スキルゲ!!

チョーカー

 「……どう思いますか?」
 朝倉亮期が去った理科準備室。
 芦屋悟朗
 三島界人
 東郷剣
 まだ3人の男は残っている。
 質問をしたのは三島界人。質問を受けたのは芦屋悟朗。
 「う~ん、難しいですね。ですが、朝倉君のスキルが滝川晴人の、あの偽者の目的ということはわかりました」
 芦屋悟朗は断言した。
 「つまり、あの少年のスキル能力は、滝川晴人の根元に関わるものだと?」
 「そうですね。そう考えるのが普通でしょう……
 しかしながら、それでも、あの偽者の行動原理は不自然です」
 「不自然?ですか?」
 「かつて、一時的な失踪をした滝川晴人のエピソードを生徒が面白おかしく広げた。しかし、それで七不思議に昇格しますか?かの有名な滝川晴人をモデルにした会談話なんて成立するはずがないんですよ」
 なぜなら、現在の彼は、この街の有名人で、普通に生きてますからね。
 今まで黙っていた東郷剣が口を開いた。
 「……つまり、滝川晴人が七不思議になっている事、自体がおかしい。誰かが、この現象を引き起こした。そういうことですかね?」
 「おそらくは……黒幕がいますね」
 芦屋悟朗は肯定した。
 「生徒に強烈な怪談話を植え付けて、滝川晴人を生み出した人物。
 そして、滝川晴人が朝倉亮期を襲う理由は、そういう動機付けを作り、そういうモンスターに改造されているからです」
 芦屋悟朗は静かにつぶやく。
 しかし、彼を知る三島界人と東郷剣は彼の言葉に怒気が秘められているのがわかる。
 彼が芦屋悟朗と名前を改める前。顔を変え、名前を変え、生き方を変える以前の英雄譚。
 その中には改造されたモンスターとの逸話が数多く残っている。
 本来は人を襲う生き物であるはずのモンスターが人間同様の知識を与えられ、利用され、朽ち果てていく。
 彼は、そういうものを許さない。
 おそらく、芦屋悟朗は黒幕にたどり着くであろう。
 今までと同じと同じように・・・・・・。
 だから、三島界人と東郷剣は彼よりも早く黒幕を追い詰めようと決心する。
 芦屋悟朗には、これ以上の業を背負ってほしくない。
 三島と東郷はそう思っている。

「スキルゲ!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く