いなりさま!

神城玖謡

参話

「貴女……だれ?」
「えっ、あっ、美月!?」


 艶やかな黒髪をポニーテールで垂らし、鋭い眼差しの瞳からは殺気が迸るが、これはデフォルト。嬉しいときも悲しいときも、常に目付きが悪い。そんな少女が、セーラー服をまとい、そこに立っていた。

 俺の妹の、美月だ。

 たしかに兄からみても目付きは悪いが、それを差し引いても美人なので、学校ではよく告白されるらしい。なんでも、下げずんだ眼差しで見下ろされて、罵られたいだとか、目つきは悪いけど、ちっちゃくて可愛いだとか……。
 また見た目は漬け物とか食べてそうな感じだが、甘い物が大好物で、他の女子から餌付けされる所をよく見かける。
 小動物みたいに食べるから可愛い! とは妹の親友の台詞だ。


「貴女……今私の名前を呼んだわわよね? それにその耳と尻尾……」
「あっ、えーと……そ、そう! わ、わらわはこの神社の神であるっ!」
「神様……? それにしては威厳とか信仰力とか、全然ないわね」

 信仰力!?

「おまっ、美月! 何か知ってるのか!」

 ……あ。

「その口調……やっぱり兄さん?」

 呆れた様に、そして確信した様に言う美月。そうだ、コイツは昔から妙に勘よかった。

「…………あぁ、そうだよ。お前の兄ちゃんだよ」

 ふんっと鼻から息を漏らす美月。その勘が当たるとドヤ顔で鼻を膨らませる……これまた昔からそうだ。

「……で、どうして一体、何があってそんな姿に?」
「ああ、それは──」
「ちょっとみっちゃん、お兄さん見つかったのー?」

 さっそくと説明しようとしたところ、聞き慣れた声と共に少女が部屋に入って来た。

「って──ケモっ子だああああああああ!!」

 突進。

 お前はイノシシか! とツッコミたくなる様な勢いで突っ込んでくる少女──軽くウェーブのかかった茶髪をカチューシャで留めたその子は、しかし一瞬後後ろから伸びてきた手にセーラー服の襟を掴まれ、ぐえっと女の子に有るまじき声を出して止まった。

「こらっ、なのちゃん……ダメでしょう?」
「かはっ……み゛、み゛っぢゃん……ぎまっでる、ぎまっでる……」
「あ、ごめんなさい」

 全くもって申し訳なく思っていなさそうに謝り、手を放す美月。
 少女──例の妹の親友で、その兄合わせてケモナーとして有名な兄妹の妹、高野奈乃華たかのなのかだ。

「し、死ぬかと思った……」
「だ、だいじょぶか?」
「だいじょうぶ私もう生き返った!!」
「お、おう」

 相変わらず頭のネジ飛んでんな……。普段は普通の娘だけど、ケモっ子の話となったら爆発的にビスが吹っ飛ぶ。それがこの娘、奈乃華ちゃんだ。

 むしろこの娘の方が犬っぽい……と常々思っているんだが、どうだろうか……。

 一方、同じ学年の、奈乃華ちゃんの兄、勝人とはめったに話さない。別に仲が悪いって訳じゃないが、仲良くはない。
 それこそ廊下ですれ違ったら挨拶したり、互いに「うちの妹が迷惑かけてすまん」といった事を話すくらいだ。
 なにかきっかけがあれば、親友とまでは行かなくても、そこそこ仲のいい友達になれるかもしれない。

「……で、この娘、なんなの? よくよく考えてみれば、ケモっ子なんて普通いるはずないし……」

 お、頭のネジが刺さったようだ。まともモードになると普通なんだよな。

「これ、うちのアニ」
「アニ……? ペット?」
「なわけあるか! 神城和樹だよ、奈乃華ちゃん」
「えぇっ!? マジですかっ!?」

 そうそう、これが普通の反応だよな。うちの妹は察しが良すぎる。

「はぇ〜、なあんでまたまたそんな姿に……」




 まぁそっから、今までの経緯を話した訳だが、全く同じ話だし、長くなるから省かせてもらう。




「……と、いう理由だ」

 と話し終えた俺は現在、奈乃華ちゃんの膝の上に座らされて抱かれている。まるでぬいぐるみ扱いだ。

「すごーい……そんなことが現実にあるなんて……」

 素直に感心する奈乃華ちゃん。説明してる俺が言うのも何だけど、素直すぎて将来が心配だ。怪しい奴に騙されなきゃいいが……。

 一方の美月、うんともすんとも言わず、ただただ話を聴いていた。
 逆に、俺が聞きたいことがある。

「なあ美月、お前、何か知ってんじゃないのか?」
「…………うん、知ってる」

 コイツはコイツで、ある意味素直なんだよなぁ……社交辞令とかが苦手なタイプで。

「そもそもうちの家は、この神社の、天音之神を神殺しから護るためにある」
「……そうなのか?」
「なのっ!」
「なのちゃんうるさい。うん……兄さんが教えられてないのは、それは兄さんが男だから……だったから」

