話題のラノベや投稿小説を無料で読むならノベルバ

連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜

川島晴斗

/設定/:フォルシーナ先生の魔法教室②

「ヤララン、ある程度情報が纏まったので魔法について少し聞いてください」
「……そんなことしてる場合か?」

 ハヴレウス城8層の寝室、机に向かう俺の前にフォルシーナが立って いる。
 まだまだ善悪調整装置の研究をおこたるわけにいかないんじゃないのか?
 てか研究そっちのけで魔法してたのかよ。

「今後に関わることでもあるんですから聞いてください」
「えー、ルガーダスとかに話せよ……」
「あの人どっか行って帰ってこないじゃないですか。兎に角聞いてください」
「……はぁ。聞くだけならな」

 しぶしぶ折れて俺は書いていた書物を仕舞い、ペンを置いた。

「神楽器について話をしましょう」
「はぁ……」
「神楽器は持ち主の魔力を常時40倍に底上げする楽器であり、その他に魔力を乗せて演奏すると魔力効果が音に乗る、ベースの音があれば誰でも曲に合わせた演奏が可能、7つ同時に曲を奏でれば世界全体に【音響サウンド】の魔法が発動するといった効果ですね」

 フォルシーナは白紙の紙を取り出し、俺の使ってたペンを取って紙に4つの能力を書いていく。
 その隣には、線だけで出来た人を続けて描かれる。

「神楽器は人間の魔力を、とは言いません。人骸鬼に持たせれば人骸鬼の魔力は増加します。そして、単一個体が複数個持とうと関係ないのです。つまりは40倍の2乗……1600倍になります。1つ持った時点で魔力増幅が起き、2つ目で1つ目の分も認識してしまうので80倍ではありません」
「……1600倍だぁ?」
「やりようによっては、世界滅ぼせますねぇ」

 何気なく言っているが、それは笑い事ではない。
 1600倍って……えぇ〜?

「ところで、知ってるかとは思いますが、善悪調整装置の善悪量見聞で個人の魔力量が数値で見れます。世界平均とか単一個体の善悪別の最大魔力量などありますね」
「……あるな」

 俺の善魔力は700万ぐらいだった。
 人骸鬼が800万だし、俺が善幻種になるには800万くらい必要なんかねぇ?
 そんな疑問を覚えたなぁ。

「世界全体の悪魔力がおよそ30兆でした。そこに、例えば、ヤラランが700万で神楽器を4個持って反善の剣で自身を刺したとしましょう。悪魔力が40^4×700万=約18兆となり、世界全体の悪魔力の半分を超えます。悪魔力が30兆から48兆になれば、等しくある善魔力も30兆から48兆になるんですよ。ハヴレウス城から魔力が出て、勝手に誰かの善意が増加するはずです」
「……ふむ」
「ここで、ヤラランの18兆を無視しましょう。さらに、ここに4万体の人骸鬼が眠って居るとすれば、4万×800万=3200億の悪魔力を無視しましょう。そうすると、

 善魔力は48兆
 悪魔力は29兆6800億

 となります。比率的に8:5≒6.2:3.8でしょう」

 白紙に続けて数字を書いていく。
 ふむ、まぁ6:4かな。
 比率だけで見ていると、5:5と大差ないし、あまり意味がないような……。

「5個以上だと、比率がガクッと変わります。22:1、などとなれば、世界は平和になっちゃうんです。とはいえ、そんなことしたら善律司神と悪律司神は困るでしょう。対策があると考えといた方が無難ですね」
「ふむ……」

 確かに、善悪の比が魔法で傾いては元も子もないだろう。
 対策してない方がおかしいが、それなら6:4も怪しい気がする。
 成功するかどうかは、神だけが知ってるってわけね。

「あともう1つ、幻種系統について少し考えてみました」
「はぁ……」
「悪幻種と善幻種がありますが、ノールちゃんを見てると、悪幻種は特殊な魔法が使えるみたいですね」
「……【黒天の血魔法サーキュレイアルカ】か」

 今まで聞き覚えのない言葉で、とても強力な魔法だった。
 あの魔法の種類が使えることになるのは、俺たちが知る限り、ノールだけ。
 つまり、悪幻種か。
 だとすると、ナルーはどうなんだろうか?
 アイツは元が牛で、能力が食いもんを生み出すってヘンテコな技だ。
 ……いや、それはあの時に願った能力。

「……善幻種は、特殊な魔法を使えるんじゃなく、善意を持って願ったものを能力として授かる、って感じか?」
「多分そうでしょうね。こっちも時と場合によっては強力極まりないですが、なにぶん善幻種なんてなれる人は居ないでしょう。ヤラランがなるにしても、今の倍の魔力は必要ですから」
「……さすがに無理だわ」

 自分で言うのもなんだが、俺は自分の事を結構良い人だと思っている。
 しかも、自分より良い人に会ったことはない。
 ……これ以上の善意って、どんなだよ?

「……うーん、厳しいなぁ〜」
「そこはもう、愛の力でなんとかするしかないですね」
「……愛と善意って、微妙にちがくね?」

 微妙な論点のズレだとは思うが、愛と善意ってなんか違う。
 まぁ善意っちゃ善意なんだろうが……溺愛はよくねぇしなぁ……。

「……ま、今の所善幻種になるつもりはないし、研究しようぜ?」
「……そうですか。ヤラランも善幻種になって足が4本になれば……」
「ぜってーならねーよっ!!」

 そんな姿には死んでもなりたくない。
 この話はもうこれで終わりとし、各々仕事に戻るのだった。



 設定-了-

「連奏恋歌〜歌われぬ原初のバラード〜」を読んでいる人はこの作品も読んでいます

「ファンタジー」の人気作品

コメント

コメントを書く