ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Extend1 虫食い状の心


「……紀絵さん、あの人達とどういう関係なんですか?」

 私が、彼女――スー先生に背負われた紗綾ちゃんをぼうっと見ている時、不意に横から声が掛かった。
 るきなちゃんは、ずっとあの子を見守ってきたのかな。
 ありがとう……。

 まずは、質問に応えたいところ。
 なのだけど、問題が沢山ある。

「えーっとね。話せば長くなるんだけど……」

 それを言えば、間違いなく彼女は一人になる。
 私は嫌われてしまう。
 本当は、私だって全てぶちまけたい。
 でも、嘘に嘘を重ねたものを……今更ひっくり返せる?

 考えろ、考えるんだ加賀屋紀絵。
 そんな私の奮闘は、時間切れで虚しく終わる。

「じゃあ、質問を変えます。私や紗綾の何を知ってるんですか?」

 これも悩ましい。
 だって「まず、るきなちゃんからね! 誕生日は3月24日、血液型はAB型でスリーサイズは上から73・54・71、好きなものはアカツキ堂の芋どら焼き!」なんて答えた日にゃあ「え、引くわ……」なんて言われること請け合い。
 そんなストーカーじみた返答は、たとえそれが公式設定・・・・だったとしても気持ち悪いに決まってる。

 ……だから、私はこう答えるのだ。

「君が魔物と戦って世界を救った事も。紗綾との戦いを通して、あの子を救ってくれた事も」

 胸が、ズキリと痛む。
 前半は、本当のこと。
 後半は、私が紗綾ちゃんの運命から逃れたいために、先生やロナちゃんを巻き込んでついた嘘。

 私が直接ついた嘘じゃない。
 けれど、私は確かにあの嘘に救われたし、本当にそうであって欲しいとも願った。
 どっちにしたって、私がるきなちゃんを騙した事には変わりはない。

 ……でも、今更本当の事なんて、私の口からは言えないよ。
 あの時に先生は面白おかしく話していたけど、ああ見えて真面目に考えたに違いない。


「どこで、それを知ったんですか? 私の世界と、この世界は別物だってすぐ気付いた。
 年号も違うし、首相も違う。電気屋さんで流れていたテレビにも、臥龍寺財閥がスポンサーに付いてなかった」

「今言えるのは、私が君の世界を見た事があるとだけ……それは間違いないって言えるから」

「……そう、ですか」

「他人って気がしないんだ。女の子は、みんな戦っている。男の人が知らないような戦場で。
 私にも、覚えが――あった筈なんだけど、なんでだろう、思い出せない……」

 ああ、ごめんよ……。
 私も戦っていた気がするというのに。
 だけどこれだけは言える。

「るきなちゃんが、あの人達を信用できないっていうのは、解ってるつもり。でも、私の事は信じて欲しい。
 私も頑張って、るきなちゃんと紗綾ちゃんを元の世界に返す方法を考えるから。たくさん、手伝うから」

 いや、これしか言えないというのが正解。
 自分自身に言い聞かせるようにして、私はるきなを見つめた。
 るきなは、そんな私を見返して苦笑する。

「そんな重たい言い方しなくたって……その、お気持ちは嬉しいですけど。
 そうですね、じゃ、今からお友達になりませんか? 紀絵さんは、あの二人と違って信用できそうだし」

「いいね。なろう、友達。私は、一回り近くも歳が離れてるけどね」

 でも、もう私は年を取らない。
 だってもう、死んでしまっているから。

 ……死、死、死。
 私は何か、大切な事を忘れていた気がする。

 ズキリと、今度は頭が痛む。
 この痛みは何?

「紀絵さん? どうかしたんですか?」

「ううん、なんでもない」

「顔色、良くないですよ」

「ホテルでちょっと休めば回復するよ。激務には慣れっこだから」

 徹夜とかザラだったからね。
 けれど、それと私の死は、本当に関係があったのかな。
 思い出せない。

 紗綾……。
 あの時、君は何を言おうとしていたの?



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く