君のことを本当に……?

ノベルバユーザー173744

《瞳》

 祐次ゆうじ葵衣あおいと共に観月みづきは着いていくが、遅れがちになり、気がついた青年が、

「祐次。観月ちゃんだっけ?手を引いて着いてこい。車にはもうすぐだから」
「あ、ごめん。観月」
「あ、じゃぁ、私が祐也ゆうやお兄ちゃんと‼」
「はいはい。葵衣。行くぞ?」
「わーい」

 手を握り歩いていく。
 そして大型のワゴンに乗せると、走り出す。
 ワゴンには外から見えないように、シートが貼られていた。

「窓、暗いんですね……?」
「あぁ。10年前に事件があって、家族を守りたいからね。あ、紹介を忘れてた。俺は、祐次や葵衣の従兄の清水祐也しみずゆうや。後ろでかくれんぼしてるのは……」
「わーい‼祐次おにーちゃぁぁん‼」

 運転席は祐也、助手席は葵衣、その後ろに観月と祐次が並んでいたが、その後ろに、大きな二体のテディベアをだっこしている、ふわふわの金茶色の髪と栗色の大きな瞳の、セーラーカラーのシャツに半ズボンの可愛い女の子が現れる。

穐斗あきと‼来てたのか?」
「うん‼祐次お兄ちゃん‼だっこ‼」
「ちょっと待て、穐斗。転んだら大変だ、それに観月、奥の方がいいからこっち」

 祐次に手を引かれ、後ろのシート席に、天使のように可愛い穐斗を挟んで座る。

「うわぁぁ……お姉ちゃん、可愛い~‼あ、初めまして。清水穐斗です‼」

 テレテレと頬を赤くして笑う美少女……いや、穐斗と言うからには美少年に、観月は、

「初めまして。大塚観月です。祐次くんのお友達です」
「違う、彼女」
「えっ!えぇぇ‼」

頬を真っ赤にする観月に、こちらも照れ臭そうに、穐斗に言い聞かせる。

「穐斗?観月は兄ちゃんの彼女。仲良くしてくれるよな?」
「うんっ!観月ちゃんと穐斗、仲良しだよ‼」
「えらいえらい。でも、一人で、よくここにいたな?穐斗……。兄ちゃん。杏樹あんじゅは兎も角、穐斗は一人でいるの無理だろ?」
「着いてきてたんだよ。で、あの場所に連れていけないから、祐次が車に乗るまでじっとしているんだぞ?で、ビックリさせてやろうって言ってかくれんぼしてたんだ」

 祐也は、ミラー越しに笑う。

「穐斗、偉いなー?」
「うん‼穐斗、泣き虫じゃないもん‼那岐なぎちゃんに負けないもん‼」
「那岐ちゃん?」
「うん。風早かざはやお兄ちゃんの弟。穐斗よりひとつ年下なの……」
「あー、俺の大学の先輩達の息子で、隣の家の幼馴染み。風早が長男で9才、那岐が7才。穐斗は早生まれで、来年の3月に8才。風早はひな兄さんに似て、穏やかな方なんだが、那岐はやんちゃ坊主。穐斗は見ての通りおっとりしてて、だっこしているのは……」

 穐斗が自慢げに観月に見せる。

「観月ちゃん‼この子ね?穐斗のお友達の弁慶べんけいで、この子が義経よしつね‼お友達なの‼」
「弁慶に義経?かっこいいお名前ね。穐斗くんの大事なお友達なのね」
「うん‼風遊ふゆちゃんが作ってくれたの‼おじいちゃんにね、お願いしたの。えっと、お洋服、き、着物を、京都のおばあちゃまに作って貰ったの」
「まぁ……本当に器用ね。確か狩衣かりぎぬ……」

 驚くのも無理はない。
 羽織袴のベアはウェディングベアでごく稀にあるのだが、狩衣は平安時代の私服、もしくは時代が下り、武士の平装になるものである。

「んーと、おばあちゃまのお家、まつのおでね?でね、ただすの森なの‼」
「穐斗、ちょっと違うぞ?」

 祐也は笑っている。

「穐斗のおじいちゃんの実家が『まつのお』で、おじいちゃんのお母さんであるおばあちゃまの実家が『糺の森』の近くのお家だよ」
「あ、そうだったの!おじいちゃんね、パパより一歳上なの。でね?穐斗と杏樹と結愛ゆめのおじいちゃんなの」
「えっ?」

