話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

花嫁、高額買い取ります!

いぬがみクロ

9.


 退屈させないように。つまりマハの気を引けばいいのだろうか。
 だが、なにをしよう? 餌づけも、散歩も、色仕掛けも、思いつくだけの暇つぶしは、やり尽くしてしまった。

「ど、どうすればよろしいのですか?」

 情けないが聞くしかない。するとマハはニヤついた笑いを引っ込め、ラシャの顔をまじまじと見詰めた。

「分からんのか? 本気か?」
「えっ、はい」
「……………………」

 マハは黙ってしまった。
 しまった。怒らせただろうか。
 びくびく身構えるラシャから、マハはなぜか気まずそうに目を逸らし、すっかり馴染みの場所となったソファへ移動した。

「そりゃ、こういう場面なら……あれしかないだろ」
「あれ?」
「あれだ、あれ!」

 なぜ分からないのかと責めるように、ソファに乱暴に腰を下ろし、マハは腕を組んだ。

「女が男の気を引くといえば、あれしかないだろーが!」
「なんですか!? はっきり言ってください!」

 ラシャはマハの前に立つと、彼に負けないくらい大きな声で聞き返した。

「察しの悪い女だな……」

 マハは不機嫌そうに口をへの字に曲げている。

「さっきの胸のでかいあの女は、積極的だったが?」

 つまり、性的な奉仕を求めているということか。ラシャはうんざりとした表情になった。
 それにしても、そういったことを要求するならば、なぜ先ほどはジーンを拒んだのだ。男ならば普通、色気不足の自分なんかより、ジーンを選ぶだろうに。
 ラシャにはマハの思考が、さっぱり理解できなかった。

「わ、私はジーンのようなことはできません……」

 それにしても普段のラシャだったら、今回のようなセクハラそのものの要求を突きつけられたならば、怒り狂い、自慢の蹴りを何発もお見舞いしているはずなのに。
 なのに今は、そんな気にならない。なぜだろう。
 ラグスットのことがあるからか。それとも――?

「ふーん。お前の主人に対する想いは、所詮その程度のものか。じゃあやっぱり、俺は首都へ行こうかな」
「わーーーー! 待って待って!」

 立ち上がって再び扉へ向かおうとするマハの背中に、ラシャは慌ててしがみついた。

「分かりましたよぉ……」

 ラシャはマハの腰におずおずと両腕を回す。マハが息を飲んだのが分かった。じわじわと、ラシャの顔も赤くなる。
 熱を帯びたラシャの小さな手を、包むように握ってから、マハは彼女をゆっくり自分から離した。
 向かい合うように立って、二人は見詰め合う。

「嫌か?」

 問題が、いつの間にかすり替わっている。
 元々は、そんな話をしていたわけではなかったはずだ。

「もう怒っていないんですか?」
「忘れた」

 マハの機嫌が直ったのはなによりだ。だがラシャは不満そうに唇を尖らせた。
 脅されて、身を任せることになった。それならば楽だったのに。――なにも考えずに済んだのに。
 マハはそっとラシャの頬に触れた。わずかだが、彼の手は震えている。
 私はそんなに脆くありませんよと訴えたくて、ラシャはマハの手に頬ずりした。

「してもいいのか?」
「はい……。お嬢様が無事にドレスを買うまでの間、お相手致します」
「そういうのは嫌だ」

 駄々っ子のように、マハは言い放つ。

「ええー……」
「俺はこの家の門の前で、初めてお前に会ったとき、本当に嬉しかったんだ。ああ、こいつが俺の嫁になるんだなって。元気そうで――綺麗で。早く結婚したいと。まあ、勘違いだったわけだが」
「……………………」

 ラシャの頭の中にはまたもやジーンが現れ、『男なんてヤりたいだけなのよ。そのためなら、どんなことだって言うわ』と嘲笑う。

 ――いいもん、嘘でも。嬉しいから、いいもん……。

 ラシャは脳内から同僚を追い出そうと、目をつぶった。すると、キスをねだられたと勘違いしたのか、マハが顔を寄せてくる。
 あ、と思ったが、仕方ない。ラシャはそのままマハの口づけを受けることにした。
 しかし二人の唇はうまく重ならない。目測を誤ったらしく、マハの唇は少しずれて、ラシャの上唇に着弾した。

