君のことを本当に……?

ノベルバユーザー173744

《発言》……兄と弟

 翌日、祐次ゆうじは、兄たちと共に山に入り、日当たりの悪い場所の枯れかけた木を伐採し、それを短くして下ろす作業の手伝いをする。

 観月みづき葵衣あおいと共に小学校に子供たちを送り出し、小さい子を隣の保育園に預けた風遊ふゆほたると共に、真新しい建物に入っていく。
 建物には、一階が産直市場と食事がとれる喫茶店と図書館。
 二階には、教室が開けられるような部屋が幾つかあった。
 一つはミシンなども完備され、一つは会議室、もう一つは調理室らしい。

「うわぁぁ……凄いです」
「今週末のお祭りは、小学校で行われるんやけど、ここも穴場なんよ」

 風遊は微笑む。

「あれ?テディベア……」
「うちのブランドベアなんよ。今週末には出資者である人が来るけんね~」
「『fuyu and vivi』……ヴィヴィ……って、もしかしてヴィヴィアン・マーキュリーさんですか?」
「あら、聞いとらんかったんやなぁ?祐也ゆうやくんのお兄さんの一平くんの奥さんなんよ」
「えぇぇ‼あ、祐次くんが『ヴィヴィ姉さんからだと思ったのに、何で兄ちゃんが出るんだよ‼』って……」

 風遊はクスクス笑う。

「一平くんは祐也くんの二つ上で、ヴィヴィは一平くんと同じ年よ。で、くれないちゃんのことは聞いたかね?」
安部紅あべくれない選手と言うと、弓道の……」
「えぇ。祐也くんの二つ下で、ウェインくん……ガウェイン・ルーサーウェインの奥さんや。ほたると仲が良いんよ。ヴィヴィとも幼なじみで遊びに来るんよ」
「でも、出資って……」
「うちが、中学卒業してから留学してなぁ……ドイツにイングランドに。でテディベアを独学で勉強しつつ国際免許もとって、ある俳優さんの秘書兼運転手として住み込みで働きよったんよ。で……」

 聞いた俳優の名前にめまいがする。
 観月も知っている、何度も有名な賞を得た世界的にも知れ渡っている俳優である。

「そこで、その人の友人の娘さんがウェインのお母さん。その繋がりもあって仲良うしてもろとるんよ」
「そうなんですか……」
「ウェインは今度イングランドの首相になるだろう、ガラハッド・アーサーウェイン卿の跡取り息子なのよ」
「え、えぇぇ‼に、似てません‼」
「ウェインはお母さんに似たのよ」

 クスクス笑う。

「ママ~?葵衣あおいちゃんがテディベアを作りたいって。観月ちゃんも作る?半分縫い終わって、ひっくり返して綿詰めをするんだけど」
「や、やりたいです‼」

 蛍の声に観月は近づく。
 テディベアは、ピンクのものと金茶色があり、金茶色を選ぶ。
 そして風遊に手伝って貰いながら出来上がったベアは、初心者にしては中々だが、左側に首を傾け何かを聞いている雰囲気になる。

「首がコテンって……」
「表情がえぇわぁ。リボンをつけてあげないかんねぇ」
「えっと……グリーンのリボンにします」

 リボンをつけると、名札を渡される。

「それに作った日付と、名前をつけたらえぇと思うわ」
「えっ?えっと、祐月ゆうげつ……ゆ、祐次くんにあげたら変ですか?」
「……いいと思うわぁ。でも……」
「やっぱり変ですか?」

 しょげる観月に、横で文字通り格闘していて、出来上がったベアの耳のバランスがおかしくなり、瞳の高さが同じ位置にならなかった葵衣は、

「えぇぇ~?そんなに可愛いのに、お兄ちゃんにあげるの?あの脳筋だよ?観月ちゃん‼祐也お兄ちゃんのように大らかで、頭もよくてかっこよくて強い、あれこれ全般万能じゃないよ?」

と実の兄をけなす。

「えっ?優しくて強いですよ?それに、かっこいいです」
「えぇぇ‼あれが⁉」
「あの……初めて会った時、クラス分けの名前が載っている看板の前で、人の波が倒れてきて、押し潰されそうになったんです。私」

 自分の作ったベアの頭を撫でながら、えへへと笑う観月はようやく136センチになった。
 去年より1センチ伸びたのだが、本当に華奢である。
 そんな華奢な観月が人の波に押し潰される……3人は青ざめる。

