クラス《農民》の俺最強

sterl

クエスト受注ぅ!

  さて、依頼も出し終わったし、なにをするか。レベリングするのもいいけど、農民らしくプレイしたいよな。

 ……やっぱり、小麦をどうにかしたい。となると、他のプレイヤーと関わりを持つのが一番か。NPCの店を探して売るのだと、用途がわからないままになるからな。ちゃんと使えるプレイヤーに売った方がいいだろ。

 うーむ、つまり農民を必要としてるプレイヤーを探せってことだよな。とりあえず俺向けのクエストを探してみるか。目の前に依頼掲示板もあるしな。

 クエスト一覧を表示し、下にスクロールして見ていく。

「ほー、まだ1日しか経ってないのに結構クエスト出されてるんだな」

 戦闘職のプレイヤーからは装備作成依頼。生産職のプレイヤーからは素材収集依頼といったように、それぞれの得意分野を生かすようなクエストが出されてるな。まあ、素材収集なら俺単独でも出来なくはない。

 この中で俺向けのクエストは、[食材提供者募集]だな。現状小麦ならいくらでも提供できるし、さっきジジイからのクエスト報酬で手に入れた種が育てられれば、キャベツとトマトとネギも提供できる。そういえば種まきしてなかったな。後で戻ったらしておこう。

 このクエストの主は宿屋の主人らしい。依頼内容は、定期的に食材を提供する契約を結んで欲しい。報酬は宿屋の設備の利用料金が半額になるとのことだ。

 受注制限人数はなし。これは複数の提供者が欲しいということだろうな。よし、物は試しだ。受けよう。

『クエスト[食材提供者募集]を受注しました』

 よし、これで受注できたみたいだ。備考には宿屋の場所が示されていて、受注したらここに来て欲しいということらしい。ざっと目を通した限りだと俺の家の近くだ。だったら家に寄って種まきしていくか。

「クラス《農民》の俺最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く