「……………………」

 ラシャはもちろん、マハも失敗を悟ったのか、気まずい沈黙が流れた。

「もしかして、初めてなんですか?」
「悪いか」

 ムスッと顔をしかめるマハを見ているうちに、ラシャはおかしくなってきた。

 ――そうだ、なんだかんだ言っても、この人は年下だもの。

 ここはこちらがリードすべきだろう。余裕をもったラシャは、マハの胸に掴まるようにして背伸びをし、素早く唇を合わせた。 だが残念ながら、今回も失敗である。ラシャの唇は、今度はマハの下唇に、勢い良くぶつかった。
 それなりの衝撃だったから、二人は自分の口を押さえて、しばらく悶絶した。
 仕返しとばかりに、マハが意地悪く尋ねる。

「もしかして、初めてか?」
「いけませんか?」

 二人は果たし合いでもするかのよう睨み合い、だが次に破顔した。
 笑いながらどちらともなく体を寄せて、唇は自然に重なった。 そのあとの二人は吸い寄せられるように、何度も何度も口づけを交わした。互いの息が、荒くなっていく。

「はあ……っ」

 マハはラシャの舌を味わいながら、彼女を抱き上げてソファに運び、その上へ覆いかぶさった。

「あっ、あの……! ちょ、ちょっとでいいから、優しくしてくださいっ!」
「ど、努力はする……! けど」
「けど!?」

 薄情なのだろうか。今ラシャはラグスットを忘れ、ただ目の前の、自分を組み敷いたマハのことだけを考えていた。
 ギラギラと獰猛に光る瞳に焼かれながら、瞼を閉じる――。









 二人がようやく離れた頃には、時刻は午後五時を過ぎていた。

「聞いてた以上に、痛かった……」

 満身創痍の体をうつ伏せに倒して、ラシャはぐったりしている。ソファのその隣では、マハが全裸でくつろいでいた。

「俺はとっても気持ち良かった」

 先ほどまでの純情はどこへやら、マハはいやらしく笑っている。

 ――こっちはひどい目に遭ったのに……。

 文句でも言ってやりたかったが、ちょっとでも動けば下半身が痛んでつらい。ラシャはじっと耐えることにした。
 そんな苦労を知らず、マハは手を伸ばすと、ラシャの剥き出しになった裸の尻を揉んだ。

「その、悪かったな」
「え?」

 熟れた桃にたかるハエのようなマハの手をぴしゃりと叩いてから、ラシャはわずかに体を起こした。

「やっぱり優しくできなかった。俺も初めてだったから……。慣れていたら、もう少し良くしてやれたかもしれないのに」
「い、いえ、そんな……。気にしないでください」

 そう。マハは今日初めて、女性と体を重ねたのだそうだ。キスにすら不慣れだったから、そんな予感はしていたが――。
 性格には若干問題があるものの、美形でスタイルも良く、しかもお金持ちという色々な意味で恵まれたこの青年が、童貞だったなんて意外である。

「がっかりしたか?」
「そんなこと。その歳で慣れてる人のほうが、嫌かも」

 マハはホッと胸を撫で下ろすと、すっかり起きてしまったラシャの腕を引き、自分に寄りかからせた。
 男性に甘えたことのないラシャはどうしたらいいか分からず、ただ身を硬くするしかできなかった。
 マハはラシャの、金色に輝く髪を梳いた。ゆるゆると動く指が心地良い。こんなことをしている場合ではないと思うが、ラシャはどうしてもマハから離れることができなかった。

 ――不思議……。

 初めて会ったときは、こんな風になるなんて、思ってもいなかった。
 まさに、恋に「落ちた」。しかも、急転直下である。

「聞きたいことがあるんだが」
「はい?」

 うっとりとまどろみながら、ラシャはマハの言葉に耳を傾けた。

「お前の名は?」
「……………………」

 マハは、つまりそういう男なのだ。
 抜け目ないようでいて、どこかズレている。繊細だが、大雑把。
 そしてそんな彼を、ラシャは可愛くて仕方がない。
 ひと目会ったそのときは大嫌いだったのに、一周回って大好きになる。男女の不思議を、ラシャは今日身をもって知ったのだった。




