終喰活慟(しゅうしょくかつどう)~神奈川奪還編~

武沢孝二

第十一活 混乱+怒り=討病(うつびょう)

視界が次第にハッキリとし、目は周りの景色を見せ始める。
「……こ……ここは……どこだ? 職安のはずだよな?」
そこはまるで廃墟だった。
突火区の職安だった場所は、端末だけを残し建物は倒壊していた。
「なんなんだよ――これ!?」
「……とりあえずみんなを探しましょう!」
現状に理解出来ずにいる俺に、カルラは冷静になるように諭す。
一歩足を前に踏み出した。
辺りはかすみがかった様に視界を遮っている。
――すると瓦礫の山に人影が見えた。
「――誰だ!? 仲間か!? それとも……」
この状態、今の現状、かなり注意深くなる。
「私ですよ、私。もうお忘れですか? 支部長さん」
「御堂条!!」
現れたのは紛れもなく御堂条影時だった。
「みんなはどこだ!? この状況、どうなっているか教えろ!」
「なんです? その乱暴な言い方は。本社で何かありましたか?」
そう言いながら彼は、俺たちに歩み寄ってくる。
何か違和感があり、
「――ちょっとそこで止まれっ!!」
制止させ、彼の腕に注視する。
「? どうしました? 何をそんなに警戒しているのか分かりませんが」
「……右腕はどうした? なぜ元に戻っている!? ジュディスの脳力でも腕を再生する事は出来ないはずだ!!」
「……ふ~。戻って来た瞬間にれると思ったのですが……残念」
「な……んだと!?」
御堂条の言葉に驚きを隠せない。
「ねぇ――みんなはどこ!?」
カルラが語気を強めて聞いた。
「あ~皆さんならすぐ傍らに転がっているじゃありませんか」
「――!? どこに…………っ!!」
完全に靄が晴れ、視界が戻った時に分かる。
自分の周囲に仲間たちが倒れている事に。
「てめぇー、何しやがった!!」
「何って見れば分かるでしょう? 寝ているのか、はたまた死んでいるのか。確認してみては如何ですか?」
その言葉と同時にカルラが一番近い海道のもとに行く。
指先で首の脈を計る。
さらに彼の隣に横たえている美琴にも触れた。
俺は御堂条を警戒しつつも、カルラの方を注視する。
「…………」
彼女はうつむき首を横に振った。
「くそっ! お前何をした!?」
「何を――ですか……邪魔だからではダメですか?」
「邪魔って……同じ地球人だろうが!! 仲間じゃないのかよ!!」
「それは違いますね。間違っています。そもそも私は地球人ではない」
「!? そんな。今まで俺たちと一緒に闘ってきたじゃないか! それにセオの事とか俺たちの事とかも詳しく知っていたし。何よりあのセオが作り出した本社の空間に入れたじゃないか! 地球人じゃないのに何で入れたんだ!? 見た目だって――」
「ああ~もういいじゃないですか――面倒くさい人ですね支部長さん」
「なんだと!?」
「教えますよ。私が何故あの空間に入れ、全ての情報を知り、尚且つ皆さんの事が分かっていたかを」
俺は固唾を飲んで聞いた。
「私の正体はプロトポロス人です。脳力は擬人化――言わばあらゆる物にコピーする事が出来きる脳力です。ここまで言えば大体の察しはつくんじゃありませんか?」
「まさか……コピーしたのは……セオか!?」
「そうです。あの老人です。ですがあのままの姿でコピーしたら同じ人間が二人いる事に他の人間に気付かれ、すぐに化けの皮が剥がれてしまいますからね。外見だけ、彼が若かった時の年齢まで戻しました。あと、あなた達に付いて行ったのはただの観察ですよ。地球人がどのような行動をし、どのような戦い方をするのか――興味本位です。そもそも主任なんて役職はない」
「……なるほど――だから喋り方や雰囲気がセオに似ていて、尚且つ色々と知っていたのか」
「そういう事です」
「だがお前ら種族の正体と脳力が分かったからには、次の会議で報告させてもらうぜ!」
「それは無理でしょう。……支部長さんと秘書さんにも、この場で死んでもらいますので」
「大した自身だな! カルラと俺の脳力を見ていただろう」
「ではあなた方も私の脳力をグリフォスで見ては如何ですか?」
そう言われ、俺は耳に付けている装置のボタンを押した。
「……グリフォス、サーチ!」
“ピピピッ…… ”
《ランクΩ 戦闘力A 戦闘脳力A》
「うそ――だろ……」
「どうしました? 先程の威勢は何処に行ったのやら――ふふふふっ」
「お前……何なんだよ!」
「ま、死に際に教えてあげてもいいでしょう。私が神奈川を支配している指揮官です」
「なっ!!」
あまりの事で、俺は胸にハンマーを叩き込まれたような衝撃を受けた。
「隙だらけだな~、支部長さんは――」
いつの間にか眼前に迫っていた御堂条の、強烈なボディーブローが俺の腹をえぐる。
「――がはっ!」
吐血と共に俺の体は膝から崩れ落ちた。
「くらえっ!」
カルラが俊敏な動きで御堂条に迫り脇差を振り下ろす。
それを指先一本で受け止められる。
だがなおも彼女は怯まず背後にまわり、首筋に延髄蹴りを放つ。
相手は瞬時に体を反転させ、彼女の足首を掴んで受け止めた。
「足癖が悪いですね~。秘書さん――」
そう言うと、彼女をそのままアスファルトに叩きつける。
“ダンッ ”
地面が揺れるほどの衝撃が波のように俺へと伝わってきた。

