君のことを本当に……?

ノベルバユーザー173744

《髪》

 土曜日に迎えに来た祐次ゆうじたちに、夜勤になる柚月ゆづきは、頭を下げた。

「おはようございます。そして初めまして、観月みづきの叔母の大塚柚月おおつかゆづきと申します。いつも観月をありがとうございます」

 車から出てきたのは、夫婦と何度か挨拶をした祐次に観月よりも背の高い少女。

「お久しぶりです。おはようございます。柚月お姉さん」
「叔母さんでいいわよ、祐次くん」
「いえ、柚月お姉さん、絶対に若いので」
「初めまして。いつも祐次がお世話になっております。不知火寛爾しらぬいかんじと妻のめぐみ、下の子の葵衣あおいです」

 夫婦と少女は丁寧に頭を下げる。

「いつも祐次くんに観月がお世話になっております。叔母の大塚柚月おおつかゆづきと申します。観月は気が弱い子で、心配していたのですが……祐次くんと仲良くなって、学校に行くのが楽しそうで、本当にありがとうございます」
「いえいえ、逆にうちの息子がそそっかしいと言うか、ご迷惑をおかけしてないか……」
「そんなことは。逆にもう……」
「お母さん?大きな声で……駄目でしょ?柚月お姉さん。葵衣です。中学一年生です。よろしくお願いします」

 少女はパッチリとした瞳をしているが父親に似ている。
 祐次は母親に似ているらしい。

「あぁ、すみません。あ、お伝えしていなかったのですが、来週の土日ですがお休みですか?」
「あ、はい……実は。なので、本当は観月とお出掛けをと思っていたのですが……」
「じゃぁ、もしよろしければ、来週ご一緒に出掛けませんか?お祭りと言っても、メインは夜になるので、帰るのが遅くなると心配でしょうし、ご一緒だったら私の甥の家に泊めて貰えますし」
「えぇぇ‼ご迷惑では⁉」
「それはありませんわぁ……祐也ゆうやは本当に優しい子で、そんなこと気にしない子ですもの」

 のほほーんと言ってのける愛に、祐次は、

「母さんは、兄ちゃんに少しは遠慮しろ‼ほんっとに……」
「葵衣ちゃん‼お兄ちゃんが‼」
「ノータッチです。柚月お姉さん、観月お姉さんをお預かりします」
「あ、あの……」

思い出したように、ぽろっとこぼれる。

「あの、図図しいかと思われるでしょうが、もしできましたら……今日、観月を預かって頂けませんか?明日、迎えに伺います。仕事の関係で、今日の晩は帰ってこられないので……本当は一緒にいてあげられたらと思うのですが……」
「大丈夫ですわ。明日、こちらにお送りしますね?」
「ご安心下さい」

 愛と寛爾の声にホッとしたように、頭を下げる。

「ありがとうございます。よろしくお願い致します。観月。すぐに宿題と着替えを取りに行きましょう」
「は、はい!」

 しばらく中に入った二人は、リュックサックを手に現れる。

「行ってらっしゃい」
「行ってきます」

 柚月に見送られ出ていったのだった。



 運転席に愛、助手席に寛爾、後ろに5人は十分乗れるのだが、

「おい、葵衣‼何で、お前が大塚とくっついてるんだよ」
「良いじゃない。あ、観月お姉ちゃんって呼んで良いですか?」

 可愛らしい葵衣の言葉に、頬を赤くし、

「はい。じゃぁ、葵衣ちゃんって呼んで良いですか?」
「えぇ‼嬉しい‼」

 観月の方が小さい為、実は、母同様剣道有段者の葵衣は抱き締めてしまう形になり、ぎゅうぎゅう締め付けられた形の観月があっぷあっぷしている。

「こらぁ‼大塚潰す気か、怪力乱神‼」
「抱き締めてるんだもん。お兄ちゃんもやってみたいでしょ?でもしたら、セクハラで捕まるからね」
「葵衣‼」
「コラコラ、やめなさい。祐次。行きは葵衣に譲って、帰りは並んで良いから、その程度で言わない」

 寛爾はため息をつく。

「本当に、仲が良い兄弟だね……うちの子は」
「「それは、ないから」」

 祐次と葵衣が声を揃える。

「葵衣よりも、穐斗あきとがいい‼」
「あきちゃん可愛いもんね‼」
「あきちゃん?」
「あ、俺達の従兄の祐也兄ちゃんの息子。穐斗は男なんだけど、兄ちゃんの奥さんのほたる姉ちゃんにうり二つ。俺は母さんに似てて、祐也兄ちゃんもおじさんに似てるから、全く似てなくて、あれ?だった位」
「お姉ちゃん。この子があきちゃん。で、この美人なお姉さんが蛍ちゃんで、そのお隣が、蛍ちゃんのママの風遊ふゆ叔母さん」

 スマホの写真に唖然とする。

「……あの、姉妹じゃ……」
「ううん。お母さん、娘、孫」
「か、可愛い……です」
「でしょう?久しぶりだから、今度会うのが楽しみ‼」
「葵衣。そろそろ到着するから、はしゃがないのよ」

 愛は一言告げるが、

「お母さん程じゃないわよ。ね?お兄ちゃん」
「母さん、大塚で遊ぶの禁止‼」
「えぇぇぇ~‼何で?苺花いちかちゃんたちの買い物が終わったら、着せ替えっこしたかったのに~‼」
「……愛……葵衣を着せ替え人形にしようとして未使用の服があるのに、余計なものは買わない‼」
「じゃぁ、お家に帰って遊びましょうか……ウフフ……」

嬉しそうに、突然急カーブ‼に観月がバランスを崩すのを慌てて祐次が抱き締める。

「母さん‼大塚がいるのに、暴走するなよ‼大丈夫か?大塚」
「あ、ごめんなさーい‼お母さん嬉しすぎて、おほほほ……」

 と立体駐車場をハイスピードで登って、駐車すると、

「……愛?帰ったら、特訓」
「えぇぇぇ‼寛ちゃん~‼」
「可愛いお嬢さんを預かったばかりで、危険な目に遭わせてどうするの‼帰りの運転は私がするよ」

寛爾は妻を叱りつけている間に、祐次は抱き下ろし、

「大丈夫か?気分が悪くないか?」
「あ、大丈夫です」
「ごめんなさい。お母さん、暴走しちゃうの……」
「優しいお母さんです。羨ましいです」

ニコッと笑う観月に、ついふと祐次は頭を撫でる。

「不知火くん?」
「えーと、うん、髪の毛がちょっとグシャグシャになってたから……うん。綺麗になった」
「ありがとう」
「いや、いいよいいよ」

 頬を赤くしている兄と観月と、お説教といいつつ今でもイチャイチャしている両親に、葵衣はため息をついた。

「もう……一人者は居心地悪いわ」

 葵衣は小さい頃からおませである。

「君のことを本当に……?」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く