珈琲時間<コーヒー・タイム>

些稚絃羽

午後9時のカルーアミルク

お元気ですか、と書きかけて
何か違うと丸めた便箋
あちこちに残骸が転がっている
手紙なんて初めてだから
何を書くかがまとまらない

伝えたい事は沢山あるの
それでも言葉にできなくて
また一つ亡骸を増やす

貴方の真似してカルーアミルク
作ってみたけど何だかね
美味しくなくて
寂しくなった

何が違うんだろう
貴方が作るのは優しい味

我儘は言わない 貴方を困らせない
そう決めていたのに
逢いたくて仕方ないよ
まだまだオトナにはなれないね

ずっと美味しくなくても良いかな
自分で作ったカルーアミルク
飲む度貴方をもっと愛しく想うから


手紙を出すよ たった一文
大好き、とだけ書くから

「珈琲時間<コーヒー・タイム>」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く