8月31日の冒険

巫夏希

8月30日(土) 22時

「もう22時よー、寝なさーい」
「はーい」

 そう言って俺はゲーム機の電源を切った。
 小学生というのは夏休みの宿題があってはっきり言って嫌だけど、もう日記以外は終わっている。やっべ、俺って天才?
 ふわあ、と欠伸をひとつ。
 もう眠い。
 さっさと寝てしまったほうがいいかな……そう思って俺は用意した布団に潜り込もうとした――


「ちょっとー! 電話よー!」

 下のほうから母親の声が聞こえる。何だよ! 寝ろとか言ったり電話とか言ったり!
 まあ、仕方ない。
 俺はそんな言い訳をぶつぶつ言いながら、階段を下りた。
 電話機はリビングにある。父親が柄にもなくテレビを見て泣いていた。ちらっと画面を覗くと24時間テレビのドラマをやっているらしい。味噌汁か……明日の味噌汁楽しみだな。
 と。そんなことを考えている場合じゃない。
 俺は受話器をとって、その声に答えた。

「もしもし」
「あ、え……カオリちゃん!? どうしたのさ急に」

 カオリちゃん……七草カオリは俺のクラスの高嶺の花……といってもいい。それくらい綺麗な彼女だ。ファンクラブもあるくらい。ちなみにファンクラブ会員第一号ですよ俺は。設立したの俺だもんね!

「あのさ……明日、一緒に遊ばない?」
「遊ぶ? どうして」
「いいから」

 そう言ってカオリちゃんは待ち合わせ場所を言う。近所のファミリーレストラン。そこに九時とのことだ。九時か……きちんと起きなくちゃ。

「それじゃ、バイバイ」

 そう言ってカオリちゃんは電話を切った。

「なんだってー?」

 母親からの声。

「カオリちゃんと明日遊ぶことになったー!」
「そうかいそうかい」

 どうやら俺の顔はそれほどに嬉しいものだと見えていたらしく、母親は笑っていた。当たり前だ。マドンナのカオリちゃんと遊べるんだぜ? 楽しいったらありゃしないぜ。
 そうして俺は――二階に上がり、布団に潜る。
 それから眠りにつくのは一時間後だということは、まだ俺も知らないことだった。

「8月31日の冒険」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「現代ドラマ」の人気作品

コメント

コメントを書く