「そうしたら、祐次くんが軽々と私を引っ張り出してくれて『大丈夫か?』って言ってくれたんです。で、怪我がないかって心配してくれた上に、この身長なのでクラスが見えないし、人は増える一方だしと思っていたら、『じゃぁ、このまま人の間を抜けても大変だと思うし、時間かかってクラス見られないと思うから、俺が大塚を抱き上げるから、見つけてくれるか?あ、スカートをみたりとかじゃないから‼普段の筋力トレーニングでだから、はいっ!』って、肩に乗せてくれたんです」
「えぇぇ‼肩車?それセクハラ~‼」
「あ、左肩に乗せてくれたのです。で、クラスを見ると、同じクラスだったのです。それから、祐次くんが私の苦手な数学とかを教えてくれて……それに、人見知りの私に優しくしてくれたのです……」

 頬を赤くする少女。

「に、二年生になった時に、別のクラスだったらどうしようって思っていたら、同じクラスで……う、嬉しいなぁって……だ、だから、風遊さんに風月ふうげつを戴いたので、祐次くんに……あっ!駄目でしょうか?嫌がられるでしょうか……」

 モジモジとする観月に、葵衣は、

柚月ゆづきさんにあげたら?」
「あっ!そ、そうですね……」

小さくなった観月に、風遊は、

「あら、えぇと思うけどねぇ?祐次くんに贈ったらかまんかまん。柚月さんには又今度作ったらえぇわ?」

と微笑む。

「きっと喜ぶわ」
「そ、そうでしょうか?」
「あぁ、そろそろ、お昼や。ばあちゃんやスゥちゃんも待ちよるわ。帰ろかね」

と、4人は坂を上って帰っていく。
 すると、汗だくで泥だらけになって、おじいちゃんも含めて5人が帰ってくるのが見えた。

「お帰り」
「お、お帰りなさい」
「あぁ、ただいま」
「風遊?あてらは風呂に入るわ。先に食べとってや?」

 醍醐だいごの言葉に、祐也が祐次を担ぐと、

「全く。自分の体力過信するな。行くぞ」
「ごめん……兄ちゃんたち……」
「じゃぁ」
「じいちゃんも先に入りや。わと醍醐は、下ろした薪にする木を軒下に移しとこわい。雨はまだ降らんけど、もう少ししたら梅雨や」
「ほうやなぁ……小枝とか、枯れ葉とかも入れとかないかんなぁ……」

醍醐と日向ひなたは言いながら歩いていく。

「じゃぁ、葵衣ちゃんも観月ちゃんも入ろか。ご飯食べないかんねぇ」

 と蛍に呼ばれ、母屋に入っていくのだった。



 従兄に担がれつつ、何とか頭をあげた祐次は、

「……う~ん。滅茶苦茶情けない……俺」

観月が母屋に入っていくのを見送ったが、ぐったりとする。

「祐次よぅ。運動しとってもなぁ?山での仕事と、体の使い方が違うんぞ?それにのぅ……無駄が多いわ」
「じいちゃん……コツ教えてや……俺、ひな兄ちゃんは兎も角、醍醐兄ちゃんより持てると思ってたのに、いかんかった……何で?」

 ぼやく祐次に、麒一郎きいちろうは、にやっと笑う。

「慣れよ慣れ。それに体がまだまだやのぅ」
「……兄ちゃんみたいに……なりたい……のに……」
「俺を真似せんで、寛爾かんじ父さんみたいになれや。それに、お前はお前や。無理することなかろが」

 祐也は、離れにある浴室の入り口に祐次を送り込むと、

「じいちゃんと祐次の着替えをもってこうわい。ちゃんと汗流すんぞ?」
「はーい……」

先に入った麒一郎を追いかけ、浴室に入るとお湯をかけている麒一郎の背中を見る。

「じいちゃんの背中は立派やなぁ……」
「ほら、汗流して入らんか」

 薪で沸かしたお湯の入った洗面器を祐次の頭を引き寄せ、ひっくり返す。
 お湯は丁度いい温度だが、

「いたぁぁ‼」

祐次は悲鳴をあげる。

「どしたんぞ?祐次」
「……手がっ‼うっわぁぁ‼久しぶりにまめが潰れた‼しみるー‼」
「……しょうがないの~。じいちゃんが洗ってやるけん。先に入っとけ」
「足の裏も水ぶくれ……」
「我慢せい」

 綺麗に汗を拭った祐次だが、外で救急箱を持って待機していた晴海はるみが、

「慣れんのに、無理せんのよ。しばらく鍬とかも持たれんで?」

と孫に言い聞かせたのだった。

「君のことを本当に……?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く