君のことを本当に……?

ノベルバユーザー173744

《髪》……優しい眼差し

 葵衣あおいに手を引かれ、駐車場から百貨店に入っていく。

「ねぇ、観月みづきお姉ちゃん。待ち合わせしてるのよ。ほら、苺花いちかお姉ちゃん‼哲哉てつやお兄ちゃん‼それにいちごちゃん」

 長身の青年と小柄な女性、そして男性は1才位だろうか、赤ちゃんを肩車している。
 二人が振り返り手を振る。

 近づいていった5人の中で、めぐみが爆弾を投下する。

「哲哉くん、苺花ちゃん。紹介するわね~‼祐次ゆうじのお嫁さんなの~‼」
「だぁぁぁ‼母さん‼何勝手に紹介してるんだ‼」
「可愛いでしょ?もう、初めての彼女なのよ。嬉しくって‼」

 観月は、小柄といっても観月よりも頭一つ以上高い女性と、その夫だと思われる男性に頭を下げる。

「初めまして。大塚観月と申します。不知火しらぬいくん……祐次くんのクラスメイトです。よろしくお願い致します」
「初めまして、大角哲哉おおすみてつやです。こちらが妻の苺花、娘の苺です。苺はもう少しで1才です」
「初めまして。観月ちゃんって素敵な名前ね。どんな漢字ですか?」

 苺花の問いかけに、

「『観月祭かんげつさい』の観月です。難しい方の『観る』です」
「あぁ、素敵な名前‼私は、『苺の花』で苺花です。だから、娘が苺なのよ」
「苺花さんですか‼苺の花って清楚で可愛らしいですよね。とても素敵です」
「ちゃー‼」
「コラコラ。苺。お姉ちゃんだっこをせがまない」

哲哉が下ろす幼い子供ににっこり笑う。

「苺ちゃん。観月お姉ちゃんだよ?」
「みーたん?みーたん‼」
「うわぁ、お姉ちゃんのこと呼んでくれるの?」

 きゃっきゃと喜ぶ苺に手を伸ばし、抱き取る。

「わぁ、可愛い」
「大丈夫か?子供って結構重いぞ?」
「え?でも、し……祐次くん、去年……」

 ガーン‼

とした顔で見上げる観月に、慌てて、

「違う~‼み、観月は軽い‼あれ位で俺もへばったりしない。じゃなくて、苺は葵衣の小さい頃程じゃないけど、ちょこまかして落ち着きがなくて、観月の腕が痛くなるって事だ」

と、会話についていけないというよりも、見てくれない観月に見て貰おうと、苺は手を伸ばしお下げ髪をぐいっと引っ張る。

「イタッ……」
「こらっ!苺、やめなさい」

 慌てる夫婦に、大丈夫という風に首を振り微笑むと、髪の毛をほどく。

「ありがとう。慌てちゃったからちゃんと編めてなかったかな?気になった?どう?大丈夫かな?」
「みーたん‼」
「うん。お姉ちゃんも苺ちゃんみたいに可愛くなった?」
「みーたん、かーいい‼」
「本当?うれしいな」
「ほーら、苺。観月お姉ちゃんと行くぞ。兄ちゃんがだっこだ」

 祐次は苺を観月から抱き上げる。
 そうすると、観月はもう片方の髪もほどく。
 入学した頃から、観月の髪はきっちり二つに分けられお下げにしていたが、ほどくと、かなり長かった。
 細かく丁寧に編み込んでいたので、クルクルふわふわとパーマをあてたようになっていて、背を覆い、腰どころか太ももの辺りまで覆っている。

「まぁ‼可愛い‼お人形さんみたいだわ‼」

 喜ぶ愛に、苺花も、

「うわぁ……どこかのアニメのヒロインみたい‼」
「お兄ちゃんと観月お姉ちゃん……若夫婦みたいよ。カメラチャンス‼」

葵衣がスマホで撮影する。
 そしてポチポチと操作する。

「おい、こらっ!葵衣。どこに拡散してるんだ‼」
「え?ひめお姉ちゃんたちとお兄ちゃんと、観月お姉ちゃんと……」
「葵衣。お母さんとお父さんにもお願いね‼」
「あ、私も良いなぁ~‼ね?てっちゃん」
「最近は、祐次のことをパパって言うし、複雑だが……」

 哲哉の一言に、祐次は、

「哲哉兄ちゃん‼まともになれ‼ネットで拡散‼俺はいいけど、観月が可哀想だろ‼うちの親族に、個人情報拡散‼」
「可愛ければ、良いのよ~‼」
「……って、愛さんもいってるし」
「母さんに負けるな~‼と、父さん‼」
「はぁ……祐次は本当に、『兄ちゃん。兄ちゃん』で、大丈夫かと思ってたから良かった……」

と何故か安堵の呟きを漏らす寛爾かんじに、役に立たないと諦める。

「……ここで、大騒ぎもなんだから、哲哉兄ちゃん目的地まで行かない?頼むから……」
「あ、そうだった。苺、おいで」
「やーん‼にーたんとみーたんと‼」
「……あぁ、やっぱり家族のふれあいが足りないのか……残業を減らさないと……」

 嘆く哲哉に、又もや諦めた祐次は、

「観月。苺が言ってるから、一緒に行こう。多分、前にいっていた子供服コーナーだと思う」
「あ、髪……」
「あんまり触るな。綺麗なんだし、もつれたら大変だ」
「枝毛だらけですよ」
「そうは見えないけどな。それなら、少し揃える位切ったらいい。確か、兄ちゃんの奥さんが5センチ位切ったら、髪にも良いって。そんなに長さも気にならないそうだぞ」

そっと頭をなで、ふと、髪を一筋つまむ。

「うん……日本髪が結える位綺麗だと思う」
「えっ?そうですか?」

 頬を赤くする観月に気がつかず、頷く。

「綺麗綺麗。絶対似合う」
「あ、ありがとうございます。う、嘘でも、ほ、誉めて戴けて嬉しいです」
「いや、俺、嘘嫌いだし。じゃぁ、行こうか」

 肩を並べて歩く二人の後ろを、にやにやと5人はついて歩くのだった。



 ちなみに、少し離れたところで、

「あれ?あいつ、何してるんだろ?うわっ‼子供抱いて、長い髪の彼女口説いてる……」

彪流たけるである。
 今日は一人でCDを買いに行く途中だった。

「うわぁ、髪の毛をつまんで……口説いてる」

 スマホのカメラで数枚撮影し、面白半分で、ツイッターで拡散したのだった。

「君のことを本当に……?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く