話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

幼馴染からの、変わった手紙

巫夏希

幼馴染からの、変わった手紙

 彼女から手紙が来た。日付は一週間前。一週間も手紙が届かないって、けっこう大変。しかもよく見たら海外に行ってるっぽいし。
 一応言っておくけれど、手紙を出す以外はただの幼馴染。僕が通信会社に就職して、彼女もそういう会社に就職したけれど、配属先はそれぞれ日本の北と南。
 ばらばら、ってわけ。
 そもそも彼女を好きだったかと言われると――それは微妙。
 思いはあったけど、それは結局伝えなかった。
 どこか踏み切れない、何かがあったんだろう。
 まあ、今は東京に一人暮らしなんだけどね。ただ、彼女は北の方。やっぱりばらばら。
 取り敢えず、便箋を見る。
 あれ、割と長いな。
 二枚もあるし。……いっか。先ずは一枚目から。


 ハロー、元気ですか。
 インディアの夏はとても暑いよ。……ああ、一応言っておくけれど私が今インディアに居るわけではなくて、インディアに出張に来ているだけなのだけれどね。来週には東京に帰るさ。
 リマにも行ったんだけど、あそこはすごいね。因みにこれも出張です。ミャンマーにも行きました。これも出張です。行きまくってます。おかげで痩せました。写真も添付するので見てね。
 オスカー賞を取った女優さんがよく行くお店にも行ったよ。いるかなあ、と思ったけれどいなかった。残念。
 ビクターは覚えているかい? 君のクラスメートのビクター・スチュアート、彼も卒業してインディアに帰っていたのだけれど、まさか出張先の会社で働いているとは思わなかったよ。しかも同僚だ! お笑いだろう? その写真も添付したので見てくれ。携帯で撮ったけれど、ローミングってお金がかかるからね。それは仕方ない。
 エコー賞って知ってるかい? ドイツの音楽賞なんだけどね、その賞をビクターの叔母さんが獲得したらしいのよ。だから歌も聞いちゃった! いい体験だったので、叔母さんのCDも添付したのでよかったら聞いてください。
 ヤンキー姿のビクターの弟も驚き。日本文化にかぶれすぎて、変な方向に走っちゃったらしい。けれど頭はいいって。ビクターと私と、三人で写っている写真があるから、それを見てね。きっと驚くよ!
 オスカー賞とエコー賞ってどれくらい価値が違うんですか? って聞いたんだけど、取る人によって価値観は変わると思うと言われたので納得。確かにそうだったね。質問した私が馬鹿でした。
 ユニフォームをプレゼントしました。何のプレゼントかって? ビクターが好きなインディアの野球チームだよ! けっこう素材もいいので、ぜひ着てみてね。それではまた会いましょう。


 ……まとまっていないというか、怪文だよな。これ。なんで行の先頭がカタカナ限定なのかな? 訳が分からねえや。それにしても、このカタカナ、聞いたことあるなあ。
 あ、そういえば二枚目があったっけ。二枚目は……、
 何だこりゃ、表?
 表のようにも見えるけれど、対応表なのかな?



 アルファのA。
 ブラボーのB。
 チャーリーのC……?




 まさか。まさか!
 ……Cまで読んだところで、僕は疑問が生まれた。




 デルタのD。
 エコーのE。





 そうだ。やはりそうだ。
 確信に変わり、僕は手紙を読み解く。
 そして、手紙を読み解いた僕は、急いで家を飛び出した。



 二枚目の手紙の最後には、こう書かれていた。



 ヤンキーのY。
 ズールーのZ。
 ……ここまで読んだあなたには解るでしょう? 手紙の返事をください。出来れば大急ぎで。それでは。

「幼馴染からの、変わった手紙」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く