スキルゲ!!

チョーカー

日常はドアを隔てて

 罰としてバケツを両手に廊下に立たされる。
 少し前のフィクションの世界では、よくある光景ではあるが実際に行ってみると、これがキツイ。
 1つのバケツに何リットルの水が入るのはわからないけれど、おそらく両手で10キロ以上はあるのではないだろうか?
 段々と腕の筋肉が張ってくる。気がつけばブルブルと腕が震えている。
 そんな僕の様子を
 「ハッハッハ。いまどき、バケツ持って廊下に立たされているのはお前ぐらいなもんだな」 
 そう評する人間が現れた。
 ソイツはコツコツと足音を意図的に鳴らし、静寂な廊下を音を上げ向かってくる。
 まるで、自分の存在を過度に主張しているみたいだった。
 そうする事で自分はここに存在している。彼は、そういう生物なのかもしれない。
 遠くからでも誰だかわかる赤い髪。
 彼は滝川晴人だった。
 時は授業中。真昼間の日常風景の延長線上。
 そんな空間に現れる彼は、あまりにも嘘臭く・・・・・・
 ひょっとすると、昨日出会った滝川晴人ではなく、その元になった本物の滝川晴人ではないか?
 そんな事すら思わせる。しかし、彼は彼であった。
 本物の滝川晴人の風貌を僕は知らない。
 しかし、数分前に学級委員の風上風花から得た情報を思い返せば、本物の滝川晴人であるはずがないとわかる。否―――わかってしまった。
 本物の滝川晴人であるならば、10代の風貌で制服を身にまとって登場するはずがないのだ。
 だとすれば、彼は―――
 今、強烈な笑みを浮かべて、僕に向かってきている滝川晴人は、誰なのか?
 嗚呼、僕は彼を知っている。知っていて・・・・・・これは現実逃避だ。
 昨日、出会った滝川晴人という七不思議の住人。僕を殺そうとした滝川晴人。
 殺そうとした?いや、違う。正確に記すならば、『殺そうとしている』だ。
 彼の姿を確認してから、現状を理解するまで時間がかかりすぎていた。
 フィクションなら、「この間、わずか数秒」と表現されるかもしれない。しかし、人間は自分の理解を超えた状況では、思考が驚くほどにノロマに変わってしまうらしい。
 僕が両手のバケツを落とした時、滝川晴人は目の前まで迫っていた。
 思わず、教室に逃げ込もうと滝川晴人に背を向ける。
 しかし、教室のドアは僕の進入を拒否するように、堅く閉ざされている。
 なんでだよ!?
 ドア一枚を隔てて、見える教室の風景。 それは普通の学校の授業風景。
 ただ、違う所は、すべてが停止している所。
 教室の中は、まるで時間が停止してかのように、誰もが動きを止めていた。
 反射的に見た時計すら、秒針を止めていた。
 何が行っているのか? 
 いや、話には聞いている。知識としては知っている。
 これは・・・・・・。
 「そうや。これは結界や」
 そう言ったのは滝川晴人。彼は教室に逃げ込もうとする僕を嘲笑うようにそこにいた。僕の背後にだ。

 彼の言葉は正しいのだろう。
 この現象はかつてモンスターが使っていたという結界。
 それと同じ現象だった。
 

「スキルゲ!!」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「その他」の人気作品

コメント

コメントを書く