君のことを本当に……?

ノベルバユーザー173744

《想いの結晶》

 嵯峨さがは電話をして、そして、実里みのりの車を借りて柚月ゆづきと出掛けていく。

「どちらに行かれるのです?」
「えっ?幾つか決めておこうと思うのですが、ドレスとかは観月みづきちゃん……観月と3人で選びたいなと思いまして。でも最初に、貴方と観月に贈りたいので……」

と、連れていくのは高級宝石ブランドのお店である。

「……えっ?」
「えっと、婚約指輪を……それに、観月と私もお揃いで身に付けるものを……とか……えっと、駄目ですか?」
「あ、あの、観月は今年17になる子で、高級なものなんて……それに……」

 不自由ではないものの、ある程度やりくりしつつ生活していた柚月の目の前には、桁違いのものが並んでいる。

「柚月さん?良いのよ。貰っときなさいな。どうせ、嵯峨は普段着とかダサすぎて、仕事着も選ぶのが面倒って言うもんだから、10年前からはヴィヴィさんに頼んでいるのよ?それに、ウェインくんのお母様が選んでくれているんだから」

 姿を見せたのはにしきである。

「あ、錦さん。……え?ヴィヴィさん?」
「あら?知らなかったかしら?祐次ゆうじ君の従兄の一平君の奥さんのヴィヴィアン・マーキュリーよ?ウェイン君は同じく、従姉の旦那さんのガウェイン・ルーサーウェイン」
「エェェ‼だ、大ファンです‼み、観月と二人で、『アーサー王伝説』と続編の『ランスロットの恋』『トリスタンの愛』も、観てます‼ヴィヴィアン・マーキュリーさんが本当に綺麗で……ガウェイン・ルーサーウェインさんもかっこよくて‼」

 目を見開く横で、嵯峨が、

「どうしよう……結婚式呼びたいけれど……」
「心狭っ‼嵯峨、結婚前から何言ってるのよ。今度帰国するでしょうが」
「錦‼それを話すな‼空港大騒ぎだぞ‼」
「ここはヴィヴィとウェイン君が専属モデルしているお店だもの。ここだったら私達に応接室を貸してくれるでしょ?デザインとか石とか選びながら話しましょ。ね?チーフ?」
「ようこそ、ご用意ができておりますわ。それに、Mrs.ヴィヴィアン、sirガウェインよりご連絡も戴いております」

洗練されたスタイルのチーフが奥を示す。

「柚月さん。行きましょう?私も選びたいのよね」

 と言いながら奥に向かうと扉が開かれ、シンプルそうでいて上品な応接室になっていた。

「こちらにどうぞ」

 錦の横に、そして反対側には嵯峨が座る。
 テーブルには幾つもの箱が並べられている。

「……ピジョンブラッド‼こんな大きな……本当に、ルビーですか?スピネルではなくて?」
「スピネル……ですか?」
「嵯峨、知らないの?スピネルはルビーにそっくりな石だけれど、硬度が弱いのよ。ルビーとサファイアが同じ鉱石。含有物の違いで色が変わるの。で、ピジョンブラッド……『鳩の血』の色をルビー、その他をサファイアと言うの。でもサファイアでも、最も美しいのはこのブルーサファイア‼『矢車菊コーンフラワー』の青と言われて珍重されるのよ。サファイアは9月の誕生石。このゴールデンサファイアは11月、ルビーはあんたの誕生石よ」
「あ、観月の誕生日は9月で、私は11月の末です……」
「……じゃぁ‼あの、婚約指輪。ゴールデンサファイアとこのダイヤモンドと二つ用意しましょうか?」

 嵯峨に示された石に驚愕する。
 どう見ても、一カラット以上の大きいもの‼
 その上、二つ?

