ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~

冬塚おんぜ

Task2 麻薬畑について報告しろ


 作戦開始から二週間。
 撹乱作業の実務はハラショーエルフに放り投げ、俺は地形を把握する為に散歩していた。
 ついでに“煙の壁”と“煙の槍”を応用して、色々とやりたいのもあった。

 拠点にしている洞窟を北端に、地図と照らし合わせながら思い返す。
 地図の中央にある村が、今回の生け贄だ。
 何でも、森教という宗教団体が幅を利かせていて、地図上だと東の隅っこにあるカーテンコール・・・・・・・帝国側が巡回ルートを確保できないとか。
 見張り台を設営したいが、住民共はそれを拒んだ。

 で、俺が見てきたのは西側と南側だ。
 西のはずれのほうをメインに見てきたが……これがまた素敵な出会いがあった。

 今しがた、そのお土産話をロナとしていたところだ。
 テーブルの上の地図とにらめっこしながら、俺は差し入れのバーボンを呷る。

 ちなみにハラショーエルフはお出かけ中。

「麻薬の売人が潜伏している? わざわざ、こんな辺鄙な場所に?
 それでしばらく拠点を留守にしていたんですか」

「製造工場も近くにある」

「売人さん達は、そこで補給して各所に売りさばくつもりと」

「で、俺はそいつを制圧しちまった」

「は!? 制圧!?」

「ああ。ダムダム団とかいうふざけた名前だったぜ。まとめてひねってやったら、あっさり尻尾を振りやがった」

「はあ……」

「途中で帝国騎士団とやらがやってきたが、協力者の売人共が罠にかけてくれたお陰で、奴らは仲良く檻の中さ」

 派手な赤いサーコートも引剥ひっぺがしてやった。
 屈辱的だろうよ。

「騎士団まで相手にしたんですか。人数は? 斥候だったりしませんか?」

「ざっと6人くらいかね。売人共の半分もいねぇ。
 ああ、そういや売人共から口止め料も貰ったぜ。形を見る限りじゃあ、これは大麻だな」

 収納指輪からブツを取り出すと、ロナは少しだけ目を見開いた。
 それから程なくして、いつものシケたツラに戻る。

「……麻薬王でも目指すつもりですか」

「オランダじゃあ合法だぜ」

「ここは地球ですらないんですが」

「焼き払うよりかは、証拠として残しておくべきさ」

 騎士団がやってきた時、売人共はお先真っ暗といったツラだった。
 あの手の連中は場所さえ変えれば商売は続けられる。
 ただし、後ろ盾がある限りは。
 要するに、その後ろ盾が手のひらを返した結果があれだ。

「畑のオーナー……いや、黒幕を見付けたら、こいつをタネにゆすりを掛けてやろう。
 とはいえ、俺のものだと言われたらそれまでだがね」

 俺が持って行ったのが大麻だけだと思ってやがるなら、そういう手に出て来るだろう。

「……どうせその時は片っ端から収穫して、戦利品として提出するんでしょ」

「ああ。俺は別に、そっちのビジネスには興味が無い」

 だが後ろ盾を示す証拠が、収納指輪に入っている。
 この命令書は、然るべきタイミングで見せつけてやろう。
 それまでは、みんなには秘密だ。


 酒も煙草もこの世界にはあるんだ。
 それに、いい女だって。
 そのうえドラッグまで広げるなら、流石に俺も寝覚めが悪い。

 生前に数少ないダチから聞いた話が、俺のニューロンをかき乱す。
 高校時代のクラスメイトの一人だった奴が、中毒を起こして事件までやらかした。
 ニュースにもならない小さな事件だが、あんなのを増やすのは御免だ。

 嫌がる奴に無理やりなんて、そういうのは暴力だけでいいんだ。
 それも、武器を持った奴だけ。

 ドラッグは金を持て余した豚共の餌にでもしてやるのが一番さ。

「……お前さんと話をすると、何故か俺まで辛気臭い気分になってくる」

「は? 人を昼ドラみたいに言わないでくれます?」

「だがお前さん、昼ドラも真っ青な人生経験だったろう」

「うん。知ってる。皆まで言うな」



 ―― ―― ――



 さて。
 とりあえずは周りの連中がヘマをやらかしたとしても、俺一人でもカバーできるようには仕込みを済ませた。

 魅了の対策も確認済みだ。
 ハラショーエルフいわく“不動の心得”とかいう指輪を、配下共に付けさせている。
 これがあれば、どんな間抜けでもパンツ姫の言いなりにはならないらしい。


