世界を滅ぼせ太郎

極大級マイソン

第12話「ハイ・スピード!」

「さて、打順も一巡したことだしみんなのある程度の打撃センスは確認出来たな!」
「嘘つけど素人め」
「次は守備練習だ。各自自分のポジションの位置についてくれ! 佐藤、ノックは任せた」
「どうせそんなことだろうと思ったよ」

「さあ、ノックを始めるぞ! 各自気を引き締めろ、鬼の千本ノックが飛び込んでくるぞ!!」
「素人相手にそんなもん出来るか。それじゃあ外野から打っていくからな! レフト、まずはお前からだ!」
「んっ、レフトってどいつだ?」
「テメェだ石垣! キャプテンならみんなのお手本になるプレイを見せてくれよ!」
「ばっちこーい!!」

 結果。

「おい! フライどころかバウンドした球もキャッチできていぞ、どうなってる!?」
「だって跳ねたボールがぶつかりそうで怖いんだもん!」
「女子かお前は! いや、女子だったな。まあいい次、ライトの有本行くぞ!」
「了解です」
 有本は、元々スポーツ慣れしているおかげもあり割と早く打球に対応出来るようになった。軽いノックだけである程度の守備は身に付いたようだ。
「さすが運動慣れしているな! 最初からフライが捕れたのは驚いたぞ」
「ボールの扱いには慣れていますから!」
「補欠だったとは思えねえぜ! 次っ、センター! え〜っと、お前は名前なんて言ったっけ?」
「せ、せせ切磋降魔です先生!」
「ああ、お前が切磋降魔か。うん、なるほど覚えておく」
 佐藤は適当に頷いて、切磋降魔のいるポジションにも球を打ち込んだ。
 しかし当てどころが悪かったのか、球は切磋降魔がいるかなり前側に降下してしまう。
「やっべ手前過ぎたか。悪い切磋降魔、今度は……」
 佐藤が軽く謝って、次のノックを打ち込もうと切磋降魔を覗き見たその時、佐藤の瞳に信じがたいものが飛び込んできた。
「よっと」
 それは、通常ならセンター前ヒットになるだろう打球を猛スピードで落下地点まで走り着き、軽々とフライをキャッチする切磋降魔の姿だった。
「なあ!?」
「おお、スゲーなあいつ」
 佐藤が唖然とし、石垣が感心して呟いた。
 驚いた佐藤は呆けた顔で切磋降魔の元まで駆け寄って行く。
「お前、すごいな切磋降魔! あんなフライ俺でも捕れねえぞ!」
「ヒッ! す、すいません、出しゃばりましたか?」
「いや褒めてんだよ。とても素人とは思えない手捌きだった。ていうか脚速いな!?」
「あ、脚が速いのが唯一の取り柄なので……」
 切磋降魔は極度の人見知りで、興奮した様子の佐藤に怯えているようだった。
「その脚力でどの部活にも入っていないのか。俺が言うのもなんだが勿体無いと思うぞ?」
「ひ、人と話のは苦手、なので。走るだけなら、1人でも出来ますから……」
「そうか。……それでよくこのチームに入る気になったな」
「石垣さんに、すごい剣幕で頼まれて、断ろうと思っても断れなかったんです」
「あいつは……」
「も、もう良いでしょうか先生」
「あ、うん、そうだな。じゃあ後何球かノックしたら次に変わろう」
 そう言って佐藤はボックスに戻り、センターへノックを打ち込んだ。フライ、前方、後方、バウンド、一直線の強い打球。それら全ての球を切磋降魔は余裕でキャッチした。どんな遠くの打球もその脚ですぐに駆け寄り、球が吸い込まれるようにミットの中へ入るのだ。
 一通りのノックを終え、切磋降魔はふうとため息をついて胸を撫で下ろした。緊張していた様子だが疲れているわけではなく、切磋降魔は軽快な足取りで打たれた球を拾い始めた。
「ふ〜ん、切磋降魔か……。もしかしたら使えるかもしれないな」
「おーい佐藤、ぼうっとしてないで次のノック打てよぉ〜」
「はいはい、それじゃあ次は……」

 ニッコニッコ♪
 三塁方面には、佐藤に満面に笑みを浮かべている魑魅魍魎ヶ原の姿があった。

「……ショート飯塚。お前からいこうか」
「え〜〜? なんで私から目を逸らすんですかぁせんせ〜い♪」
 佐藤は三塁側を見ないようにし、すぐ側から殺気のような気配を感じながらも順当にノックを続けていくのだった。

「世界を滅ぼせ太郎」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「コメディー」の人気作品

コメント

コメントを書く