 時間が時間だから、辺りはだいぶ暗くなっている。ラシャはソファから下りると、床に投げ捨てられた衣服を拾い、テキパキと身に着けていった。

「明かりを点けなきゃ……」

 マッチを擦ると、近くにあった蝋燭に火を点け、室内を回る。

「よいしょ……」
「って、お前なあ」

 ソファに一人残されたマハは、勤勉なラシャに不服そうだ。

「余韻もなにもあったもんじゃない……」

 マハがなにか言っているが無視し、ラシャはせっせと壁に設置してあるランプに火を灯し始めた。
 全てのランプが点灯し、応接間が明るさを取り戻した頃、日は完全に沈んだ。

「これでよし、と」

 ラシャが役目を終えた蝋燭に息を吹きかけて、火を消すと、マハは彼女を手招きした。

「気が済んだろ? 戻ってこい」
「でもそろそろ、晩御飯の準備をしないと……」
「――戻ってこい」
「……………………」

 マハはソファに仰向けに寝そべり、おいでとばかりに腕を広げている。ラシャは床に膝をつくと、マハの胸に顔を埋めた。
 幸せな甘い時間は――ほんの数秒しかもたなかった。

「ラシャーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー!!!!!!」

 厚いドアさえ突き破るほどの大絶叫に、ラシャは飛び上がった。
 あの忌まわしい銅鑼声は、日々聞き慣れたこの家の主、ガトゥールのものだ。

「まずい! 旦那様が帰ってきた! マハ様、服をお召しになってください! 早く早く!」 
「は、ハイ……」
「いよいよ正念場ね……!」

 ラシャの顔つきがみるみる変化していく。眼光は鋭く、唇はきりりと引き結ばれ、まるで戦場に立つ兵士のようだ。

「まったく……。本当に余韻もなにもあったもんじゃないな……」

 マハはぶつぶつと愚痴をこぼしながら、それでもラシャに従い、身支度を整えた。
 最初は遠く玄関付近にて吹き荒れただろう嵐が、徐々に近づいてくる。
 轟音を響かせ、遂に応接間の扉が開いた。
 現れたのは、果たして、ガトゥール・ガヌドゥだった。

「ラシャ、貴様ああああああ!」

 シミの浮いた顔を怒りに歪ませて、ガトゥールはラシャを睨んだ。

「おかえりなさいませ、旦那様」

 ラシャは慇懃に頭を下げた。
 なにしろ突然のことだったから、完全には着替え終わらなかったマハが、腰帯を結びながら尋ねてくる。

「なあ、ラシャ」
「はい?」
「なんであのおっさん、あんな可愛いらしいものを持ってるんだ?」
「ん……?」

 確かにガトゥールは、妙なものを抱えていた。ガトゥールにもこの場にも似つかわしくないそれは、花嫁が持つ祝福の花束――いわゆる、ブーケだった。
 わけが分からず、当主の持つブーケに目を奪われていると、再び廊下が騒がしくなった。

「お父様、早まらないで!」
「うわっ!」

 勢い良く開いた扉に押されて、その真ん前に立っていたガトゥールは床に倒れた。顔から行ったから、相当痛そうだ。
 当主を倒して新たに現れたのは、ラシャの大切な女の子――ラグスットである。

「お嬢様!」
「ラシャ!」

 ラグスットの顔がほころぶ。だが再会の喜びを分かち合う間もなく、当主が跳ね起きた。

「この馬鹿娘がああああ! 父親になんてことをするのだ!」
「ご、ごめんなさい……!」

 ガトゥールは娘を一喝すると、再びラシャを睨みつけた。

「ラシャ! 今日のことは、全部貴様の仕業だな!」
「お父様、ラシャが悪いんじゃありません! 私が無理にお願いしたんです!」

 ラグスットはラシャを庇うが、頭に血が上った父親は聞く耳を持たなかった。

「お前がワシに逆らうわけがないだろう!」
「それは……」

 小さい頃から押さえつけられていたからか、そのとおりラグスットはガトゥールに逆らうことができない。親に反抗する子供は、大罪人と変わらないと、教え込まれてきたのだ。
 案の定ラグスットはガトゥールに反論できず、今にも泣き出しそうにしている。
 これ以上、可愛い妹分に、つらい想いをさせたくない。
 ラシャはきっぱりと言った。