「……嵯峨、あんた馬鹿ね。最近の流行は、婚約指輪と結婚指輪を重ねづけがはやっているんだから‼婚約指輪だけでも上品で、結婚後に重ねて着けてお出掛けとか。大きいから良いってものじゃないのよ?品良く‼それにね?あたしが言うのもなんだけど、女心解ってないあんたが、観月ちゃんに何を贈るの?何であたしが誕生石を言ったのか解る?」
「……うぅ。お菓子、絵はがき……七味唐がらし、京漬け物……」
「修学旅行か‼」

 錦が突っこみ、柚月を見る。

「ねぇ?お金が……とか心配するよりも、こう考えてはどうかしら?柚月さんとこの嵯峨は今度結婚するでしょう?で、観月ちゃんには新しいお父さんと今までお母さん代りだった柚月さんが本当の家族になるでしょう?サファイアは色々な色がある。柚月さんの誕生石は鮮やかな黄色……柚子の色。観月ちゃんは9月で特に綺麗なブルーサファイア、ルビーと深紅だけ呼び方は変わっても、同じ鉱石。家族の象徴でしょ?柚月さんの婚約指輪と一緒に、嵯峨のネクタイピン、観月ちゃんにはピアスとかじゃなくてペンダント。身につけたらどうかしら?それともダイヤモンドがいい?」

 錦の言葉に、首を振る。

「い、いえ‼ダイヤモンドよりも、素敵です‼観月もきっと喜びます」
「漬け物とか、御守考えてたでしょ?嵯峨。父親なんだから、思春期の娘に漬け物止めなさいよ‼」
「うぅ……九条ネギに聖護院大根、万願寺唐辛子……」
「京野菜数えてないで、デザイン選びなさいよ‼結婚指輪もここで決めるんでしょ‼」

 錦にドつかれつつ選んで、差し出したカードに柚月は真っ青になる。
 ブラックカードである。
 世界が違うとしか思えない……。

 しかし、嵯峨は、

「あ、そうでした。今度手続きをしてカードを作っておきますね。観月ちゃんにも……」
「い、いえ‼観月はまだ使う年じゃありませんから‼」
「家族カードで、銀行口座のものですから……お小遣いとか、いりますよ?」

どうしよう……と一瞬錦にすがろうとしたが、錦は笑いながら、

「嵯峨は使わないからジャンジャン使いなさいよ。ギャンブル以外なら大丈夫よ~。あ、そうだ。ちょうどここに来たんだから、嵯峨、スーツ新調するでしょ?柚月さんもドレスとかバッグとか揃えましょう」
「エェェ‼わ、私は、そんなに……」
「何言ってるのよ。ねぇねぇ、チーフ。さっき、私が見ていたバッグや財布とか一式に、ちょっと可愛らしいバッグがあったでしょう?あれをお願い。それに、足のサイズは何センチかしら?」
「えと、22.5です。観月は21です」

あれこれと揃えられ、今まで持ったことのないブランドのバッグを持ち、スーツに身を包む。

「……はぁぁ……よ、良かったです。7センチで……12センチのを履いたら、もう、時代劇でしていた吉原の花魁道中おいらんどうちゅうです……」
「でも、7センチでも背はそんなに高くはないけれど、雰囲気が変わったわ。それに似合ってるし」
「錦さんのように出来る女性になれるでしょうか?」
「普段は低いパンプスで、時々嵯峨と出掛けたりする時は高めのにしたらいいと思うわ。でも、化粧品も選んで貰ったけれど、やっぱり母性の強い顔ね、優しい色だわ」
「でも、唇の色は鮮やかですよ」

 女性同士で笑う。

「じゃぁ、嵯峨がどんな顔をするかしら?」
「ビックリするでしょうか?」
「保証するわ」

 出ていった二人を迎えた嵯峨は、婚約者の柚月の姿に言葉を失う。
 元々童顔とは言え整った顔立ちだと思っていたが、服を変え、化粧を変えると、実年齢よりも若く美人になっていた。

「どう?柚月さん」
「……錦の前では言いたくないが……綺麗すぎて誰にも見せたくない……でも、素敵で……観月が見るときっと喜ぶだろうし……あぁ……複雑……」
「写真とって送ればいいじゃない」
「あ、そうか‼」

 嵯峨は呆れる幼馴染にツーショットを撮って貰い、観月に送ったのだった。

「君のことを本当に……?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く