話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

めんどくさい駆け引き

「シュンくん。これは笑い事じゃないのよ」
 セレスティアが鋭い視線を国王に向ける。
「この会談を断ったら、たぶん私や他の人間たちを返せって言われるわ。建国の初期投資は王都が受け持ったんだから、それくらいは応じないとーーお父様との関係が悪くなる」


「……はぁ」
 シュンは大仰にため息をついた。
 理屈では、セレスティアの言わんとしていることはわかる。

 でも。
 ーーせっかく平和な国をつくったのに、途端にこれかよ。
 そう考えると、沈鬱な気分にならざるをえない。

 シュンはもともと、人間とモンスターを共存させ、《平和な世界》をつくるために国をつくった。そしてそれは成功した。人間とモンスターの絶妙な労働によって、国は著しい発展を遂げた。

 けれど。
 他の国が、それを許さないというのだ。
 王との会談に応じなければ、シュロン国の人間たちを撤退させると……

 シュンはふっと鼻で笑った。
「会談か。いったいなにを話すんだろうな」
「……きっと、シュロン国に不平等な協定でも結ぶんでしょうね。初期投資に協力したことを言いがかりにして」
「やっぱりそうだよなぁ……」

 セレスティアの父王が権力の分散を嫌うのであれば、シュロン国の繁栄を打ち止めにかかってくるのは目に見えている。

 だから会談には行きたくない。
 だがそれでは、きっと、セレスティアたち人間が撤退を命じられる。

「ふぅ……」
 もう一度、シュンは大仰なため息をついた。
 正直いって、めんどくさい。
 引きこもり時代に戻りたくもなる。

 だが、このような苦労も王としての勤めだ。すべて俺がやらねばならない。頼れる者はいない。

「ごめんね」
 ふいにセレスティアが呟いた。
「なんか……私、足引っ張ってるね……」
「馬鹿いうな。おまえのせいじゃねェだろが」
「だけど……」
「気にするな。おまえがいなきゃこの国も成立しなかったんだぜ?」
「…………」
「あーもう。元気出せよこのクソったれめ」

 シュンは優しくセレスティアの額をこづいた。気丈な皇女様は、小さく、こくりと頷いた。

「シュンくんのステータスはすごく強い。だけどーー今回は力の強さで勝敗が決まるわけじゃない。大変だと思うけど……」
「気にすんな。俺やァ国王だぜ?」

 セレスティアに向けて微笑みかけると、シュンは一旦、部屋を出た。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く