話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス《農民》の俺最強

sterl

簡単、だと……!?

「今日は、種まきをやってもらうぞ」

「はあ」

 今日は、だと?明日もあるのか?明日もムチに打たれるのか?
 少なくとも今日はムチで打たないという言質を取っている。信用はできんが。明日の事はその時にでも考えよう。

「ここに一日ハーブの種がある。この種を、昨日耕した土に撒くのだ」

「うぃっす」

 一日ハーブの種とやらが入った袋を手渡された。もちろん俺は、ヘマしてムチに打たれないために素直に従う。クッソ、ジジイに逆らえないのが悔しい。

――――
一日ハーブの種《種》
その名の通り一日で育つハーブの種。イベント専用アイテム。
――――

 イベント専用って、このジジイがイベント用のNPCかよ。

「試しにわしが手本を見せてやろう」

 ジジイが袋の中に入っている種と同じ緑色の細長い種を手に持ち、地面に差し込んだ。

「以上じゃ。このようにして昨日耕した範囲全てに種を撒くのじゃ。さて、やってみよ」

「わ、わかりました」

 思ったより簡単過ぎやしないか?
 まず袋から緑色の一日ハーブの種を取り出す。続いて、地面にぶっさす。以上。

「うむ、そのような感じじゃ」

 あらやだ、簡単過ぎて怖い。

「クラス《農民》の俺最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く