「カ、カルラ……」
“ドクンッ ”
全身に力が込み上がる。
(寿命を気にしている場合じゃない!!)
「こい! 五刀!!」
五振りの刀が自分の周囲を回転している。
「くらえっ!!」
刀は一刀ずつ御堂条めがけ飛んでいく。
すると彼はニタリ顔で、
「私はあなた達の闘いを間近で見てきた。今更そんな物効くわけないでしょう」

“バキンッ! バキンッ! ”
折れた切っ先が地面に突き刺さる。
「そ、それは……」
彼の腕には間藤のトンファーが握られていた。
「これは戦利品ですよ。さらに強化脳力もコピーさせて頂きました」
“シュン、シュン、シュン、シュン ”
自在にトンファーを振り回しながら近づいてくる。
「さぁ、どうしますか!? 支部長さん」
(くそっ!! コイツが指揮官なら――せめて相打ちでも)
セオに内緒で俺はLCを一粒だけ隠し持っていた。
それを強く握り締める。
「ほう、相打ちでも狙っての行動ですか!? ですがやめた方がいい」
「あ!? 今になってビビったか!?」
「いえいえ――そうじゃありません。私も忙しいのですよ。なにせ関東地域の統括者でもありますから」
「統括者!?」
「そうです――関東全域を指揮しているのは私です。なのでこのような場所でのんびりもしていられないのですよ」
そう告げたあと御堂条は指を鳴らす。
“パチンッ ”
すると彼の背後から人影が姿を現した。
その影がハッキリと分かった時、俺の戦意は空を彷徨う。
「……トモ……ミ」
俺の彼女が白目を剥いて立っている。
「か……彼女……さん!?」
カルラが渾身の力を籠めながら起き上がった。
「トモミ……俺だよ――孝、分かるだろ?」
「…………」
返事はない。
「ゴメン!! 助け出すのが遅くなって――」
“!! ”
何かが俺の頬をかすめ、血が滴り落ちる。
トモミの方を見ると指先がこちらへと向けられていた。
「――孝……彼女さんは……もう」
「うるせぇー!! ……そんなこと……そんなことあるわけ……」
“スパッ ”
なおも外傷は増えたが、最早痛みは心へと移り悲傷に打ち沈む。
「では私はここら辺で――あとは頼みましたよ。ト・モ・ミ・さん」

「――御堂条――――――――――っ!!」
憤怒の怒号はすでにいない人物へと放たれた。

「終喰活慟(しゅうしょくかつどう)~神奈川奪還編~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「SF」の人気作品

コメント

コメントを書く