話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―

魔法少女どま子

最強の引きこもり軍団

 ロニンはしばらく呆けたように立ち止まっていた。

 血に染まった自身の剣。
 息絶えて動かなくなった四天王。

 それらをたっぷり数秒間眺めたあと、最後にシュンに目を向けた。

「これ……私がやったの?」

「当然だ。俺はなんも手出ししていない」

 肩を竦めて言うシュンだが、ロニンはまだ信じられなかった。

 ーー三体もの四天王を、こんな一瞬で片づけるなんて。

 以前のロニンであれば絶対にできなかったことだ。
 というより、たとえ相手が一体でも勝てなかったと思う。

 奴らはそれだけ戦闘能力に秀でているし、だからこそ魔王に《四天王》という役職を与えられたのだ。

 なのに。
 一体あたり一撃の攻撃で決着が着いたなんて。

 この驚くべき事実を、そう簡単に受け入れられるはずもない。

「すげえだろ? これが《引きこもり》の真の実力ってやつだよ」

 こつこつとロニンに歩み寄りながらシュンが言う。

「う……うん。すごい。すごいよお兄ちゃん!」

「はっ。自信がついたなら何よりだ」

 シュンは小声でそれだけ呟くと、決然と言い放った。

「さあ、いこうぜ。おまえの強さを魔王に見せつけてやれ!」

「うん!」

 こうして二人は、魔王城の最上階へと突き進むのであった。

   ★

「な、なぜ……」

 四天王がひとり、グリズオウが息も切れ切れに囁く。

「なぜ、俺の攻撃が当たらないのだ!」

 なおも喚き散らしながら、太い腕を次々とディストに打ち下ろしていく。

 だが、ディストにはまるで当たらない。ひょいひょいと華麗にかわされるまま、かすりもしない。

「ふん。でかい口を叩いておいて、結局はこの程度か」

 繰り返される殴打を避けながら、ディストが余裕の表情で言う。

 実際にも、ディストにとってグリズオウの攻撃は鈍重そのものだった。

 初めは手加減されているのだと思っていた。
 だが、どうもそうではないらしい。グリズオウは本気の攻撃を繰り出しており、その上でディストに避けられている。

 ーー俺自身も驚いているよ。
 村人による《引きこもりの修行》が、ここまで成果をあげるとはな。

「さて、そろそろ飽きたな」

 言うなり、ディストは右手を力一杯握りしめ。

 グリズオウの左胸に向けて、勢いよく拳を打ち付けた。
 たったそれだけの攻撃で、周囲に突風が舞う。

「かはっ……」

 グリズオウは一瞬だけ激しく表情を歪めると。
 そのまま地面に崩れ落ち、周辺に地響きを轟かせた。

 一撃か……?

 ディストは倒れたグリズオウを見下ろしてみる。
 だが動き出す気配はまったくない。本当に絶命してしまったようだ。

「素晴らしいな……この力」

 新しく攻め込んできた敵兵を見つめながら、ディストはひとり、呟いた。

「引きこもりLv.999の国づくり! ―最強ステータスで世界統一します―」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く