話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

クラス《農民》の俺最強

sterl

シャベルが強い

 それにしても30分か。短いようで長いな。なにするかなー。
 町を見てまわるっていうのもいいんだがな、帰り道で町を見た限りだと、プレイヤーホームと空き家と空き地はあってもNPCの店は全くなかった。たぶん生産職が売りのゲームだから、それを邪魔しないようにNPCの店を用意しないんだろう。

 一応NPCの家はあるらしいからクエスト探しに行くのでもいいんだけど、クエストを受けるのはできればもう少しレベルが上がってからにしたい。ステータスの問題もあるしな。

 はぁ、SPが上がらないと何をするにも時間がかかるな。生産職は、それぞれのクラスに対応する行動をすれば経験値を稼げるらしい。だけど現在の経験値が見れないから耕すと種まきでどれだけの経験値が稼げるのかは解らない。手っ取り早くレベルを上げたいな。

「よし、戦おう!」

 町のすぐ外に出てくるモンスターなら農民の俺でも戦えるはずだ。幸いシャベルを装備すれば俺でもSTR5の分の攻撃力はある。AGIが無くても、攻撃さえ食らわないように立ち回れば雑魚敵の攻撃ぐらい避けれる……と思う。

 とにかく、思い立ったが吉日だ!

 オブジェクト化したシャベルを握りしめ町の外に行く。既に何人かモンスターと戦ってるプレイヤーがいるな。……みんな剣を使ってるんだな。そりゃそうか。うん、そうだよな。

 よ、よし、俺も戦うか。誰も戦ってないモンスターは……いたいた。緑の肌の人型モンスター、ゴブリンだ。ちょうど一体だけでいるし、初めての戦闘にはピッタリだろう。

 ゴブリンにゆっくり近づいていくと、ゴブリンの頭上にカーソルが出現した。

[ゴブリン Lv 3]

 HPは表示されないのか。残念。Lv 3だけど、まあ大丈夫だろ。
 さらにゴブリンに近づくと、ゴブリンも気づいたのか俺をじっと見つめてくる。……殺るか。

 ゴブリンまでの距離を一気に詰め、手に持ったシャベルを横薙ぎに振るう。って、このゴブリン錆びてるけど剣持ってるじゃん!それにもう振り上げてるし、シャベル当てたあと避けれるか?

「うおらぁ!」

 とりあえずここは全力で振り抜く!ゴブリンの攻撃が当たってらそれまでだ!

「グキャウッ!」

 振り抜いたシャベルはゴブリンの胴体に赤々としたラインを残し、そのままゴブリンは空気に溶けるように消えていった。

「……は?」

 シャベル強くね?

「クラス《農民》の俺最強」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く