみせますから!

「TSカリスマライフ! ―カリスマスキルを貰ったので、新しい私は好きに生きることにする。―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く