珈琲時間<コーヒー・タイム>

些稚絃羽

午前9時の特製ブレンド

走る 走る
同じ時間  同じ道
今日もあなたの元へ
走る 走る

午前9時までもう少し
あなたの笑顔までもう少し

いらっしゃい、で迎えられて
わたしはいつまでもお客様

それでもいいの 整えた息で
今日もおまかせ!そう叫ぶから

こだわりないねと笑いながら
淹れてくれるのはいつからか
同じ味のブレンドコーヒー
この味が好きと言った事
もしかして覚えてくれてるの?

コーヒーにこだわりはないけれど
きっと一番欲張りなの

静かな朝の空間と
あなたの淹れる特製ブレンド
一杯飲み干すその時間だけ
ふたりきりの世界 そう思えるから

ほらね わたし欲張りだから
早く行かなきゃ もう少し

あなたの笑顔までもう少し

「珈琲時間<コーヒー・タイム>」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く