君のことを本当に……?

ノベルバユーザー173744

《蛍狩り》……繋いだ絆

 夕方が近づくと、日も陰り、下の道路が車の数が増えてくる。

 祐次ゆうじと下を覗き込んだ観月みづきは、ライトは見えないが、クラクションがよく聞こえ始めた下の様子に、

「ねぇ、祐次くん。蛍、車の多さで見えなくなったりしないかなぁ?」
「大丈夫だよ。戻ってきた皆でいつもの穴場に行くからさ。凄いぜ‼もう、ぶわぁぁって」
「虫、苦手だけど大丈夫かな?」
「見てるだけでも凄いから」

と話す二人に、祐也ゆうやが声をかける。

「二人とも、行くで。もう少ししたら日も落ちて、乱舞が始まるんや」

 戸締まりをして、車に手分けして乗った一行は谷に下ると学校のある方向とは反対に向かう。
 次第に薄暗くなりつつある周囲に、

「ちょっとドキドキする……」
「ちょっと見て、下の川」

運転する祐也の声に窓に張り付く。
 一瞬だが何かがほんのりと灯った。

「わぁぁ‼あれが蛍?」
「あぁ、これからや。もう少ししたら……ほら到着」

 祐次が先に降り、薄暗く足元が危うい為、観月をひょいっとおろす。

「蛍の光がよく見えるように、あえてほとんど光をつけてないんだって。注意しような?」
「蛍、見えませんね……」
「いや、ここからもう少し川に近づくんだ。それに……」
「あ、こっちから来たわ」

 別の車から降りてきた日向ひなたが、観月が背を向けていた方角を示す。
 振り返った観月は、

「えっ?……わぁぁ……星が降ってきた‼森から、一杯‼」
「蛍の雄は昼間は森におる。で、川におる雌に求愛する為に降りてくるんよ」
「わぁぁ……それに、空の本物の星も綺麗に見える‼凄い‼星が一杯降ってるみたい‼」
「観月お姉ちゃん‼こっちこっち‼」

穐斗あきとが引っ張る。

「ほら、こっち、一杯見えるでしょ?お兄ちゃん‼捕まえて?」
「しょうがないなぁ」

 言いながら被っていた帽子をさっと振ると、帽子には小さな命の光が瞬く。

「小さい……でも、綺麗……」
「これ、源氏蛍だよ?お姉ちゃん。平家蛍の方が小さいの。ほら、あっちの小さい光が平家蛍、強い光が源氏蛍なんよ?」
「へぇー‼穐斗くん、物知りだね‼お姉ちゃん知らなかった」
「えへへ。僕のお母さんの名前が蛍なのは、この蛍からつけられたんだって。でね?穐斗は、伯父さんの名前。でも、僕のこと、お父さんもお母さんも、それに伯父さんも大好きだから喜んでるって言ってた」
「そうね。お姉ちゃんも穐斗くん大好きだよ?」

 母親似の顔が笑顔になる。

「うん、僕もお姉ちゃん大好き~‼穐斗、お姉ちゃんのお嫁さんになる‼」
「こらこらこら‼穐斗~‼」

 慌てて祐次が止める。

「穐斗、男は嫁になるんじゃない。お嫁さんを貰うの‼」
「じゃぁ、お姉ちゃんをお嫁さんに……」
「駄目‼観月は兄ちゃんの彼女」
「えぇぇ~」

 穐斗は頬を膨らませる。

「お兄ちゃんずるい」
「ずるくない。穐斗もほら、あかねがいるだろ?」
「うーん、あかねちゃん、おままごとのお友だちだもん。それにね?風早かざはやお兄ちゃんのことが好きなんだって」
「あー!あきちゃん、ひどい‼内緒って言ったのに‼」

 茜は嵯峨さがの幼馴染みの紫野むらさきのの長女で、風早は日向の長男である。
 歳は、風早が一つ上である。
 風早には二つ下に那岐なぎと言う弟がいるが、母親似の弟に比べ、顔立ちも性格も父親に似ている。

「何?喧嘩はいかんで」

 近づいてきた風早は、茜と穐斗の頭を撫で、

「祐次兄ちゃん。三人で蛍見に行くよ。じゃぁね‼」

と二人の手を引いて去っていく。
 その鮮やかな去り方に、

「風早くんて、大人ですね……9才なのに……」
「時々年齢間違うんだ、俺も……」

と呟いたが、すぐに二人は蛍を放し、手を繋いで景色を見つめる。
 その後ろでは、

「生きた星を見つけると、ホッとするんですよ。それに、実は、ここで蛍を見ていた時に、貴女のことを思い出して……。一緒に見られたらと思っていたので……」
「そうなんですか?嬉しいです……」

と手を繋いで、デレデレの嵯峨と柚月ゆづきを、

「嵯峨、性格丸なったなぁ……」
「昔はあんな感じだっただろう?」

と双子の兄弟が呟いたのだった。



 蛍の乱舞はほぼ二時間……それを堪能した家族は家路についたのだった。

 ちなみに、武田夫婦は母屋の客間を借り、休んだのだった。

「君のことを本当に……?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く