珈琲時間<コーヒー・タイム>

些稚絃羽

深夜3時のブラックコーヒー

開け放した窓から香る金木犀
吹き込む秋風に揺れるカーテン
深夜3時のブラックコーヒー


“君は大人”
いつかの言葉
気付いてないの?
偽りのアタシ


寂しいなんて思ってない
─ただコーヒーが飲みたかっただけ
強がってなんかない
─ただ眠りたくなかっただけ
静かな夜に消える言い訳


“君は大人”
いつかの言葉
気付いてほしいの
本当のアタシ


─ホントに好きなのは
─蜂蜜とミルクたっぷりの甘いやつ


深夜3時のブラックコーヒー
今日寝不足のまま会う私を
ねぇ、心配してくれる?

「珈琲時間<コーヒー・タイム>」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「詩」の人気作品

コメント

コメントを書く