 観月は首を傾げる。
 どう見ても祐也は若い。
 この前会った……先程、ひめと来ていたが見ていなかった……標野しめのより若い筈……。
 祐次は苦笑する。

「穐斗の言っているおじいちゃんは、穐斗のお母さんのお母さんの旦那さんで、今年30だ。どちらも初婚ではあるけれど、醍醐兄ちゃんは兄ちゃんの先輩で、風遊おばさんに一目惚れして結婚したんだよ。風遊おばさんの娘が、兄ちゃんの奥さんのほたる姉ちゃん。兄ちゃんと同じ年。兄ちゃんの両親のことは……」
「わんわんのおじいちゃまと、せとかちゃん‼祐次お兄ちゃんのお家は寛ちゃんおじいちゃんと、めぐみちゃん‼」
「俺と葵衣の母さんと、兄ちゃんの父さんが兄妹。だから是非呼んでくれ‼って、特に父さんが穐斗にベタ甘で……。伯父さんは獣医」
「はぁ、そうだったんですか……、良いなぁ……」

 観月は視線をさ迷わせる。

「……お母さんが死んでから、お父さんが追い詰められているみたいで……小さい私の面倒に家のこと、仕事に……大変そうで、眠ってたときにドンって音がして、目が覚めたら、壁を殴り付けてるお父さんがいて……転勤が決まった時に、別の所に行きたくないって……お父さんの妹の柚月ゆづきお姉ちゃんの所に……」

 首を下げ俯く。

「でも、最近、連絡しても電話を取ってくれない……。それに多分……柚月お姉ちゃんに、私の生活費を送ってくれてないみたい……柚月お姉ちゃんと暮らし始めた頃は、お姉ちゃん土日に仕事を入れてなかった……お姉ちゃん。私のせいで……無理してたらどうしよう……。嫌われたら……お父さんみたいに……」
「それはないと思う。観月ちゃん」

 葵衣が声をかける。

「柚月お姉ちゃん、すごくすごく観月ちゃん大好きだと思う。観月ちゃんの為なら、頑張れるんだと思う。私がもし、柚月お姉ちゃんだったら、そんなお兄ちゃん見捨てて、観月ちゃんと生きていくと思う。あ、そう言えば、観月ちゃん。柚月お姉ちゃんに電話かけた?」
「あっ‼す、済みません。電話を掛けます」

 スマホを操作する。
 すると、すぐに電話が繋がる。

『観月?どうしたの?』
「あ、お姉ちゃん。あの……」
「貸して、観月」

 祐次が電話をとると、

「済みません。祐次です」
『あ、祐次くん。何かあったの?』
「あの、実は……」

事件の経緯を説明する。
 そして、

「本当に申し訳ありません。ツイッターには俺の顔だけが載っているようなのですが、俺は観月以外に親しい女の子がいないので、もし誰かが書き込んだら、観月や柚月さんを巻き込むかもしれません。なので一旦、俺と観月は俺の親戚の家に身を隠そうと思います。観月も柚月さんを心配しています。俺は一応、従姉の旦那さんの友人が弁護士なので、その人にお任せしています。電話番号をお伝えします。ちょっと待って下さい……葵衣、嵯峨さんの……」
「うん、番号言うよ?」

妹の言う番号を繰り返す。

「この番号です。名前は大原嵯峨おおはらさがさんです」
『え?大原嵯峨さん?』
「お知り合いですか?」
『えぇ。私は離婚歴があって、その時に相談に乗って頂いたわ』
「そ、そうだったんですか……」

 離婚相談……返答のしようがなく、口ごもるが、

『ありがとう。祐次くん。私も、嵯峨さんにお願いしようと思っていることがあるの、すぐに電話をさせて貰うわね?』
「はい。こちらは俺が、今度こそ守ります」
『大丈夫よ。本当に頼りにしているわ。それと、観月をお願いするだけじゃなく、祐次くん。貴方も辛い思いをしているんだから、我慢してはいけないわ。ご家族に愚痴を言うと良いわ……私は、観月の相談に乗れないおばさんだから……』
「何いってるんですか‼観月言ってますよ‼柚月さんが大好きだって。今日は会えませんけど、後で会ったらちゃんと二人で話して下さいね?」
『……ありがとう』
「では、あ、観月……」

祐次は観月にスマホを返す。

「お、お姉ちゃん……又、迷惑……」
『観月は悪くないでしょう?それに、観月が謝ると祐次くんが悪者になっちゃうわ。ちゃんとしなさい。観月はお姉ちゃんが育てたんだからね?』
「う、うん‼」
『それに、祐次くんが、朝は名字で貴方を呼んでたのに、名前で呼ばれてるのね?』
「アッ!そ、それは……」

 ブッシュ~と顔を赤くする観月。

『今度会ったら、教えてね?観月』
「は、はーい。お姉ちゃん」

 スマホを切ると、祐次は顔を近づける。

「どうしたんだ?観月」
「えっ?な、何でもない……」

 二人の様子に、間の穐斗が、

「祐次お兄ちゃん、観月ちゃん。穐斗も‼」

と邪魔をしたのだった。

「君のことを本当に……?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く