君のことを本当に……?

ノベルバユーザー173744

《祭り》……愛おしい存在

 飛行機から降り立った一行を出迎えたのは、醍醐だいご風遊ふゆ
 多分、同行していないだろうとは思っていたが、観月みづきがいないのを内心落胆する嵯峨さがである。

「嵯峨兄はん。そないに嫌そうな顔せんといてや……観月ちゃんは、本当は来たがっとったんを我慢させたんで?我慢おしや」
「いや、嫌そうではないけれど、会いたかったなぁと落胆した」
「言いよるがな」
「でも……なぁ。風遊さんと醍醐はかまへんのや。うん……」
「どこの親馬鹿や。あてがおるんがそないに嫌か?一平やくれちゃんたちが帰るさかいに、おとうはんも待ちよるで」

 標野しめのは外を示す。
 一団は色々と喋りながら進んでいくのだが、風遊は英語で、あるシンプルメイクの女性に話しかける。

『久しぶりね、ヴィヴィ?あぁ、お仕事は抜きにしたいのだけど、着いたら、ビックリするわよ?』
『あら、風遊?新作作ったの?確か写メで贈られて来たのは……』
『あぁ、あの子は嵯峨さんの娘さんにあげちゃったわ。そうすると、名前を『風月ふうげつ』って付けてくれたわ。風の月ですって』
『まぁ‼綺麗な名前ね?』

 夫と腕を組んで、ヴィヴィは微笑む。

『でね?ヴィヴィ。観月ちゃん……嵯峨さんの娘さん、とても落ち込んでいたから気晴らしに、半縫製キットのベアを作ってみない?って誘ったら、初めてにしてはビックリする位素敵なベアを作ったのよ』

 撮っておいた写真を見せる。

『まぁ!キュート‼プリティ!素晴らしいわ‼』
『でしょう?この子は『祐月ゆうげつ』。祐次ゆうじくんの祐に月ですって素敵でしょう?』
『まぁ‼綺麗な名前ね‼でも、それだけが私に伝えたいんじゃないんでしょう?』
『そうなのよ。これは、本当に内緒にしておいてって、観月ちゃんに言われたから、ここでは言えないけど、ヴィヴィもビックリする程の素晴らしいものを、きっと魅せられるわ‼』
日向ひなたの新しい趣味の、ドールハウス?』

 ヴィヴィの問いかけに、風遊はウフフと笑う。

『もっともっと凄いものよ。ヴィヴィが絶対にビックリするわ』
『教えてくれないなんてずるいわ』
『だって、伝えたらビックリできないでしょ?本当に驚いて欲しいのよ。それに、ヴィヴィもしばらくいるでしょう?本当に私だって言いたいのよ。でもね?本気でビックリさせたいのよ』

 そして嵯峨と照れくさそうに手を繋いだ、初々しい柚月ゆづきに、

「柚月姉さんで良いかな?先は、シートが離れていたから、よろしくお願いします。ウェインです。で、最愛の人、くれないです」
「もう、やめてよ‼ウェイン‼あ、柚月さん。私は祐次と葵衣あおいの従姉の紅です。ひめの2才上です。よろしくお願いします」
「始めまして。ウェインさんと紅さんで良いですか?大塚柚月と申します」
「同年代ですよね?気楽に……」
「いえ、私は35なんです……おばさんですわ」

照れくさそうに頬に手をやる柚月に、紅は、

「えぇぇぇ‼わ、私よりも7つ上……あり得ない‼こんなに可愛いのに‼」
「そ、そんな……紅さんの方が快活で朗らかで優しいです」
「めちゃくちゃ、可愛いわ……。嵯峨さん、素敵な奥さんですね‼」
「そうなんです。娘の観月も可愛くて……早く会いたいです」

あの冷徹と言うか、厳しい印象のある嵯峨がデレている。

「でも、プレゼント、もっと選ぶべきだったでしょうか?あぁ、もっと髪飾りとか、ピアスは無理にしても、イヤリングも良いですよね……」
「いえ、嵯峨さん?甘やかしてはダメですよと言いましたよね?誕生日とか記念のお祝いの時に贈りましょう、ね?」
「ですが、私としては、観月が可愛いんです‼観月が欲しいなら、できうる限り買ってあげたいです‼」
「……嵯峨が壊れとるなぁ……」

 標野は呟き、紫野むらさきのは、

「えぇんやないか?」

と呟いたのだった。



 ブースの準備をして、他のテントのおじいちゃんおばあちゃんたちにも、祐也ゆうやに連れられ挨拶をする。

「おはようございます‼」
「おぉ、葵衣に祐次の彼女かな?」
「えらい可愛らしいなぁ」
大塚観月おおつかみづきです。年は、今度17才になります。よろしくお願いします‼」
「あ、じいちゃんたち。観月ちゃん、お母さんが今度結婚するんや。姓が変わるんで。観月ちゃんも、じいちゃんばあちゃん呼んでかまんので?この地域のじいちゃんたちは俺たちの家族なんよ」

 祐也は頭を撫でる。

「じいちゃんばあちゃん、祐次も葵衣も観月ちゃんも午前中おるんや。午後はおらんのよ。明日も来るし、頼むわ」
「準備が終わったら、おいでぇや?観月はわしらの孫や」
「美味しいもんもぎょうさんあるわ?」
「はい‼」

 頭を下げ、照れくさそうに微笑んだ観月は、

「後で来ますね?お手伝いもします‼」
「あぁ、おいでぇや」

3人を連れて歩いた祐也は、

「はい、祐次。お前は言ってた通り、建物の中。頼むな?」
「じゃぁ、兄ちゃん。観月や葵衣と、一緒にいてくれよな?」
「あぁ、大丈夫だ」

別れ準備に走る。
 葵衣と観月は着替えをするのだが、風遊のお店のお揃いのエプロンを着て、ヘッドドレスをつけて……可愛らしい格好である。
 観月は眼鏡をかけているが、本当に似合っている。

「可愛い‼観月ちゃんは上品な色が似合うんやねぇ?でも、淡いピンクとかパステル調も素敵やわ。葵衣ちゃんはカントリー調の『赤毛のアン』風も良いかもしれんわ」

 ほたるは微笑む。
 朝、観月は髪の毛をツインテールにして、三つ編みをしてぐるんっと巻き付け、雰囲気を変えた。

「多分、兄貴なら、『チャイナドレスで戦うゲームのキャラだ‼』とか言いそうやなぁ……」

 器用な祐也が整えた髪の毛のチェックをして苦笑する。

「に、兄ちゃん‼何で出来るん?」

 様子を見に来ていた祐次は、兄の手で変わっていく観月に唖然とする。

「で、葵衣ちゃんは、二つに分けて三つ編みやなぁ」

 蛍が普段はポニーテールの葵衣の髪を編み、リボンの代わりに風遊の店に置かれている飾りをつけて貰う。

「可愛なったわ」
「本当?良かったぁ‼」

 観月は少し高い靴底の革靴を履いている。
 それとだて眼鏡もあって、雰囲気も変わっている。
 葵衣もキリッとした印象も大人しげになっている。

「お客さんが見に来ると思うわ。お母さんと蛍のテディベアは人気なんよ、な?」
「祐也のテディベアも隠れファンがおおいんよ?それに、ミニチュアハウスも、売約済みにしとるんは次に売る時にお客様の興味を引いておきたいからやもんね」

 夫婦は微笑む。
 すると、

「ママ~‼」
「パパ~‼」

二人の子供たちが走ってきたのだった。

「君のことを本当に……?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く