君のことを本当に……?

ノベルバユーザー173744

《決意》……家族として

 手当てを終えた穐斗あきとは両親と醍醐だいごの車で帰っていく。
 その後ろを追いかけ、走っていく。
 盆地であるこの町は、周囲が山々があり、日が沈むのが少し早く、その代わりと言うように、山並みを赤く染める。
 次第に暗くなるものの、先の車を追いかけて戻っていく。

 そして、学校ではなく、その横を通り抜けていくのを、宇治ひろはるが、

「どこに行くんかいな?」
観月みづきが待ってますよ。さっき、電話で連絡しておきました」
「観月が?」
「昨日は私たちと見たのですが、今日はおじいちゃんと見るんだとはしゃいでいましたよ」
「蛍……言うてたなぁ。タクシーの運転手はんも」

思い出す。
 すると運転席の嵯峨さがが、ちらっと父を見て、

「えぇ。源氏蛍だけでなく平家蛍も見られます。昔、4人で行きませんでしたか?おとうはんが珍しく仕事がのうて、あてらも甚平はんを着せてもろて、おかあはんと」
「あぁ、行ったなぁ……でも、ちいそうて、弱々しかったなぁ……」
「ここは本当に昔から多いので有名だったそうですよ。で、それからも祐也ゆうやくんや醍醐たちが、荒れた山を整備して、川をきれいにして、増やしていったんだそうです。今年は特に綺麗で……観月は目をキラキラさせて笑ってました。もうすぐですよ」

醍醐の車が停まっている隣に車を停めた嵯峨は、

「薄暗いので気を付けてくださいね」

と、柚月ゆづきを下ろし、そして父に手を差し出す。

「あ、あぁ……わぁぁ!な、何や?」

 スゥッと横を通りすぎた小さい命に、目を見開く。

「おとうはん。源氏蛍やがな……」
「いや、それに驚いたんやない、あれや!そ、空の星なんか?蛍か?」
「ここは結構空気が澄んでいるので、星も良く見えますが、森から降りてくるんですよ」
「おじいちゃん!」

 テディベアを抱いた観月が駆け寄ってくる。

「おじいちゃん!こっち、一杯いるよ!」
「じいちゃん、気を付けて。足元暗いからさ」

 少年から青年になりつつある、だが凛とした眼差しが印象的な少年が迎えに来る。

「あてはまだ若い!」
「あははは!じゃぁおっちゃんって呼ぼうか?あ、そっか、初めましてでした。俺は不知火祐次しらぬいゆうじと言います。母を助けて戴いてありがとうございます。観月と同じ学校です」
「はぁぁ!あの不知火しらぬいの息子か?……余り似とらんな?体型もほっそりしとるし……」
「母に似てるんです。妹の方が父に似ていると思います。でも、母をありがとうございます。先生のお陰です」
「それよりもものすごい剣幕で、あてに説教した柚月にお礼を言いなはれ。的確な判断のお陰や」
「まぁ……お父さん……」

 頬を赤くする柚月に、宇治は笑う。

「あれは凄かったわ……ん?」

 フワリフワリとほのかな灯りが宇治の回りを舞う。
 そして、肩にそっと留まった。

「……恋人を探しにいかんかいな……」

 告げるが、蛍は留まったまま、優しい光を放つ。

「何か、じいちゃんにまっとったよって言いよるんやろか?」
「あてを?……美園みそのか?伏見ふしみやろか……?」

 宇治は手を伸ばし、そっとすくうようにすると、手のひらに乗っている命の灯火に囁く。

「心配せんでかまへん……傍におるさかいに。おいきや」

 手の中でチカチカと光った蛍は小さな羽を広げ、川辺へと飛んでいき、他の蛍と紛れていった。

「……綺麗やなぁ……。お墓の美園も伏見も見とるやろか?」
「……そうやなぁ……今年は一番綺麗よって、おかあはんは喜んではるやろ……」
「おじいちゃん。こっちこっち!昨日一番綺麗だった場所。祐次くんと三人で見に行こう?」
「おとうはんらは?」
「二人で見てるもの」

 いつの間にか手を繋ぎ空や川辺を見ている両親を示し、祖父と手を繋ぎ歩き出した。
 が、

「ウワッ!観月!またこけよる!」
「そそっかしいと言うか、おっとり嬢はんやなぁ、おばあはんに似とるわ」
「ご、ごめんなさい」

転びかけた観月のもう片方の手を握り、祐次は笑う。

「じゃぁ、一緒に行くか」

 祖父と孫たちは、良く見えるその場所まで歩いていくのだった。

「君のことを本当に……?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く