 俺自身は、村の連中とは接触しない。
 直前まで匂わせておくだけでいい。

 仮に異世界のシャーロック・ホームズがお得意の名推理をやってくれたなら、それはそれで大歓迎だ。
 その時は「ご名答! 真犯人はこの俺だ!」と拍手しながら現れれば、全てが丸く収まる。

 奴らは人数に物を言わせて制圧しに掛かって来るか?
 答えは常識的には・・・・・ノーだ。

 ロナが潜入して集めた情報によれば、あの名無しの村はそういった面倒事を極端に嫌う。
 できれば少人数で解決したいというのが、村の連中の総意らしい。
 だが、帝国の性格を考えるとそんな紳士的な動き方をしてくれるかどうか。


 洞窟の入り口から、ハラショーエルフが駆け寄ってくる。

「同志。魚が網にかかったようですぞ」

 早かったな。
 一体、どんな手品を使ったのやら。
 まぁいいさ。

「……どれ、ちょっくら塩焼きにして喰っちまうか」

「結構な量ですが、大丈夫ですかな? ご希望とあらば、我輩の私兵を呼び寄せますが」

「どれくらいで来られるんです?」

 ハラショーエルフの提案に、ロナは疑いの眼差しを込めて口を挟む。
 それに対してハラショーエルフは、得意げに人差し指を振った。

「ほんの数秒ですぞ。既に村中に忍ばせていますからな」

「またご用意周到な……」

「木を見たら枝と落ち葉を見ろ。森に伝わることわざですぞ。それで同志、いかがですかな?」

「結構だ。冬将軍」

 俺はその提案を蹴っ飛ばす。
 ハラショーエルフは珍しく顔を青くした。

「え!? 恐れ入りますが、同志……正気ですかな?」

「一人あたり幾らだろうと、報酬から天引きされるくらいなら俺一人でやっちまうほうがマシさ」

 ハラショーエルフが、わざとらしく顎に手を当てて俯く。
 どこまでが演技だ?
 まったく、こいつの白々しさは底が知れないぜ。

「ムムム……同志の仰る通り、確かに私兵を出したら金をとるつもりでしたが……。
 一応、監視は付けさせてもらいますぞ。流石に今回は相手が悪い」

「売人共と人質はどうなってる?」

「何名かは私兵としてスカウトしましたぞ。その分はサービスしても大丈夫ですがな」

「ちゃっかりしやがって。俺は俺の使いたいように金を使うぜ。せいぜい高みの見物でも決め込んでおいてくれ」

「ほむ。ではお言葉に甘えて。出し物の準備もありますからな」

「どんな結果になろうとも、お前さんは損をしない……お前さん自身、そういう風に運んでいるんだろ?」

「お見通しでしたな」

 いつもの白々しいツラで、ハラショーエルフは首を縦に振る。

 ただ使われてやるだけってのも、あまり気分のいいもんじゃあない。
 せっかく奴の手の平の上で踊るんだ。
 どういう演奏なのかを……奴の企みを解き明かしてみようじゃないか。


 ……行くぜ。
 何だか嫌な予感はするが。
 一応、バーボンのボトルはテーブルから持っていく。

「おい、自重しろアル中」

 ロナは低い声で、ぼそりと毒づく。
 ビヨンドはいついかなる時でも健康体なのに、何を気後れする必要があるのかね。

「バーボンの味が好きなのさ」

「そうですか。ビヨンドに肝硬変もガンも無いでしょうから、好きにすればいいでしょうけど……いってらっしゃい」

「ああ」

 敢えてハラショーエルフの奴に、俺達のキスを見せつけてやる。
 互いの指を絡ませて、舌を舐め合う濃密なキスだ。

「ふ、ふおお、なんと情熱的な……」

 ハラショーエルフときたら顔を真っ赤にして、両目を手で覆ってやがる。
 そのくせ、指の隙間からしっかりと見ていた。
 初心うぶな奴だな。
 鼓動が早くなっている俺に言えた台詞じゃねぇが……。

「そんな酒より、あたしとのキスのほうが美味しいでしょ」

「それはそれ。これはこれ」

「言うと思ってました。他の女にもそれ言うんですかね」

「さぁね」


 洞窟の外に出て、高台に登る。
 森を見渡せば、煙が出ている所があった。
 方角から、一つの推測が頭をよぎる。

 なるほど……連中、畑を焼いたな。
 浅はかな野郎共だ。

 いたずら小僧共にお仕置きすべく、俺は出発した。



「ダーティ・スー ~物語(せかい)を股にかける敵役~」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代アクション」の人気作品

コメント

コメントを書く