 言い直さんでよろしい。

「でも、なんで男は教えられないんだ?」

 むしろ神様を護るんなら、腕っ節の強い男が知っているべきだ。


 そう訊くと、なぜか頬を赤めらせて、少し躊躇いがちに口を開いた。

「その……やっぱり、神殺しから神を護るには、聖なる力が必要な訳」
「あぁ……それで?」
「だから、その……お、男の人って、大きくなる前に自分でやっちゃうでしょ……?」

 やっちゃう? って、まさか……

「それって、オナ────」
「…………!!」

 むぐぐっ……口を塞がれた。

 でも、普通女の子も自分でしたりするだろうに……あ、もしかしてあれか。女の場合、破らなければ穢れずに神聖なままとか。なるほどなあ……。

「兄さん、変なこと考えてる?」
「まさか」

 まさか口が裂けてもイエスと言う訳にはいかない。

 と、ここで今まで置物の様にお座りしていた天音が、ピョンっと俺の膝の上に飛び乗って来た。

「おわっ!?」
『ようやく説明は終わったかの!』
「ああ、終わったよ」
「っ! もしかし──」
「すごおおおおおい! 華月ちゃん、狐の言葉がわかるんだね!」

 華月ちゃんて……

 何かを言おうとした美月を遮って、大きな声を上げる奈乃華ちゃん。ガンガン頭に響くからやめてほしい。
 それにほら、美月のただでさえ鋭い目が、もう日本刀も尻尾を巻いて逃げ出すくらい鋭くなっている。

「あ、あはは……ご、ごめん」
「はぁ……もしかしてだけど、その狐が天音様なの?」
「ああ、そうだよ。っていうか、二人は声聴こえないのか?」

 奈乃華ちゃんの反応を見る限り、聴こえていないらしい。

「私は聴こえないの!」
「私は聴こえる……まぁ、霊能者の修業は積んでるし」

 えーいいなーと漏らす奈乃華ちゃん。さり気なくミミを触るのを辞めてほしい。くすぐったいったらありゃしない。

「んっ……それで、何か言おうとしてたんじゃないのか?」
『うむ、なに……もう暗くなって来たしの。女子だけじゃ。そろそろ家に帰った方が良いんではないかのう』
「確かにそうだな」
「ほんとだ。早く帰らないとお母さんに怒られるかも……」
「ん…………兄さんは、どうするの?」
「どうするって、そんなの帰るに──」
『ダメじゃ』
「──決まって……ない、の?」

 ドクターストップならぬゴッドストップ入りましたー。

「な、なんでだよ」

 尻尾を不満げに揺らしながら訊く。

 するとそれに対抗するかのようにミミをフルフルさせ、天音はこう言った。

『ダメというか、無理なんじゃ。
 なぜかというと、今のカヅキは半分この神社の神じゃ。して忘れては行けないのが、この神社が神を外に出さないための檻だということ』
「え、じゃあ……」
『うむ、出たくても出れんじゃろう。しかしまぁ、もう半分は人故、妖力を抑える神具を使えば、出られん事もなかろう。
 ま、今はそれすらないからの、せいぜい諦めい』
「マジですか……明日からの学校どうしよう……」

 軽く絶望し、一人黄昏ていると、我が妹様が声をかけてきた。

「安心して、兄さん。……私が家族に説明しておくから」
「いや、そこじゃねーよ……」


 ほんと、どうしたらいっかな〜。








「けど、これから何をして過ごせばいいんだ?」

 美月と奈乃華ちゃんが家に帰ってから。俺はそう天音に訊ねた。

『まあ、これからは半分神、半分巫女として修業するんじゃな。いつまた奴らが来るとも限らん。自衛の準備はして置かんとのう』

 巫女さんですか……アレは見るから良いもので、なって楽しい訳ではないだろうに……。

「巫女かぁ……ハードル高いなぁ」

 軽く絶望し、一人黄昏ていると、神様が声をかけてきた。

『安心せい。……巫女服ならタンスのなかに入っておる』
「いや、そこじゃねーよ……」

 ってかなんで入ってるんだよ。

「まあ今日はもう寝るだけじゃし、着替えんでもいいじゃろう」

 ほっ……一先ずは女装回避だ。

 そこで一つ、疑問が浮かんだ。

 確か今の俺は半神だって話だったけど……食事とかどうすればいいんだ?

『あー、そうじゃなぁ……基本は食べなくても平気だと思うが……もし腹が減ったら美月に持って来てもらえばいいじゃろう』
「それもそうだなぁ……」
『まあ何はともあれ、色々考えるのは明日にしよう。今日は色々あったからのう、ゆっくり休むのじゃ』
「あい、りょーかい」


 こうして半神生活1日目が終了したのだった。

「いなりさま!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く