「そうです。私が全部仕組んだことです」

 それみたことかと、ガトゥールは口を開いた。――だが。

「なんでこのワシが、聞いてもいない娘の結婚式に、立ち合わなければならんのだ! なんでブーケなんぞ、受け取らにゃあいかんのだあああああ!」
「……え?」

 最後まで言い終えると、ガトゥールはブーケをラシャに投げつけた。咄嗟に受け取ってしまったラシャは、だが主の話がさっぱり分からない。
 なにがあったのか、一部始終見届けたであろうブーケからは、芳しい香りが漂ってくるだけだ。

「あの、お嬢様……。これは一体……?」

 ラシャはラグスットに説明を求めた。

「あのね、実は……」

 ラグスットの説明によると、こうだ。
 首都へ行き、なぜかかなり時間がかかったが、なんとか無事ドレスを買うことができた。そのあとは教会へ行き、夫となる牧夫と結婚式を上げた。

「そして神様の前で夫と愛を誓い合い、ブーケを投げたら……なんとお父様が受け取ってしまったの」

 どうにも足りない娘の説明を、怒りに燃えるガトゥールが補足してくれた。

「分家の中の一人が首都へ出ているというから、追いかけて行って……そやつを探してウロウロしておったら、偶然教会に差し掛かったのだ。ちょうど結婚式をしておってな。ぼんやり眺めていたら、ブーケが飛んできた。よく見れば、新婦はラグスットだったではないか!」
「あー……」

 ラグスットはある意味引きが強いというのか、時々こういった豪快な偶然を招く。

「娘が勝手に結婚しているのにもビックリしたが、ブーケまで受け取ってしまったんだぞ!? ワシは、ワシはもう、驚くやら腹が立つやら……! それもこれもラシャ! お前のせいだ!」

 ガトゥールはラシャを面罵しようとしたが、彼女の後ろに立っていたマハ・マカルカに気づき、急に態度を変えた。

「ま、マハ様、これはですね……」
「いや、俺のことは気にせず、ガンガンやってくれ。俺もその話に興味がある」
「いえいえ、ちょっとした手違いなのですよ……」

 ガトゥールはへらへらとマハに愛想笑いを返したあと、ラグスットを振り返った。

「とにかく、あんな結婚は無効だ! お前はマハ様と結婚するんだ!」
「そんな、あんまりです、お父様!」
「旦那様、少しはお嬢様のお気持ちを……!」
「うるさい! うるさーい!」

 話し合いはヒートアップしていく。
 ガトゥールとラグスット、そしてラシャが喧々囂々とやり合うこの場所に、何事かと屋敷中の人間が集まってきた。
 天才シェフ、バフラ。
 お色気メイド、ジーン。
 忍者の庭師、小太郎。
 そして、その中でも一番心配そうになりゆきを見守っているのは、ラグスットの夫となった牧夫である。
 自分たちの背後にずらりと並んだ人垣の中から、牧夫を見つけたガトゥールは、次なる怒りの矛先を彼に向けた。

「まったく……! あんなどこの馬の骨か分からんようなボンクラと、結婚しようなどと……! ああ! 腹が立ち過ぎて、血圧が上がるわい!」

 目眩でもするのか額に手をやったガトゥールは、遠巻きに眺めている使用人たちにつばを飛ばして命じた。

「おい! 神官を、いや弁護士か? とりあえず両方呼んでこい! とっとと入籍を取り消さねば!」
「!」

 そんなこと許すもんか。ガトゥールを止めようと、ラシャは足を踏み出しかけた。
 だがそれよりも早く両手を広げ、当主の前に立ち塞がった者がいる。
 ラグスットだ。

「ラグスット! 邪魔だ! どけ!」
「結婚を取り消しても、もう遅いのです、お父様……! 私は、あの人の妻です!」
「なにを言っている! それが間違いだというのだ!」

 ラグスットは息を吸い込むと、ラシャが今まで聞いたことのないような、大きな声を張り上げた。

「私のお腹の中には、あの人の赤ちゃんがいるんです!」
「!!!!!!」

 これには一同が衝撃を受けた。特にガトゥールとラシャの驚きといったら大変なものだ。

「お、お前……!」
「お、お嬢様……!」

 魂が抜けたように呆然となる二人に対し、しかしジーンとマハだけは、ひゅうと軽やかな口笛を吹くのだった。





「花嫁、高額買い取ります!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「恋愛」の人気作品

コメント

コメントを書く